月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

あなたの性癖おしえてください! 第一回 痴漢常習者

みなさんこんにちは。
とあるAV制作会社でADをしている、新卒入社1年目の山本わかめです。現在は女性AV監督を目指して日々奮闘しています。

AV会社に就職する前は、サークルやゼミで旅行したりと、京都で楽しい大学生活を送っていました。ちなみに、好きな映画はディズニーの美女と野獣、好きなブランドはジルスチュアート。AVとは無縁の生活でした。
ただ映像が好きで、大学で映像に関する勉強をしていたこともあり、就職先は制作会社と決めていました。数々の就活戦線を乗り越え、結果AV制作会社で働くことになったのですが…経緯はまたおいおい話すとして。

AV会社入社1年目のわたしたち新入社員は、月に1回企画会議で上司から宿題を出され、提出しなければいけません。宿題のテーマはその都度違うのですが、10月は「自由課題」でした。

非常に悩みました。同期はわたしの他に男子が2人いるのですが、彼らには絶対負けたくありませんでした。というのも、女というだけで挑戦できる〈エロ〉は限られてくるので、その時点ですでにハンデを背負っています。しかし、同期の1人はハプニングバーやハッテン場に平気で行ってしまうようなド変態、1人は頭がよい上にモテるのでネタには困らない出木杉くんと、ライバルは超強力です。
そこで、多少無茶をしてでも2人と同等か、それ以上のものを用意しよう!と思いついたのが、これからわたしが書いていくコラムに繋がるのです。それでは参りましょう


あなたの性癖おしえてください!
~誰にも言えない秘密、ありませんか?~
我が社を代表するロリコンの原田監督
我が社を代表するロリコンの原田監督

さて始まりました、AD山本による新コラム。
長い前置きの続きですが、まずわたしは「人の性癖」に注目しました。AV会社に勤めていながら、性癖に関してあまりにも知識不足な為、もっと学ぶ必要があると感じたことが理由です。…というのは上司への名目で、一番は知的好奇心が疼いたからなんですけどね。

先日、何とか宿題を書きあげたわたしは上司へ提出しました。すると、なんと上司がこれを女性向けサイトで連載しようと提案し始めたではありませんか。こんなつたないレポートを採用して頂けるなんて、上司の機嫌がよかっただけで、何かの間違いだと思います。しかしチャンスがもらえたのは確かです。まだ仕事もできないただの新人ADですが、今できることを全力でがんばります。

さて、わたしがどんな性癖をどんな手段で調べたのか。宿題として提出したものをこのコラムのために書き直しました。それをこれからみなさんに読んで頂けたらなあと思います。では、どうぞ。

はじめに

この世には、人の数だけ性癖がある。
性癖は非常に個人差がある。例えば「寝とられ好き」といっても、目の前で自分の彼女・奥さんが他の男に犯されて、罪悪感と快楽に苛まれるその女の表情を見るのが好きな人もいれば、他の男に好きな女が寝とられてショックを受けつつも興奮している自分が好き、という人もいて一概には言えない。
むしろ、まったく同じ性癖をもつ人間なんて存在しないだろう。同じジャンルでもみんなこだわりがあって、少しずつ違う。

そういった自分にはない、変わった性癖に興味をもったわたしは、彼らを取材して詳しく話を聞いてみることにした。その人にはその人の性癖があるので、文献やネットの情報は使えない。実際に会って話を聞くのが一番であると考えた。
1対1で会うため、相手によっては危険だし、うまく話を聞き出せるかわからないが、多少のリスクは承知で挑む。

興味がある性癖

記念すべき第1回は痴漢常習者
痴漢ものAVを見るだけでは飽き足らず、自ら痴漢をし、それがやめられないという人
興味をもったきっかけは、女性専用車両の導入拡大や社内防犯カメラの設置等、痴漢対策に力を入れているのにも関わらず痴漢をする人がいなくならないのは、常習犯がいるから。彼らがなぜ痴漢を続けるのか、興味をもった。

ターゲットを探す

まず頭を悩ませたのが、どこで探すかということ。痴漢は犯罪行為なので、声高らかに名乗りを上げている人はいないし、手当たり次第ネットで探して話を聞くのも効率が悪い。
そこで、痴漢発生率が非常に高い ことで有名な最強線こと埼京線に実際乗って、痴漢を見つけることにした。
中でも、赤羽~池袋間に痴漢が多いらしいので乗ってみることに。

電車イメージ

8:20 赤羽出発 
人生初の満員電車。混み過ぎていて何の身動きもとれない。故意か偶然か、色んな人の身体が色んなところにあたる。恐らく、人生初の痴漢に遭遇!

池袋につくまでの10分間、満員電車に耐え、痴漢することに慣れていそうな男を探す。狭いのに何度も荷物を持ったり下ろしたり、1人動きがあやしい男を見つけ、池袋で一緒に降りて跡をつける。
改札を出た所で声をかけようとするも、まだ本物の〈痴漢〉だという確証がもてなかった為、咄嗟にナンパ。
「毎朝電車で見てて、ずっとかっこいいなって思ってて…」と声をかける。
すると、あっさり連絡先を教えてくれた。
その日の夜電話をかけ、こちらの本当の目的である「痴漢常習者の人のお話を聞いてみたかった」ということを伝えると、次の日会って詳しく話を聞かせてくれることに。

夕方、新宿東口で待ち合わせして、再会する。

痴漢常習者

Oさん(18歳)♂
まだ学生で性欲旺盛なこともあり、朝の通学時間は埼京線で毎日痴漢している。
痴漢=ちょっと気持ち悪いおじさんというイメージが覆るほど、若くてそこそこイケメン。
好意的に話を聞かせてくれた。

山本  「こんにちは、痴漢常習者さん。」
Oさん 「ちょっと、声が大きいです…」
山本  「あ、すいません。それにしてもお若いのに大変な性癖を抱えてらっしゃいますね。」
Oさん 「もう毎日のことなんで…」
山本  「Oさんにとっては日常なんですね。では、早速ですがいつから痴漢は始めたんですか?
Oさん 「高3っすね。友だちと一緒にやってみたのがきっかけです。」
山本  「その時はどう感じました?」
Oさん 「興奮しました。朝の通学で必ずやっちゃいます。」
山本  「捕まっている方もいますが、やめる気はないんですか?」
Oさん 「ないっすね。自分の中では必然になってるんで。」
山本  「痴漢の何が楽しいんですか?」
Oさん 「偶然っぽく身体を触って、恥ずかしがってる顔を見て色々妄想するのが楽しいです。」
山本  「勃起したりしないんですか?」
Oさん 「毎回勃ちますね。それをお尻とか太ももにさりげなく押しつけて、反応をみるのも楽しいです。」
山本  「痴漢のテクニック等ありますか?」
Oさん 「電車の揺れを利用するんすよ。荷物を下に置いてかがんだ時もさりげなく触ったりとか。赤羽から満員電車に乗って、次の駅で更につめこまれて奥でぎゅうぎゅうになってる女の子をよく痴漢します。」
山本  「Oさんの他にも痴漢してる人はいるんですか?」
Oさん 「何度か、あからさまな痴漢してる奴、めっちゃ大胆なんすよ。見つけて、捕まえました。」
山本  「自分と同類なのに?」
Oさん 「だって違いますもん。ああいう痴漢は許せないっすよ。AVみたいに、あからさまで、女の子も顔真っ赤にして泣きだしそうな顔して。おれのは、気づかれるか気づかれないか程度に触るし、必然的な痴漢です。」
山本  「なるほど。朝の痴漢をオカズにオナニーしたりします?」
Oさん 「オナニー自体あまりしないんで…。日常すぎて、オカズにはしないっすね。」
山本  「バレたことはあるんですか?」
Oさん 「かがんで触った時、目が合って睨まれたことはあります。他は…特にないっすね。進路とか、将来のことがあるんでそこは気をつけてます。」
山本  「では最後に、おすすめの痴漢スポットは?」
Oさん 「そうですねー、埼京線(赤羽~池袋)、山手線(新宿~池袋)、中央線(新宿~三鷹)ですね。朝と夕方がやばいっす。」
山本  「また痴漢を探しに乗ってみます。今日はどうもありがとうございました!」
Oさん 「写真絶対モザイクかけてくださいね!ありがとうございました。」

Oさんは痴漢を「必然的行為」だと何度も言っていた。初めて満員電車に乗って、その言葉の意味が少しわかった気がする。確かにあの見ず知らずの男女が密着し続ける特殊な空間は、ちょっとやらしい気分にならない方がおかしいのではないかとさえ思わせる。
痴漢を決して肯定はしないが、「魔がさして」「衝動にかられて」というよく聞く痴漢の言い訳に少し納得してしまったことも否めない。私も好みのイケメンがいれば触ってしまうかもしれない。

終わりに

人の性癖のあり方は本当に様々で、その話を聞くのはすごく楽しかった。実際連絡をとってお会いする約束をしている間、胸がどきどきして苦しくなった。まるで恋をしているかのようだ。対面した瞬間、胸のつかえがとれて、どきどきはわくわくに変わった。好奇心を満たす行為はとても気持ちがいい。セックスの快感と少し似ている気がする。
取材を通して、自分の新たな性癖を発見することができるかもしれない。今後も、あらゆる性癖の持ち主に出会いたいと思う。


注釈1 警視庁によると、今年1~9月の都内の電車内での痴漢被害は1174件に上る。路線別ではJR埼京線(146件)が最多の12%を占め、JR中央線(112件)、JR総武線(84件)と続く。(2009年12月15日 朝日新聞)


(次回に続く)



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

山本わかめさん

山本わかめさん

立命館大学を卒業後、AV会社のADとして日夜業務に励んでいる。現在入社一年目。ちなみに、「山本わかめ」という監督名は、先輩監督の野本義明さんが考えてくれました。

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る