あなたの性癖おしえてください! 第二回 女装子 ~女装したまま女とセックスをするのが好きな男~

この世には、人の数だけ性癖がある。
性癖は非常に個人差がある。例えば「寝とられ好き」といっても、目の前で自分の彼女・奥さんが他の男に犯されて、罪悪感と快楽に苛まれるその女の表情を見るのが好きな人もいれば、他の男に好きな女が寝とられてショックを受けつつも興奮している自分が好き、という人もいて一概には言えない。
むしろ、まったく同じ性癖をもつ人間なんて存在しないだろう。同じジャンルでもみんなこだわりがあって、少しずつ違う。

そういった自分にはない、変わった性癖に興味をもったわたしは、彼らを取材して詳しく話を聞いてみることにした。
今回は、女装子。ひとえに女装子と言っても、仕事(女装カフェなど)として割り切って女装している子、女性化願望があり日頃から女装している子と、様々である。今回わたしが会いたいと思ったのは、「女装したまま女とセックスをするのが好きな男」。仕事でもなく、トランスジェンダーでもない、一種の性癖として女装することが好きな人間。漫画(ヒメゴト/峰浪りょう)でしか見たことがない、そんな性癖の持ち主が本当にいるのかどうかわからないが、まずは情報を集めることにした。

知り合いの女装子に話を聞くも、そういう子は知らないとのこと。ちなみにその女装子は、恋愛対象が男で、転換手術は受けていないが女になりたいと思っている。

知り合いの女装子
知り合いの女装子

twitterで女装子を調べても、コスプレ感覚の趣味として楽しんでいたりして、なかなか目当ての女装子に会えない。
そこで、その筋に詳しいという我がSODクリエイトの原田監督を頼ることに。わけを話すと、1人知り合いにいると言う!早速紹介してもらった。

我が社を代表するロリコンの原田監督
お世話になった原田監督

話を伺った相手――
Hさん27歳 男性  非常に痩せ型で、中世的な顔立ちをしている。

家が近かった為、本社まで来て頂いた。

山本  初めして。山本と申します。
Hさん Hです。よろしくお願いします。
山本  Hさんの恋愛対象は女性で、セックスの際は女装したままするのがお好きということで。
Hさん そうですね。おれの性癖です。
山本  では早速ですが、女装はいつから始めたんですか?
Hさん 小学3年生のとき、妹のスカートをこっそりはいたのが最初です。
山本  なぜはこうと思ったんですか?
Hさん 興味があったんですよね。はいてみたい、と純粋に思ってました。
山本  女装が〈性〉に結びついたのはいつからだったんですか?
Hさん 大学に入ってからですね。写真部に所属していたんですが、撮影会で女装を頼まれることが時々あって。その流れで当時付き合っていた彼女と女装したままセックスして、すごく興奮したのを覚えています。
山本  中学高校では女装しなかったんですか?
Hさん 中学に入ると周りの目もあってほとんどしませんでした。高2の夏に童貞を捨てましたが全然記憶にないです…文化祭でメイドをやって、高評価だったので自信がつきました。
山本  なるほど。大学ではずっと女装を?
Hさん セックスの時は大抵女装していました。
山本  服は着たままですか?
Hさん おれは最後まで着たままでした。スカートの下から出ている自分の性器を見て興奮してました。
山本  主にどんなセックスをしていたんですか?
Hさん 下着も女性用をはいて、スカートとパンティ越しにフェラしてもらったり、逆正常位したりです。
山本  レズ的な要素を楽しんだりは…
Hさん しませんでしたね。そのシチュエーションを楽しんでいたので。
山本  非日常的なシチュエーションが好きだった?
Hさん そうです
山本  なぜ女装なんですか?
Hさん 自分はナルシストなところがあって、女装はきっと似合うだろうと思っていたし、可愛くなった自分が好きだからかなと思います。
山本  女装している自分に興奮する?
Hさん はい。倒錯的、変態的なことをしている自分に興奮します。いけないことをしているみたいで…
山本  最後に、ご自身の性自認ははっきりしていますか?
Hさん 自分のことは男だと思っていて、好きなのは女性です。
山本  なるほど!やはり人の性癖っておもしろいですね。
Hさん そうですか?(笑)楽しんでもらえてよかったです。
山本  ではでは、貴重なお時間ありがとうございました!これからもHさんが素敵な性癖ライフを送れるよう祈っております!
Hさん ありがとうございました。

HさんとSOD本社にて
HさんとSOD本社にて

Hさんはシンプルに、〈女装〉と〈性〉が直結している人だった。自分が好きで、女装が似合う可愛い自分はもっと好きで、でもそれは趣味ではなく〈エロ〉へと繋がっていた為、こんな変態的なセックスをして…と興奮するようになった。
人の性癖のあり方は本当に様々で、その話を聞くのはすごく楽しかった。実際連絡をとってお会いする約束をしている間、胸がどきどきして苦しくなった。まるで恋をしているかのようだ。対面した瞬間、胸のつかえがとれて、どきどきはわくわくに変わった。好奇心を満たす行為はとても気持ちがいい。セックスの快感と少し似ている気がする。
取材を通して、自分の新たな性癖を発見することができるかもしれない。今後も、あらゆる性癖の持ち主に出会いたいと思う。


<続く>



このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2017/07/05 投稿者:神無月凛
      
    おすすめレベル:★★★★☆

    あれ、これコラムの感想でいいんですよね?
    この人の性癖、私とほぼ一緒だったから共感しちゃったので投稿させていただきました。
    ただ、私とこの方のちょっとした違いはありますが@@;
    私はまだ女装したまま女性となんちゃってレズプレイやったことないです・・・。
    一回でもいいからやってはみたいですが、なかなか田舎じゃそういう人に巡り合えない・・・。
    もう一つは基本は女性が好きなので私の場合バイに近いですが。
    後は白ニーソフェチだから自分も相手もそういった類の恰好してくれないと冷める…。
    厳密に言うと違う部分はありますが女装したままエッチしたいというのは私も気持ちわかります。

プロフィール

山本わかめさん

山本わかめさん

立命館大学を卒業後、AV会社のADとして日夜業務に励んでいる。現在入社一年目。ちなみに、「山本わかめ」という監督名は、先輩監督の野本義明さんが考えてくれました。

オススメコラムリスト

掲示板

  • サイトへのご意見・ご要望2(122)
    あ、私もそれ思ってました! レビューじゃなくてなんでわざわざ掲示板にコメントするんだろう?って内容を時々見ますね。 携帯で見ると、結構下の方にレビュー欄が出てくるのでスクロールしないとわからないので、見逃してる人もいるかもしれませんね。
  • かなりどうでもいい独り言です。(4)
    ノンちゃんさん返信ありがとうございます。かわいいなんて言って貰えるなんて恐縮です。(〃ω〃) 少し前まで「陣×凍矢のBL?ふざけんな!」と思ってたのに「私が性的満足感を得られるエロ本としてなら認めてやる。…絵の上手な陣×凍矢の18禁同人誌なら買っていこうかな…」と思うようになってる自分にビックリしてます。(^◇^;)

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る