【アラサー女の正月】ヒマだったのでハプニングバーの新規開拓をしてきた

比 較 対 象 が な い 程 に 飯 が 好 き !


こんにちは、元風俗嬢のカサイユウです。

まだ記憶に新しい今年の正月、皆さまは何をして過ごされましたか。

お正月の過ごし方と言えば、帰省に初詣。

思い思いの過ごし方を楽しんだことかと思います。

私?

ヒマでしたよ。

正月は何があろうとも、毎年「くっちゃね、くっちゃね!」と過ごすことにしているんです。

しかし夢のくっちゃねライフも、3日続けるとさすがに飽きます。

ただのイケメンには3日で飽きてしまうのと一緒ですね。

あまりにヒマだった私は「飛べない豚になる前に、ハプバーの新規開拓でもしておくか」と思い立ち、都内某所へ出かけることにしました。

という訳で、今回は新しく足を運んだハプバー2軒での、正月のひとコマをレポートします!

また最後には、大規模店と中小規模店それぞれのメリットを解説していますので、ハプバー遊びの参考にしていただけますと幸いです。


19時 1軒目ハプニングバー・大規模A店へ


1po3bu

A店は数あるハプバーの中でも大きめの店です。

正月キャンペーンとのことで、入会金が1,000円のところ無料でした。

わーい。

しかし予想通りではありましたが、まだ時間が早いこともあり人は少ないです。

広い店内にいる客数は、およそ10人ほど。

見たところ8割が常連さん、残りは私のようなヒマ人の新規客。

男女比は7:3で女性多し。

常連さんやスタッフさんに構ってもらいつつ、お腹がすいたので一度退店しました。

近くの富士そばで腹を満たし、下調べしてあったもう1軒に徒歩で向かいます。

2軒目が賑わっていたらそこに居座り、そうでもなかったらA店に戻るという腹づもりでした。

21時 2軒目ハプニングバー・中規模B店へ


1po3bu

B店は、ハプバーとしては中規模の店。

落ち着いた感じのキャバクラか上品なクラブ(ホステスさんがいる方)のような内装で、なにやらお堅い雰囲気です。

案内されたカウンター席ではなんと、目を疑うようなハプニングが…ッ!


…ということはなく、和やかに女子会が繰り広げられていました。

正月っぽいですね。

そんな女子会の中心には、常連と思しき男性がポツンといらっしゃいました。

女の威圧感すら感じる、リアルハーレムです。

しかし先客の彼らは顔見知りらしく、ハプニングの予感はまったく感じられません。

飲み放題メニューにビールがなかったこともあり、40〜50分程度で見切りをつけてA店に戻ることにしました。

余談ではありますが、B店で先客の女性に言われた

「あれ、ユウさんって一人?後ろに連れいたよね?髪が長くて、白い服の…」

という言葉を、いまだ忘れることができません。

言わずもがな、その日の私はおひとりさまです。

………。
怖ぁぁいよおおお!!やめてよもーーーー。


23時 ハプニングバーA店に戻る


1po3bu

A店に戻ると、もう終電に近い時間のせいかだいぶ賑わっていました。

店内では点々と、ハプニングが起きている様子も見られます。

単独男性(やさしそうなおじさん)の隣へ案内されたので、しばし相手をしてもらいます。

どうやらおじさんはS趣向らしく、縄やハプバー遊びの話をしてくれました。

しかし、やはり虎視眈々とハプニングの相手として狙われていたようです。

アラサー的には、男性に狙っていただけるというのは有り難い話です。

しかし、実際にハプニングを起こすかどうかはまた別の話。

ハプニングバーのハシゴと、酔っぱらったせいで少々疲れてしまった私は、適当なところで帰りました。

出会いはタイミング・フィーリング・ハプニング。

ハプニングがあろうがなかろうが、楽しく過ごすことができたので満足です。

女性はほぼ無料なので。

もし男性料金を支払うことになった時、同じことが言えるかどうかは、私には分かりません。


今回わかったこと・それぞれのメリットなど


1po3bu

・正月ハプバーにいるのは常連とヒマ人

・連休中は深夜から早朝が賑わう(通常時は平日終電前や週末深夜がオススメ)

・早い時間は女性率が高い。
しかしハプニングを起こすにはそれなりの腕がないと難しいかも。

今回新規開拓したA店は大規模ワイワイ系、対してB店は中規模しっとり系でした。

大箱のメリットは、やはり色んな人と話せることではないでしょうか。

飲み放題メニューも、中箱・小箱と比べると豊富ですね。

男性側のメリットと言えそうなのが、大箱のスタッフさんは積極的にハプニングを煽ってくる傾向があること。

店内の雰囲気を盛り上げるためですね。

しかしハプニングに前向きじゃない女性(会話や雰囲気を楽しみたいタイプなど)にとっては、ハプニングを煽られるのはむしろデメリットだったりもします。

場合によっては「現役女子大生ふたば、はじめての一人ハプニングバー」のような状態になってしまうんですね。

中箱・小箱のメリットは、マイノリティな趣向を持った人同士で落ち着いてディープな話ができることや、のんびりまったりと過ごせることではないでしょうか。

大箱は来店人数が多いため、スタッフさんとしては一人一人の相手をすることが難しいもの。

ゆえに、お客さんがひとりぼっちになってしまうことがあります。

その点中箱・小箱はスタッフさんの目が届きやすいため、ひとりぼっちになるのは少ない傾向にあります。

その代わり、派手にハプニングを煽るということも多くはないでしょう。

大規模店か、中小規模店か。

どちらを選ぶのかはそれぞれの好みによるところですよね。

ちなみに私は大箱派です。
それでは皆さま、良きハプバーライフをお過ごしください!



※カサイユウのその他の記事はこちら




<ライター カサイユウ>



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

1po3bu_1

■1PO3BU

SODグループが運営するアダルト動画サイト「SODアダルトch」内で記事を掲載している1PO3BU hackの掲載コラムです。
SODアダルトchはこちら
もっと記事を読みたい方はこちら

オススメコラムリスト

掲示板

  • 21日イケメン祭り(9)
    まあ行きたくても行けない気持ちは分からないでもないし、実際私もそうだけど、それを言い出したらキリがないよね。 諦めも肝心。
  • 大阪で性感マッサージある?(1)
    オススメ有ります。 神戸に本店があるHEROESってお店です。 大阪にも出張してくれるし、一度ホームページ見て下さい。 マナーも技術も最高です✨

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る