レンタル彼氏を呼んでみた!!

皆様は、「レンタル彼氏」というものを知っていますか?


わたしの知人に「今度レンタル彼氏呼ぼうと思うんです。」と言ってみたところ、

「え?!レンタル彼氏って本当にあるの?」

と、まるで都市伝説のような言われ方をしてしまったので、一応説明しておきますね。

「レンタル彼氏」とは・・・


1po3bu

仮の彼氏役を務める男性のこと、またそれをビジネスとしたサービスの通称。

サービス利用者(女性)は、サイト上で「レンタル彼氏」の写真を閲覧して目星をつけた男性にメールや電話で連絡をし、気に入れば実際に会って一定時間デートなどをし料金を支払う。
基本料金は1時間あたり4000~7000円程度で、男性と会っている間にかかった費用はすべて利用者側が支払う。
各事業者とも性的サービス禁止を標榜している。

(コトバンク「朝日新聞出版」より)


今回は、そんな巷で噂の「レンタル彼氏」を本気で利用してみたという、レポートをしたいと思います。

しかし、レンタル彼氏を呼ぶ前に、私はこのような疑問を持っておりました。


本当に本当の所、レンタル彼氏ってどこ迄やってくれるの・・・?

『性的サービス禁止』って本当なの??


直接交渉して、お金を上乗せすれば、指名欲しさに個人的サービスを色々してくれるのでは?!?!


そこで、今回はレンタル彼氏利用初にして、このような目標を掲げました。


「レンタル彼氏」のグレーゾーンに迫る!!!


「レンタル彼氏」のプロ意識のお手並み拝見
、ということです。

そういったわけで、今回は店名に限らず、男の子の名前も出せなければ、勿論顔写真も出せませんのでご容赦くださいませ。

〜予約〜


インターネットに「レンタル彼氏」のまとめサイトがあり、そこから良心的そうなお店を選びました。


予約はメールフォームから出来ます。


こちらの情報は、名前・電話番号・メールアドレス、などをちゃちゃっと入力しただけです。
この時、年齢や生年月日などを書く欄はなかったです。

後は、好きな彼氏の名前を書く欄があって、第一希望・第二希望・第三希望まであります。(希望の時間も同じ)

わたしは一通りサイトを眺めた結果、第一希望を、黒髪清純派の25歳にしました。

メールを送ると、すぐに返信が来て、第一候補で大丈夫との事でした。

〜待ち合わせ〜


どうやって待ち合わせをするのだろう?と思っていたところ、

待ち合わせの10分前に、非通知で電話が掛かって来ました。


声は高めで、若い子独特の喋り方・・・。
苦手な後輩の男の子に似ていてちょっとだけテンションが下がりました。
いや本当にちょっとだけですが。


そして、無事に会うことが出来、指定通りカラオケに行きました。

1po3bu

デート場所をカラオケにしたのは、彼の趣味からもありましたが、密室の方が、より私の目標を達成し易いのではないか?と考えたからです。

〜お願いしたかったこと〜


以下、レンタル彼氏へお願いしようと決めて来た、私のミッションを発表します。

1.敬語NG

2.手を繋ぐ

3.ハグ

4.イチャイチャ

5.キス


1〜3は、恐らく大丈夫だろうと思ったのですが、4と5はお願いするタイミングや相手によって変わってくると思い、雰囲気作りに気を付けなければいけないと慎重になりました。


※自己紹介タイム※
まずは、彼が「レンタル彼氏」になったきっかけを聞くことにしました。

普段彼は、クリエイティブ関係のお仕事だそうで、人が好きらしく、もっと女の子の気持ちを知りたいと考えたことから、この仕事を始めたのだそうです。 爽やかで清純そうな見た目通り、何て真面目な男の子なのでしょうか・・・。

ここで第一のミッションを提案してみました。

私「ねぇ、とりあえず敬語やめない?」

彼氏「いいよ~ 」

思った通り難なくクリアしました。


次に、カラオケをリクエストしてみました。

それが、とっても上手!!!!


バラードもグッと来ました。


ここで第二のミッション、「手を繋ぐ」をお願いしようとしたのですが、

まだそういう雰囲気じゃないし、とか、急に何だか恥ずかしくなってしまい、「手を繋いで欲しい」の一言すら言えませんでした。

そして、その後何もできないまま、お喋りは盛り上がり、あっという間に帰りの時間が来てしまいました。


私「もう終わり!?早い!すぐ帰らないといけないよね?」

そういう私に、レンタル彼氏はこう言いました。

「そんなに厳しいお店じゃないから、少しくらい時間が過ぎたって平気だよ。この後は帰るだけだから。」

おお・・・延長の交渉はして来ないのね・・・
なんて良い子なんだろう、と思いグッときました。
(これもサービスの一貫か?)


~残りのミッションはクリア出来るのか?~


二人で駅まで歩きながら、私は「もう少し居たい」という気持ちと、「自分の立てた残りのミッションをどうしようか?」という気持ちで頭の中がぐるぐる回っていました。

気持ちとは裏腹に、あっという間に駅の前に到着してしまいました。

そこで私は、今しかない、と思い握手を求めました。

そうです、この握手を第二のミッションの代わりにする為です(笑)。

彼氏くんは、問題なく握手をしてくれました。

そして、その後思いきって、ハグを要求してみました。

それも問題なくしてくれましたので、ここで第二・第三のミッションともクリアです。

そして、私たちは、そこから長い間抱き合ったままでした。

いい雰囲気になったと思った私は、勇気を出してお願いしてみました。

「ねぇ、キスして。」

彼は、初めは「それはちょっと・・・」と言っていましたが、雰囲気に押されたのか、

「次も絶対指名してよね」と言い、キスをしてくれました。

ここで最後のミッションクリアです。

私は、ここで『え 無料で良いのかよ お金交渉しなくて良いの?』、と正直思ってしまいました。(気持ちは嬉しかったけど・・・)

しかし、私は彼の雰囲気や言動から、『もう少し押せば、もしかしたら最後まで行けるのでは?』という疑惑を持ちました。

彼が「このままこうしている方がホテルでセックスするよりエロい!」

と言って来たこと良いことに、こう提案してみました。

「ホテル行っても・・・良いよ?」

さすがに、これは断られてしまいました。

しかし断り方も「明日早く無ければ絶対行ったのに・・・」という、こちらが悪くないような言い方をしてくれました。


そして、最後に「そんなに自分を安売りしちゃダメだよ!」と叱られました。


いや、そっちもや!、という心のツッコミが入りましたが・・・。

彼氏じゃない男性って、時々こういう事を言って来ますよね〜!


しかし、「レンタル彼氏」はもっと彼氏プレイに熱中してほしい、と思ってしまいました。


例えば、「他の男にそういう事言っちゃダメだよ?」とか「俺以外と遊んじゃダメだよ?」とか…。


でも、「今度ね?」と「また呼んでよね?」は、やたら言っていました。
営業熱心で偉いです。
そこは評価したいと思いました。


ま と め


<レンタル彼氏実験結果>

レンタル彼氏は、お願いしたら結構何でもしてくれる!!!!

(※但し、セックスは除く。)



こんなに色々して貰って評価を付けるのもあれですが、レポートなので残念だった事も書きます。


・レンタル彼氏喋り過ぎ。

楽しかったけど、ずっと男友達みたいになっていました。

お互いの事をあまり知らないから仕方がないのですが、彼氏っぽくなかったというか・・・ムード作りって大事だなと思いました。


・お会計時離れ過ぎ。

「端数払って・・・」って言いたかったけど言えなかった。

この場合、払って貰って良いか微妙ですが(笑)。
支払いをしてくれる男性ってこんな気持ちなのかなぁ、と思いました。


でもまだバイト経験も浅い子だったので、大金で大変だったけれど、その成長見たさに数ヶ月後また呼んでみたいような気持ちにもなりました。


これは・・・もしやハマる前?!


ホストにハマる女の気持ちが、ちょっとだけ分かってしまった、マツ子でした〜!!


※マツ子の他の記事はこちら



<ライター マツ子(まつこ)>



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

1po3bu_1

■1PO3BU

SODグループが運営するアダルト動画サイト「SODアダルトch」内で記事を掲載している1PO3BU hackの掲載コラムです。
SODアダルトchはこちら
もっと記事を読みたい方はこちら

オススメコラムリスト

掲示板

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る