月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.04.25.
オリジナル動画発売情報と『六つ子、禁断の恋』発売延期のお知らせ【4/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

4/26 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

4/28 金曜日

『六つ子、禁断の恋』の発売ですが、4/28から5/5へと変更になりました。
お待ちいただいた皆様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変申し訳ございません。

コレみた?、今週の勝負下着占い、GIRL'S CHまとめは一旦終了いたします。
次回更新は未定です。
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。
2017.04.18.
4月18日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第11回
2017/4/18(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295839882

※ご視聴はパソコンからのみとなります。


ぜひ、ご視聴ください!

ポルノ映画館に行ってみた【体験】【行ってみた】

アダルトなことに興味しかない変態読者の皆様、こんばんは。

同じく『エロ』と名の付くことには敏感な、女ライターマツ子です。

しかし、基本的には妄想派だし、ハプニングバーもレポートを読むだけで満足してしまって今更行く気にもなれないし、最近はSODアダルトchの動画を観たりアダルト漫画を読んだり家で出来ることばかり…。

そんなちょっぴりマンネリ化した日々を送っていました。

もっと新しくてリアルな体験がしたいけど、突然乱交パーティーや女性専用風俗へ行くのもハードルが高くて億劫だしな~…。

(※億劫な本当の理由・・・・そもそも、人の記事を読んだりそれ系のAVを観たりしていたので何をするか大体想像出来てしまって楽しめる自信がなかった)

そんな風にエロい体験はしてみたいけど行くところまでは行きたくない、というワガママオーダーに答えてくれる場所はないかなぁ?、と思っていたのですが、それがあったのです!

それはバイト先のとある男性のお客さんに教えて貰いました。

男性客「最近、ポルノ映画館にハマっててさ~ 」

私「え!ポルノ映画ってあのピンクポルノですよね??今でもまだ観られる所が存在しているのですか ?」


昭和の匂いのするエロスポットに興味津々の私を見兼ねたお客さんは、現存しているポルノ映画館について詳しく教えてくれました。

詳細は以下です。

・都内で有名なポルノ映画館は幾つかある。

・同じ‟ポルノ映画館”といってもそれぞれ個性が違っていて、阿佐ヶ谷にあるのは普通の映画館。それでは物足りない人は池袋へ行ってみると良いよ、とのこと。


「きっと物足りないだろうから。」と、池袋にある映画館を強くおススメされた私。

そこで、今回は池袋の‟ポルノ映画館”【シネロ●ン池袋】へ潜入取材して来ました。


映画館の雰囲気はどんな感じ?


創業49年「池袋北口にっかつ劇場」としてスタートしたという、シネ●マン池袋は、池袋駅北口を出て線路沿いを歩いたすぐ側(そば)に位置しています。

1po3bu

地下の階段を降りて、左に曲がったところにその映画館はありました。

1po3bu

時間を調べて来なくてもすぐに馴染めるから大丈夫、と言われた言葉を信じて適当な時刻に緩く一人で現れた私。

こんな所に女が一人で来るなんて…、と思われたのか?

何となく、受付の人にニヤニヤされた気がしました。

~そして、ポルノ映画処女の私は映画館の重たい扉をドキドキしながら開いた~


今回の作品の内容は?


今回私が観たポルノ映画作品は、※「ノーパン女子股間開放」というものです。

というわけでまずは、今回の作品、※「ノーパン女子股間開放」についての詳細を説明します。

※「ノーパン女子股間開放」とは…
出演:
岩井可奈江:水原美々/八木沼淳子:佐倉萌/樋口芳美:里見瑶子/武田光彦:山内健嗣
/前田哲也:岡田謙一郎/牛尾宗介:久須美欽一/剣城誠:熊本輝生
<ストーリー>
都市伝説のようなテレビ業界の裏側。プロデューサーの前田哲也(岡田謙一郎)から女子アナウンサー岩井可奈江(水原美々)へのマクラの強要がテーマとなっています。
そして、1994年10月前半~1996年3月後半まで日本テレビ系列局で実際に放送されていた、「ロバの耳そうじ」というバラエティ番組の「ローバー美々の大股開きニュース」というコーナーに出演していた【ローバーミミ】ことチチダスミミ(水原美々)さんが再び女子アナに挑戦!、というのがこの映画の売り文句のようです。

「ローバー美々の大股開きニュース」とは、ニュースキャスターに扮したローバー美々がまじめにニュースを読んでいるフリをしながら股を開きふんどしに書いてある字を見せるというもの。

これと同番組の別コーナー「チチダスmimiのエロティックな天気予報」は、ブリキのブラジャーとパンティを身に付けただけのチチダスmimiがブラジャーを開いて乳を出すというもので、この2つのコーナーは当時定番人気を誇っていたようです。

―以上のことは、帰ってから調べた内容なのですが、映画館に入った時は、番組『ロバの耳そうじ』を観たことも無ければ主演女優の知識も皆無。

そもそも何を上映しているのかさえ分からない状態でした。

私が着いた頃には映画は既に始まっており、ドアを開けてそうっと中へ入ると館内は真っ暗でした。

スクリーンの明かりを頼りに目ぼしい席を探そうとしましたが、平日のせいかほとんどガラ空きで選び放題。

私は映画の観やすそうな前から4列目の真ん中へ座りました。

それにしても、こんなに空いているのに後ろの席に固まって座っている人がやたら多いな~、とその時はぼんやりそう思いました。


どんな人がいるの?~年齢層・性別・露出している人は居るのか?~


映画の内容もさることながら、私はまずどんな人たちが来ているのかがとても気になったので、暗闇に目が成れた頃に辺りを見回してみました。

すると40代~60代の男性が8割、年齢不詳の女性が2割、という感じでそのほとんどは男性客でした。

映画はまだ始まったばかりのようで、出演者は服を着ており作品は古めかしいですがそういう意味では普通の映画と変わりのない状態でした。

しかし、そこはポルノ映画。

ニュースでお天気を読み始める女性ニュースキャスターの顔が何故か火照って苦しそうです。

カメラの裏側でニヤニヤと笑うプロデューサー。

どうやら、股間に何かを入れられ遠隔操作をされているようでした。

その後は、テレビ局のトイレで先ほどのプロデューサーに裸にされていました。

そんなシーンをドキドキソワソワしながら観ていたら、3つ隣に座っていたおじさんから、突然話し掛けられました。

「一人で来たの?後ろ見てみて。凄いよ。」

いきなりの事に驚きましたが、言われた通りに後ろの席を振り返ってみました。

すると、5~6人程の男性が立ち上がったまま、ある一つの席を取り囲んでいました。

私は、先ほどのおじさんにこう尋ねました。

「あれは何をしているのですか?」

すると、「見学に行ってみよう。」と、おじさんに誘われたので恐る恐る着いて行ってみました。

おじさんが、「この子に見せてあげて。」と周りの男性達に声を掛けると、
スペースを空けてくれたので、私はそこに後ろを向いた状態で座りました。

すると、そこには上半身裸の状態の女の人が気持ちよさそうによがっていました。

どうやら特定の彼氏さん(※後で分かったことですが、ここでは一緒に来ている男性を、彼氏と呼びます)と一緒に来ているようなのですが、彼氏が触ると周りを取り囲んでいる男性客からも手が伸びてきます。

要するに、公開触られ放題です。

ここはハプニングバーか!?、と一瞬思いました。

ていうか、誰も映画観てねぇ…


そんな異質な光景に目を見開いたまま凝視していると、先ほどのおじさんにこう言われました。

「ほら、あっちを見てごらん?」

指を指されたままに、反対側通路のシートの方を見てみましたが、暗闇で何をしているのかよく分かりません。

おじさんが解説してくれました。

「フェラをさせてるんだよ!あの男性はね、いつも同じ女性を連れてくるんだけど、他の男性にその女性をわざと触らせようとするんだ。だけど、一定の時間を超えたり触り過ぎると突然怒って殴りかかるんだよ。突然だよ。ここでは有名な存在だ。恐ろしいよ。気を付けた方がいい。」とのことでした。

変わった性癖の人だな~、と思っていると、おじさんが「まだ観てる?ちょっと外に休憩に行かない?」と誘ってきました。

私も初めての事だらけで刺激が強すぎたこともあり、休憩したいな、と思っていたのでついて行きました。

1po3bu

ベンチに座ると、ポルノ映画館に詳しいのかこのおじさんは親切に色々なことを教えてくれました。

~以下、おじさんの更に詳しい都内のポルノ映画館の話~

・都内のポルノ映画館で有名な所は3つある。
・ハードな順番に、上野→池袋→阿佐ヶ谷。
・上野にあるポルノ映画館はもっとヤバいので行くなら気を付けた方がいい。


私はここで初心者にして、中級レベルの映画館へ来てしまったことが判明しました。

更に、おじさんはこう言いました。

「ここへ彼氏と一緒に来て(さっきの)あんな感じで触られていると、前から後ろから手が伸びてくるでしょ?まるでゾンビみたいだよ。

ゾンビ・・・

言い得て妙だ!すごくよく分かる 、と思いました。

そう言い残したおじさんは、静かに立ち上がり映画館の中へ戻っていきました。

そのおじさんとすれ違いで、先ほどゾンビたちに取り囲まれていた女性が彼氏と外へ出て来ました。

「あ・・・先ほどはどうも有難うございました。」

目が合ったので、私がお礼を言うと、その年齢不詳(恐らく年上。30代半ば~後半くらいのイメージ)の彼女はニコニコして、「またね」と手を振り映画館の出口へ消えて行きました。

―なんだったのだ?あの女性は。

私はずっと幻を見ていたような気もしましたし、暗闇ではなく明るいところで見た彼女が変態ではなく急にすごく普通の女性(おばさん)のようにも感じて、少し頭が混乱しました。

―よく考えたら、あの女性だけじゃなくて、一緒に来た彼氏さんも、映画館に居たゾンビたちだって昼間は普通の人として仕事をしたり、普通の顔で電車に乗ったりしているんだなぁ…。

当たり前のことかもしれませんが、彼らはこの映画館に居る時以外は、変態ではなく普通の人生を送って居るのです。

それを想像すると、何だか不思議な気持ちになりました。

さっきの親切なおじさんだって、ここ以外の場所ですれ違ったらもう分からないかもしれないな、と思いました。

そんなこんなで少し冷静になってしまった私は、中に戻らずそのまま映画館を後にしました。


ポルノ映画館に行ってみた【体験】【行ってみた】


アラサー女による初めてのポルノ映画館レポートはいかがでしたか?

今回は親切なおじさんのお陰で、ポルノ映画館へ行った事がない人は勿論、ある人も貴重な情報を知ることが出来たのではないでしょうか。

マンネリ化したデートの新プランとして行ってみても良いかもしれませんね。
(※ゾンビ達は基本的に大人しいです。「やめて」と言ったら触らないでいてくれるそう)

私は少しだけ、昭和のエロ史に触れたような気持ちになりました。

現代では「ハプニングバー」とか「性感マッサージ」とか凄く分かり易いものが多くて実際に求められているのだと思いますが、こういう古くからある所って、一見何をしているのか分からないのが良いというか魅力的だなって思います。

これは曖昧なことに淫らさを感じる、日本人特有の感性なのかもしれませんが。

―あ…、ここでいつものやつ入れなきゃ。

この話信じるか信じないかはあなた次第…

以上、マツ子でした~


※マツ子のその他の記事はこちら



<ライター マツ子(まつこ)>




このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

1po3bu_1

■1PO3BU

SODグループが運営するアダルト動画サイト「SODアダルトch」内で記事を掲載している1PO3BU hackの掲載コラムです。
SODアダルトchはこちら
もっと記事を読みたい方はこちら

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る