月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.04.25.
オリジナル動画発売情報と『六つ子、禁断の恋』発売延期のお知らせ【4/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

4/26 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

4/28 金曜日

『六つ子、禁断の恋』の発売ですが、4/28から5/5へと変更になりました。
お待ちいただいた皆様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変申し訳ございません。

コレみた?、今週の勝負下着占い、GIRL'S CHまとめは一旦終了いたします。
次回更新は未定です。
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。
2017.04.18.
4月18日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第11回
2017/4/18(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295839882

※ご視聴はパソコンからのみとなります。


ぜひ、ご視聴ください!

GIRL’S COLUMN

【短期連載】誰にも言えない体験談 第8回 もっと誰かに見られたい…(後編)


 年末年始、文章からの刺激をあなたに。筆者が取材した体験談をお届けします。
「そろそろはじめましょうか」
その車両は窓を背にした横並びの席とボックス席の両方がある車両で、私は彼に促されボックス席の通路側に座りました。隣のボックス席には奥の窓際の席に男性がひとり、居眠りをしています。
ずっと思い描いてきたシチュエーションに、期待が膨らみます。彼は隣の席を気にしながら、私の太ももに触れてきました。最初は撫でるように、そして徐々に太ももの奥のほうへと。
「下着、脱いでください」
「えっ……自分でですか?」
「そう、自分で」
 彼に見られながら、隣のボックス席の男性が起きないように気にしながら、私はそっと下着を脱ぎます。
「渡して」
 脱いだ下着を、彼は自分の服のポケットに入れました。
「スカートめくって」
 その日は、彼に事前に言われていた通り、タイトスカートを履いてきていました。彼の指示どおりに、スカートを徐々にたくしあげていき、もう少しで陰毛が見えそうなくらいのミニスカートの状態になりました。
「見えそうだね……恥ずかしい?」
「はい……」
 誰かに見られたい、そう思っていた私ですが、実際にその状況になってみると、誰かに見られたらどうしようという恥ずかしさで頭が真っ白になりそうでした。しかしその半面、アソコは熱く、シートまで染みがつくのではないかと思うほど濡れていることが自分でもわかっていました。
「じゃあ、自分で触ってみて」
 スカートの中に手を伸ばし、そっと自分の割れ目に触れてみました。
「今どうなってるの?」
「……濡れてました」
「じゃあそのまま気持ちよくなるまで触ってごらん」
「え、そんなこと……」
「しないとパンツ返さないよ?」
 私は、片方の手でスカートを押さえながら、もう一方の手でクリトリスに触れました。もう溢れんばかりの愛液をすくいとって、クリトリスにすりこむようにして、こねくりまわします。
 彼に、スカートを押さえている手をどけられました。そして、足を向かいのボックス席の人に向けてゆっくりと開かされます。
「やだッ……見えちゃう……!」
「見せたいんでしょ? ほら、こんなに濡らしてるのに」
 彼が、私の膣内にゆっくりと指を挿入しました。
「あッ……!」
 思わず漏れでた喘ぎ声を、唇で塞がれます。
「声、出しちゃだめ、向かいの人が起きちゃうよ」
「はい……」
 そのまま声を我慢しながら、居眠りをしている知らないおじさんに見せるように、私はクリトリスをいじり、彼は指を激しく出し入れしました。
「うう~ん……」
 とその時、電車の揺れで目を覚ましたのか、おじさんが体勢を変えました。ですが、またそのまま寝てしまったのか、動きません。
「もしかしたら、寝たふりをして見てるのかもよ?」
 彼がそんないじわるなことを耳元でささやきます。
「おじさんに、イクとこ見せてあげな」
 興奮と快感で熱く火照っている私の身体は、もうすぐにでもイキそうでした。きっとおじさんはこっちを見ている……そんな想像をしながら、クリトリスをいじり、ぴくっと小さく痙攣して私はこんなところでイッてしまったのです。

 その日はそれだけして、彼とは別れました。
 それ以降、お互いの都合をあわせて何度か露出に出掛けています。今度はカップル喫茶やハプニングバーなどで、セックスしているところを見られたいね、という話をしているところです。





◆ライタープロフィール
百地優子

ピンク映画の脚本家としてデビュー。
以来、ピンク映画のみならず、Vシネ、AV、官能小説等を中心に執筆。
ページTOPに戻る