月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.04.25.
オリジナル動画発売情報と『六つ子、禁断の恋』発売延期のお知らせ【4/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

4/26 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

4/28 金曜日

『六つ子、禁断の恋』の発売ですが、4/28から5/5へと変更になりました。
お待ちいただいた皆様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変申し訳ございません。

コレみた?、今週の勝負下着占い、GIRL'S CHまとめは一旦終了いたします。
次回更新は未定です。
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。
2017.04.18.
4月18日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第11回
2017/4/18(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295839882

※ご視聴はパソコンからのみとなります。


ぜひ、ご視聴ください!

GIRL’S COLUMN

ラブクリ・スクール通学記 #3 「ふぞろいのラブクリ女たち」卒業

ラブクリコラム用 _リサイズ


あっという間の4ヶ月。赤松、ラブクリ卒業しました!

前回コラム以降の講義〜

<大手制作会社ROBOTのプロデューサー堀部徹さん>
CM制作において、クライアントの話の聞き方引き出し方の重要性など。
(取材力&観察力&コミュ力!)

<作曲家の長岡成貢さん>
音楽によって観客の感情を左右する効果的な例など、実際の作品を見つつ授業。
(セリフの無い映画の間こそ、音楽の使いよう)

<ストーリーコンサルタントの徳武英章さん>
カンヌ映画祭の傾向とエントリー方法。
(実際のグランプリ受賞作品を見せてもらったのですが、アート好きな私でも理解不能な…逆に脚本どうなってるんだろう?)

<ゆうばり映画祭でグランプリ受賞暦のある森川圭監督>
編集違いでどう見えるか?ワンカットの長さ、オーバーラップするしない。
(同じ脚本を、色んな生徒が色んな視点で編集プランを考えました)

<最終講義>
カンヌ向け脚本賞やCM脚本賞の発表。
あいにく私は入らなかったのですが、お友達になった女性が呼ばれる度に嬉しく思いました。
なるほどこういう作品が求められるのかと勉強になりました。
毎回、濃ゆいエッセンス的講義内容のラブクリ。
学んだ事は数知れず。
けれどもどれだけ自分の作品に生かせるか?は人それぞれ。
私の場合、一度では覚えてない事しょっちゅうで、2度3度聞いてやっと身に付いてきたり。分かったつもりが分かってなかったり。
失敗してから「そういえば先生言ってな…こういう事か」とか。
でもそれで良いと思うんです(言い訳じゃなくて 笑)

人はそれぞれの背景や人生を背負って、歩み方も違えばテンポも違います。
他人の速度と比べて焦っても仕方ありません。
宇宙の法則とかそんなんじゃないですが、
どんな事も「そういう風に出来ている」気がします。
自分が今、ここで賞を貰ったら後々キャパオーバーになってたとか…
もっと他にするべき事があったとか…
もっとすごい作品を生み出すエネルギーを蓄える為とか…
それぞれその人のキャパと個性に見合った時期に、試練とかチャンスって神様が良い塩梅で与えてくれてるもんじゃないかと。
受け入れて、自分のテンポで進めばいい。

この考え方は、さくらももこ著『そういうふうにできている』というエッセイにヒントがありました。
妊娠出産期のお話ですが、人生における色々にも当てはまる考え方な気がします。肩の力抜いてスッと読めて、普通に面白くて、実は深い。
おススメのエッセイ本です♪
写真1


最終講義の時にTVでおなじみ演出家のテリー伊藤さんが、
「講師の言ってる事なんて結局信じなくっていい。学校なんてさ〜」
とさんざん学んだ生徒達を目の前に…。
でも実はこれ、クリエイターにとっての要。

ラブクリは映画だけに特化せず、様々な映像や作家の必要な分野にとフットワークの軽いスクールでした。
この春、一期生の皆さんは、「ふぞろいの林檎たち」のごとくそれぞれ目指す方向へ羽ばたいて行きました。
映画やドラマ・舞台の脚本、TVの企画、小説、評論…etc.
私も映画にとどまらず、
“自分が見付けた秘密の花園に、たまに行ってはほくそ笑む”
そんな作品を産み出せるクリエイターになれるよう頑張りたいと思います。

ここで出逢った、友人達や講師の方々と一緒に仕事が出来る日を夢見て。



(ライター・赤松桜) 
ページTOPに戻る