月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.04.25.
オリジナル動画発売情報と『六つ子、禁断の恋』発売延期のお知らせ【4/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

4/26 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

4/28 金曜日

『六つ子、禁断の恋』の発売ですが、4/28から5/5へと変更になりました。
お待ちいただいた皆様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変申し訳ございません。

コレみた?、今週の勝負下着占い、GIRL'S CHまとめは一旦終了いたします。
次回更新は未定です。
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。
2017.04.18.
4月18日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第11回
2017/4/18(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295839882

※ご視聴はパソコンからのみとなります。


ぜひ、ご視聴ください!

GIRL’S COLUMN

【連載】女の子のための二丁目案内 第四回 二丁目にいるのは“こんな人”


日本最大のゲイタウン「新宿二丁目」での過ごし方を聞く短期連載も、今回で最終回。水商売歴7年目のゲイのタケルくん(仮名)にお話を伺いました。
最終回は、二丁目にいる“人”について聞いてみました。


■二丁目にいる人は普段は何をしてるの?

「ゲイバーにはレギュラーと呼ばれる店員さんがいるんだけど、そういう人は社員だったりレギュラーバイトだったり、基本的に店員がメインの仕事ですね。二丁目の近くに住んで働いてる人が多い。でも実は、普段は学生や会社員をしてて、週末だけ二丁目に来てる、っていう人もいるんです。実生活ではゲイであることを隠して、二丁目にいるときはゲイとして生きてる、みたいな」

確かに、みんながみんなゲイであることを公表できるわけではないですよね。
本当に仲の良い友達にしか言えない…という場合も決して少なくない。
東京近郊の県から、そしてときには地方から、のびのびと過ごせるこの街の空気を求めてやってくる方は多いようです。

ちなみに、芸能人の誰々が……というゴシップを見ますが、その中の何人かは、タケルくんも実際に見たことがある方もいるんだとか。
先日も同席したテーブルに、歌手の方がいて驚いた、と語ってくれました。


■ゲイとは少し違う…ドラァグクイーンとは?

タケルくんはゲイバーで働きながら、最近はドラァグクイーンとしても活動を始めたそうです。

「ドラァグクイーンというのは、女性のような派手な格好をして、パフォーマンスをする人のことを言います。女性になるんじゃなくて、女性風の、というところが女装との大きな違いかな。女性をデフォルメしたメイクや衣装を身につけることが多くて、例えば唇を強調してメイクで書いたりします」

“女性になりたい”という意識とは違って、あくまでパフォーマーであるのがドラァグクイーンのようです。
だからイベントのときだけドラァグクイーンの格好をするけど、普段は女装をしたり女性っぽい格好をするわけではないみたい。
またごく少数ではありますが、海外では女性がドラァグクイーンに扮しているというケースも。

「イベントのときにショーの時間があって、その時間はステージでパフォーマンスをしたりします。リップシンクといって……たとえばは◯な愛さんがやっているあややの口パクみたいな、ああいうパフォーマンスが多い。それ以外の時間はフロアで普通に話したりしてますね。」

「最近ようやくレギュラーで呼んでくれるイベントができたり、少しずつドラァグクイーンとしての活動の幅が広がってきているので、これからもっともっと知ってもらえるように頑張っていきたいな~と思ってます。」


気づいたら同性を愛していて、当然のように二丁目に流れ着いて、今は新たな夢を見つけたタケルくん。
これからも自分の生き方を貫いていってほしいですね。
タケルくん、ありがとうございました!



(ライター・田口桃子)
ページTOPに戻る