月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.03.24.
物量増加によるお荷物の配達遅延について
お荷物の配達について、弊社の荷物の配送をしております佐川急便より、下記連絡が入っております。

3月18日~20日の3連休明けの物量の増加により、幹線輸送に全国的な乱れが生じております。
本日現在では特に関東方面向けのお荷物に半日以上の遅延が発生しております。

年度末で物量増加も予測されており、遅延は3月31日頃まで継続する見込みでございます。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
2017.03.21.
劇団Rexy第4回公演「晴れときどき、わかば荘」特典付きDVD販売のお知らせ
3月23日~26日に、劇団Rexy第4回公演「晴れときどき、わかば荘」が上演されます。
それに伴い、GIRL'S CHでも会場限定で特典付きDVD販売を行いますので、
是非ご利用ください!


■特典内容
1枚以上のご購入で、ご購入枚数分のブロマイドをプレゼント。
3枚以上のご購入で、フォトムービープレゼント。
5枚以上のご購入で、世界にひとつだけのラブレター&サイン入り着用済み衣装プレゼント!


■ご注意点
・公演チケットをお持ちのお客様のみご利用いただけます。
・開演前及び終演後の販売になります。
・5枚以上ご購入の特典に含まれる衣装は、先着順となります。ご了承くださいませ。
 なお、各日に下記の通り上限枚数を設けております。
 一徹:各日先着7名様限定
 月野帯人:各日先着1名様限定
 有馬芳彦:各日先着2名様限定
 北野翔太:各日先着2名様限定
 浅井陽登:各日先着2名様限定
・月野帯人さんの衣装のみ、サインがございません。
 ご理解・ご了承の上で、DVDをお買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。
・衣装の用意数が終了した場合は、お好きなフォトムービーを1枚追加でお渡しいたします。
・特典はすべて、当日の物販ご購入時にお渡しとなります。


詳細は、特設ページをご覧ください。
http://girls-ch.com/rexy_1702.php
2017.03.17.
3月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第10回
2017/3/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv293204406

※ご視聴はパソコンからのみとなります。


ぜひ、ご視聴ください!

新着レビュー

エッチで危険な幼なじみ~これ以上は壊れちゃう~【お久しぶりです 杉崎春です】
エッチで危険な幼なじみ~これ以上は壊れちゃう~【お久しぶりです 杉崎春です】
★★★★★
投稿者:匿名
2017/03/26

< 購入者のレビューです >
ずっと待ってました!ビジュアルマックスにイケメンの春くん。前作より演技力は相当上がってました。カメラの走りが早すぎ。もっとエロくを意識して下さい。女優さんが申し訳ないですが、棒読みすぎ。春くんが棒読みじゃなくなってた。女優さんの感じてる声に臨場感がない。春くんが顔も声もセクシーだから女優さんで入り込めなくて。Hシーンも春くんの素が出てるのも可愛くていいけど今回は男優さんでした。一年でとても成長してました。間隔空けないでどんどん出て欲しい。目で悩殺出来る貴重な方。メディアに出たら人気に火が付く事間違いないですね!いつもその目にドキドキ出来ます。癒されます。
街角素人男子もっと悶絶マッサージ ~文系眼鏡男子の大学生~
街角素人男子もっと悶絶マッサージ ~文系眼鏡男子の大学生~
★★★★★
投稿者:やや
2017/03/26

新作 まだですか 絶対買います 是非 お願いいたします
街角素人男子もっと悶絶マッサージ ~文系眼鏡男子の大学生~
街角素人男子もっと悶絶マッサージ ~文系眼鏡男子の大学生~
★★★★★
投稿者:匿名
2017/03/25

男の子が可愛くて、でも顔に不釣り合いの大きめなアソコでよかった。 反応もいいし、すっかり勃ちまくってるのを隠そうとするリアクションも◎。 仰向けになると大きなテントでピクピクしてるのにも大興奮。 最後に服を着るときもなかなかのサイズ感で、ラストも眼福☆ 長時間でたっぷり見せてもらって大大満足です。 男の子にはぜひ他の作品にも出てほしい!
漫喫ドキュメント 無防備男子をこっそり撮っちゃいました ~カップルが内緒で…~
漫喫ドキュメント 無防備男子をこっそり撮っちゃいました ~カップルが内緒で…~
★★★★★
投稿者:匿名
2017/03/25

< 購入者のレビューです >
男の子が大きくてイケメン。 腹筋割れてて反応もいい。 別の動画をおねがいしたいです!!
エッチしながらマッサージをしてお客様のストレス発散のお手伝い
エッチしながらマッサージをしてお客様のストレス発散のお手伝い
★☆☆☆☆
投稿者:匿名
2017/03/25

しょーむない。ただただ、しょーむない。

GIRL’S COLUMN

【連載】橘めいの『いつだってファイティングポーズ』 第57回 だからファイティングポーズ



最後なのに、最後なので、何を書いたらいいかわからない。

普段あたしはあまり、自分の書いたものを読み返したりしない。
(その時は本気で思ってることを書いてるんだけど、あとから読み返すと「は?何言ってんの、こいつ!」ってなったりして恥ずかしいし・・・。)

だけど、せっかくなのでこの機会に、ちらっと薄目で、何書いてたっけな~と見てみた。

いやはやこの1年でまさかこんなに色々なことが変化しているとは思ってなかった。
(1年前の今頃、そうだ!あたしホストクラブに行ってたな~!笑)

あたしの日常や考え方が変わったわけではないのに、こんなにも違ったように感じるなんて、
やっぱり1年という時間はすごく大きいものであった。

少しだけ自分の書いたものに目を通してみて気付いたことは、
あたしはいつも、「楽しいかどうか」「しんどくないかどうか」ということにコミットして生きてるな、ということだった。

正しいか、正しくないか、そんなことはどうでもいい。
そんなことは誰が決める?
神様じゃあるまいし。


【白黒つけるより自分の気持ちに寄り添うほうがいい】

あたしのやってきたことを全部つまびらかにしたら、たぶん正しいか正しくないか決めたがる人たち、
要するに芸能人のゴシップとか何かあるとすぐさま糾弾するような人たちに火あぶりにされるかもしれない。

だけど正義ってどの立場に立つかで変わるじゃん。
自分が悪と決めつけたものに自分がなることだってあるかもしれない。
なのにどうしてそんなに簡単に白と黒とを分けたがるんだろう。

だったら自分の気持ちとか、心に寄り添う方がいい。
自分はどう「感じる」か、気分がいいか、悪いか、うれしいか、悲しいか、楽しいか、苦しいか、
社会的に「こうでなきゃいけない」と言われていることを一回取っ払ってみて、
自分の心がどういう状態になっているのか、向き合ってみるのだ。


【自分の心で考えられない大人たち】

あたしが手の届く範囲で感じられるところに生きている人たちは、
(つまりTOKYOという街に暮らす20代以降の大人たち)
自分の心に寄り添うということが非常に苦手な気がする。
もしくはそうすることを忘れてしまっていたり、いつの間にか放棄してしまったりしているように思う。
そして自分がそれを放棄してしまっていることにすら気付いていない。

なぜなら、誰も言ってくれないから。
「あなたはどう思うの?」って。

悲しいことに日本の教育は「自分の頭で、自分の心で考えなさい」というやり方をしない。

息子が小学校に上がる前の説明会で、入学前に準備する持ち物の説明をされたのだが、
あたしはその時一気に自分の子ども時代に引き戻され、
「そうだ、学校ってこういうところだった・・・」とげんなりした。

鉛筆は2Bで5本、下敷きは透明の無地、筆箱は装飾がないもの、持ち物の名前を書く場所はここ・・・
何から何まで決められている。
正直、どうでもいいと思った。
下敷きがどうして透明無地じゃなきゃいけないのか、それは誰も説明してくれない。

けど、答えはわかっている。
その方が統制しやすいからだ。
「みんなこうしてるんだよ」「こういう決まりなんだよ」と言われれば、そうするしかない。
大げさかもしれないけど、それができない子は、はみ出してしまうし「悪」になってしまう。

それが、大人の社会になってもずっと続く。

人を叩いたらいけないとか、人が傷つくようなことを言ってはいけないとか、それは決まりではない。
相手が痛い思いをして嫌だし悲しいからだよって、言えば子どもは十分理解できる、
でもわかっててもやってしまうことがある。それは大人だってそう。
だけどもしかしたらその子にはそうしてしまった理由があるのかもしれないし、
「悪」と決めつける前にまず話を聞いてあげるべきだと思う。


【あたしは考えることを放棄しない】

誰かを傷つけないようにするため以外の決まりごとって、本当に必要なものはどれくらいあるだろう。
あたしたちが十分譲り合ったり知恵を働かせたりすればうまくいくこともたくさんあると思う。

「こうしなさい、ああしなさい」と言われてそれに従うのは、
何も考えなくていいからある意味楽かもしれない。

あたしは子どもの頃から非常に、この世界が生きにくかった。

大人になるにつれて少しづつこの世界のルールに合わせて生きられるようにはなってきたけど、
それでもまだ「なんで?どうしてそうしなきゃいけないことになってるの?」って思うことがたくさんある。

それがあたしにとっての戦いで、そして、同じ気持ちでいる人がいるなら一緒に戦いたい。
 
「本当はあたしも変だと思ってた」っていう人がいたら、味方になってあげたい。
世間の目や、決まり事に縛られてしんどかったり苦しくなってたりする人がいたら、
「あなたはどう思うの?」ってことを今からでも言ってあげたい。

そしてこれから大人になる子どもたちには、あたしみたいな変な大人もいっぱいいるよ、大丈夫って言ってあげたい。

ありがたいことにあたしの周りには本当にたくさんの変な大人がいるのだ。

だからこれからもあたしは、愛を込めてファイティングポーズを取り続ける。


プロフィール画像_2リサイズ
◆ライタープロフィール
橘めい
『Ladies Motivation Project』代表
(通称LMP=すべての女たちがそれぞれ自分自身の美しさを肯定し、ありのままの自分を謳歌し、生き生きと力強く楽しんで生きることを応援するプロジェクト。)
モチベーター/ライター/イベントプランナー
男と女、恋やセックス、女の自意識と加齢などについて日々考え続けている33歳。
酒と映画と男をこよなく愛しています。パワースポットは歌舞伎町(二丁目含む)。
一応、一児(6歳男子)の母。
BLOG /『ハレンチには程遠い』
twitter /@TachibanaMay     

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る