月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
2017.02.13.
オリジナル動画発売情報【2/15,17発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

2/15 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

2/17 金曜日

・黒王子と白王子~ドSと鬼畜~
 ……冷徹でドSな婚約者と仮面を被った鬼畜な弟に犯される主人公!陵辱の日々の先にある本当の愛とは…?
 
また、月曜日にコレみた?、金曜日に今週の勝負下着占い、土曜日にGIRL'S CHまとめが更新されます。
M☆S picturesは当面お休みさせていただきます。次回配信は未定です。

新着レビュー

【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 黒王子の婚約者に犯されて…ダメッ…イク
【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 黒王子の婚約者に犯されて…ダメッ…イク
★★★★★
投稿者:りん
2017/02/21

少しきつい作品かも知れません。でも一歩間違うと、男性向け寄りになってしまう所を、うまく女性向けにもって行けてるなと思いました。翔太君の振り切れた演技にも注目です。翔太くん、大人になったねって思いました。ドS、鬼畜と重たい雰囲気が永遠続くのを、最終話でいっきに幸せモードにするには、相当な演技力が必要で、有馬さんだからこそ、可能だったのだろうと、思います。翔太君の鬼畜度がかなり高かった分、それ以上のものが無ければ負けてしまうから、有馬さん大変だったんじゃないかな。私が最終話で救われた気持ちになったのは、有馬さんの演技力あっての事だと思いました。有馬さんと翔太君の勝負、見ごたえありますよ。それに有馬さんのスーツ眼鏡姿はほんとに素敵なので、これも見どころのひとつです。まだの方は是非見てください。損はないと思います。
お義父さんの借金を返すために社長と関係をもってしまう人妻さん
お義父さんの借金を返すために社長と関係をもってしまう人妻さん
★★★★★
投稿者:匿名
2017/02/21

↓借金のカタに…という設定なので演技が上手いということでは…? こういう無理やり設定好きなので、時々入れてくださると嬉しいです♪
旦那さんと暮らす家で義弟と激しく求め合う① 貪りあうようなキス
旦那さんと暮らす家で義弟と激しく求め合う① 貪りあうようなキス
★★★★★
投稿者:猫まる。
2017/02/21

ぽっちゃりさんのとことか、部屋の雰囲気とかリアルで好感が持てました。
お義父さんの借金を返すために社長と関係をもってしまう人妻さん
お義父さんの借金を返すために社長と関係をもってしまう人妻さん
★★☆☆☆
投稿者:11とくめい4
2017/02/21

恐怖におののいてセックスさせられているみたい
ご主人様にご奉仕しながら自分も感じちゃうメイドのちなちゃん
ご主人様にご奉仕しながら自分も感じちゃうメイドのちなちゃん
★☆☆☆☆
投稿者:匿名
2017/02/21

カメラ目線が堪らなくウザイ

【独り寝のお作法】

11.初めてONNした日を覚えていますか? 新鮮さを取り戻すため、初心にかえる


 私が思わず口ずさむ曲に、「はじめてのチュウ」があります。元々はテレビアニメ『キテレツ大百科』のエンディング曲で、その後、ジャズシンガーのラスマス・フェイバーなどもカバーしていますが、幼い恋の切なさや、ファーストキスのドキドキ感に胸がキュンキュンします。不毛な恋愛や、後悔するようなセックスも経験し、すっかり薄汚れたオトナになっちまった私の心にも、するりと入りこんできて、甘酸っぱい感慨に浸らせてくれる……名曲ですよね。

 今回のお題は初チュウではなく「初ONN」です。独り寝の夜にマンネリを感じたら、ファーストONN(オナニー)を思い出してみませんか? 快感に出会った日のピュアな気持ちを再確認することで、新鮮さを取り戻せます。

 ONNに目覚めた年齢は、個人差が実に大きいようです。周囲の女性に話を聞くと、小学校に入る前にすでに経験済みという人もいれば、ロストバージンしてから初めてしたという人もいます。アダルトグッズを取り扱う仕事や、性にまつわるをしている仕事をしている女性が、幼いころから性への関心が高かったかというと、そうでもないです。性の芽生えが早いほど、おとなになってフェロモンむんむんということもないので、時期の早い・遅いは特に気にする必要がなさそうですね。

 私自身は、13歳の春にONNデビューしました。背伸びをしたいお年ごろ。ティーン向け小説に飽きていた私は、母の書棚から1冊を取り出しました。官能小説ではありません。著者名もタイトルも忘れましたが、戦争未亡人の女性が、必死になって子どもを育て、生き抜くといった内容の、文芸作品でした。そのなかで、子どもたちに食べさせるわずかな食糧のために、母親が身を売るシーンがあり、微に入り細に入った表現で、行為の一部始終が描写されていたのです。その過激なことといったら……いえ、もしかすると、そんなたいしたものではなかったかもしれません。でも、13歳の私を目覚めさせるには十分でした。


三つ子のONN百まで

 本にはクリトリスという単語も、それに相当する隠語もなかったと思います。でも私はなぜか「アソコを触ると、気持ちよくなる!」と、ピンと来たんですね。クリトリスの存在もまだ知らなかったのに、不思議なものです。小学校卒業時点で、いまの身長に達していた私は、肉体的にはもうだいぶ完成されていたでしょうし、そんな成熟しつつある心と体が「脚のあいだにある突起物を触れ!」と命令を出していたようにも思います。

 誰に教わるわけでもなく、中指でクリを触った私ですが、いきなりビビビッッッ!!! と雷に撃たれたような衝撃が走りました。何が起こったか、まるでわからない。気持ちいいのと、頭が混乱するのと……。そうなんです、私、初ONNで瞬時にしてイッてしまったのです。これが「イク」ということなのだとわかったのは後になってですが、そんな知識ヌキにして、私はすっかりこの快感の虜になったのでした。

 そこから、「すぐイカないようにしよう」という挑戦が始まりました。だって、すぐに上り詰めちゃうのはもったいない。でもこれって、いまでも変わらないんですよね。お気に入りのバイブやローターを使うと、始めてまもなくイキそうになることも……。でも焦らしたほうが快感は大きくなるから、できるだけオーガズムが訪れるのを引き延ばしたくて、なんとか気を反らすクセがついています。動物の刷り込み行動のように、最初に覚えたONNのパターンを、私はずっと繰り返しているわけです。きっとこれからも、変わらないでしょう。

 桃子リサーチによると、同じく幼いころと同じ方法でONNを続けている人は少なくないようですね。なかでも、ONN初体験が早いほど、その傾向が強いと感じています。偶然、快感と出会ってしまった例が多いんですよね。うつぶせで寝ているときに、腰を動かすか何かして、偶然キモチイイのを発見してしまった。股間にシャワー強くあてたら、むずむず感じてしまった……などなど。まだ無垢な心で出会った快感は、それはそれは強烈だったと思います。オトナになってもその快感が忘れられずに、ついつい同じ方法で、ONNしているようのも頷けます。

 ラブグッズもオカズも、新しいものが次々と出てきますが、たまには初ONNを思い出し、シンプルかつ初々しい気分でキモチよくなってみませんか? 子どものとき宝箱にしまった大切なものを、ときどき取り出して眺めるような気分。何ごとも初心を大事にしたい私でした。

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/02/20 投稿者:名無しさん
      
    おすすめレベル:★★★★★

    私は保育園のお昼寝をしてるときにすでにONNしていました。それがONNという行為であることも、イクということであったことも気づいたのは20歳くらいです笑不思議なもんですね。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る