月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【独り寝のお作法】

13.江戸時代に花開いた究極のエロ表現、「春画」を日本の美術館でも見たーい!


 今回のテーマはアート。といっても私は小学校のころから、全教科のうち図画工作、美術が何より苦手で、通知表でも1をつけられるワ、その絵心のなさで常に周囲を驚愕させるワで、苦手意識がとても強いジャンルです。でも、見るだけなら好き~。しかも、この日本には世界に誇るエロアートがあるじゃないですか! そうです、春画です。

 ロンドンの大英博物館では、いままさに「春画-日本美術における性とたのしみ」という展覧会が開かれているようですね(参考記事)。私は学生時代に旅行で立ち寄った程度ですが、あの重厚な空間で、珠玉の作品たちが見られると想像しただけでも、胸が高鳴ります。女体に巨大なタコがうねうねと8本の脚をからませる……。日本ではいまなおマニアが多い「触手」の原点ともいうべき作品を、かの国の方たちがどう見るのか、とても気になります。

 ただ作品を展示するだけでなく、春画のルーツをたどったり、検閲の歴史、パロディー作品、ヨーロッパや中国に与えた影響……など、多岐にわたる内容のようです。見たい見たーい! 先述の『蛸と海女』という有名な作品は葛飾北斎の手によるもので、私もナマで見たことはないので、これもぜひ一度この目で……と思うのですが、残念ながら、日本の主要な美術館はどこも開催に意欲的ではないとのことです。

 その主な理由が、「子どもへの配慮」。じゃあ子どもに見せない仕組みにすればいいんじゃん……と素人考えながら思うんですけど、それを実現するのってそんなに難しいことなのかなぁ。映画だって、成人映画館でない一般の映画館で、R指定のある作品をかけたりかけなかったりできるんですから、ねぇ?

 大英博物館では、16歳未満の入場は保護者の同伴が必要だそうです。子どもへの配慮はたしかに必要でしょう。でも、「ここに描かれているのがはファンタジーだ」と理解しながら性表現を愉しめるおとなの権利まで奪われてしまうのはガッカリです。

 春画はもともと庶民の性愛を題材に描かれているので、よく見るとなかなかにドギツい表現でも、漂う雰囲気はおおらかで牧歌的なものも多いですよね。江戸時代に生まれた四十八手にしたって、ユーモアにあふれています。当時の人たちもあれを見て「あはは、これスゲェな。こんなのことするヤツ、いるのかね?」と笑っていたと思うんです。

 私は昨春、はじめて神奈川県・川崎の金山神社で行われる「かなまら祭」に行きましたが、これも発祥は江戸時代。性産業に従事する女性たちが、性病除けや商売繁盛を願って開いたお祭りから始まっているとか。男根型の神輿がわっしょいわっしょい練り歩く光景を見ていると、日ごろの小さい悩みなんてバカバカしくなって霧散してしまいます。

 このお祭りでは、オカマが寄贈してオカマが担ぐ「エリザベス神輿」も恒例となっています。こういうのも受け入れちゃうって、ほんとうに日本のエロは懐が深い……。いや、深かった、と過去形でいったほうがいいんでしょうか。

 私がバイブコレクターとしてテレビや雑誌から取材を受けるとき、「男根に見えない形のバイブを」とか「セックスやオナニー、アダルトグッズという単語はNG」といわれることがよくあります。もともといかにも男根型というバイブは好きではないですし、露骨な単語をそのまま口にすることがエロを表現することだとも思っていませんが、たとえば「最近は“ラブグッズ”という言い方をしますよ」と提案しても、「いや、それだと何のことかわからない」といわれて、婉曲にしたいのか、そうじゃないのかわかんな~いと混乱することもしばしばです。

春画展開催に手を挙げる、心意気のある美術館が出てきますように! で、Eテレの『日曜美術館』で特集しちゃったりして、司会の井浦新サンが春画を前にあの淡々とした顔と声でコメントするとか……そんな妄想だけで、十分オカズになっちゃう! 私のような妄想女子のためにも、もうちょっと風通しのいい日本であってほしいと思うのです。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る