月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.06.26.
動画再生不良に関しまして
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

只今、アクセスピーク時に、サーバーが繋がりにくくなり、
動画がスムーズに再生できない等の事象が発生しております。

皆様に快適に視聴いただけますよう、原因究明およびサーバーの復旧・改修を進めておりますが、
動画が視聴できない場合は、お時間をおいて、ご覧いただきますようお願いいたします。

ご不便、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

お客様の皆様にご迷惑をおかけしまいましたこと、重ねてお詫び申し上げます。
2017.06.23.
「二徹」当落メールに関しまして
新宿ロフトプラスワン・一徹さん共催のイベント「二徹」の当落確認のメールを頂いた方に返答をお送りしておりますが、メールが届かない場合は下記までお電話頂きますようお願いいたします。
03-5342-9690
対応時間:11時~17時(土日祝日を除く)

また、お問い合わせ頂く際に@girls-ch.com、@silklabo.comからメールが届くように受信設定をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。
2017.06.26.
オリジナル動画発売情報【6/28発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

6/28 水曜日

・コミックムービー 秘密の痴漢指導 ~先生、これってセックスじゃないですか?
 ……「や…だめっ…せんせいっ…!」満員電車でくちゅくちゅと漏れるエッチな汁と音――痴漢から助けてくれた先生に痴漢撃退を教わるはずが、乳首や秘部をネチネチと責められて…
エッチなマンガがリアルな音で楽しめる!

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!
 
また、6/30 金曜日にラブメンNEWSを配信いたします。
どうぞお楽しみに!

【独り寝のお作法】

131. 最先端オナニーカルチャー=アダルトVRを体感、「日本ヤバイ!!!!」


hitori

 VR=ヴァーチャルリアリティ、仮想現実。専用の装置を付けると、CGなどで作りだされた架空の空間や映像が眼前に広がり、まるでその中にいるような感覚を体験できる技術のことで、今年はVR元年といわれているそうです。ゲーム業界など各方面で話題ですが、アダルト業界も早くから注目しています。

 そりゃそうだよね~、そんなに臨場感あふれているのなら、あんなエロいシーンやこんなエッチな映像を観たいと思うのが、人の子だよね~。1980年台に勃発したVHS対ベータの“ビデオ戦争”では、VHSがアダルト系ソフトも積極的に取り込んだため、ベータを大きく引き離せたといわれています。いつの時代も、技術の躍進&普及の裏にスケベ心あり。

 そして先月、「第2回アダルトVR」が開催されました。今年6月に開催された第1回では、入場希望者が殺到して途中で中止となった……という逸話からも、注目度の高さがうかがえます。

 出展されているのは全部が全部、男性向けのサービス、コンテンツ、アイテムです。そんななかに、友人のホモくんと共に乗り込んできました。彼はその名のとおり、ゲイです(20代、モテない)。“男性向け”といっても、ゲイの男性を対象とした商品はまだ開発されていないので、お呼びじゃない感満載ですが、エロカルチャーへの興味関心は、ふたりとも人一倍高い!

 今回体験したVRの多くは、トップ画像にあるような、ゴーグル、ヘッドセット、メガネといわれるものを装着して視聴するものでした。コンテンツはあらかじめスマホでダウンロードしておき、そのスマホをゴーグルにセットして、視聴します。Amazonをチェックするとゴーグル自体は1000円台のものから販売されていて、意外とお安い! もちろん高額なハイエンドモデルもありますが、ほんの数千円で最先端の映像体験ができるというのは驚きです。


聞きしに勝る!


 AVのVR動画で見たのは、いわゆる“ハメ撮り”でした。ゴーグルを装着すると、いきなり知らない部屋に飛び込んだかのよう。最初は壁と向き合うだけでしたが、首を動かして視線を視線を下に落とせば自分(男性)の腰のあたりに女優さんが顔をうずめている! フェラの真っ最中でしたか、失礼しました。

 時おりこちらの様子をうかがうべく顔を上げる女優さんと目が合うと、思わずニヤニヤしてしまいます。これは、聞きしに勝る臨場感。女優さんにしゃぶらせておきつつ(←ヒドイ)視線をあたりにめぐらせると、360度とはいかないまでも、首を左右に動かす範囲の視界に部屋が広がっています。その部屋に女優さんとふたりきりでいるんだ、という気分が高まります。ベッドに寝そべってパイズリしてもらうときには、ぐぐっと彼女の顔が近づいたり遠ざかったり。思わず手を伸ばしてその髪をぐしゃぐしゃにかき乱したくなります。

 VR動画を楽しんでいるときは、こうしてあちこちを見回したり、ニヤニヤして口が半開きになっていたり、「おお!」と歓声の声をあげたりして、傍から見るとけっこう恥ずかしい状態です。ホモくんがそんな様子になっているのをマヌケだなぁと笑った私ですが、いざ体感してみるとなんのことはない、自分も同じく奇行一歩手前の行動をとってしまうのです。まあ、アダルトのVR動画を他人と一緒に愉しんだり、その最中を他人から観察されるという状況はほぼありえないので、その点は心配無用なんでしょうけど。

hitori

 上の写真は「大型ホール」「トルソー型」といわれるアダルトグッズです。この「リアルボディ」シリーズの用途は一目瞭然、このホールに男性器を挿入して射精を目指すものですが、そのむっちりした質感といい、抱き上げたときに感じるずっしりした重さといい、生々しすぎ! これはVRと無関係では? と思われるかもしれませんが……その話はあとでいたしましょう。

 アダルトVRゲームをしたり、明治大学の現役学生(最年少はまだ10代!)が制作したVR動画でCGの美少女に罵られたり、いろんなコンテンツを体験しました。まだ荒削りというか試作段階というか、お金を払うレベルには至らないものも多々あるのですが、作り手のアツさが伝わってきて、オナニーのために若者たちがこれだけの情熱をつぎ込むこの国ってヤバい(いい意味で!)と思わざるをえません。

 女性とゲイ男子、いまのところアダルトVRマーケットの対象外でしかない組み合わせで会場を回ると、基本的には冷やかしとしか思われません。私自身も「やっぱ男性って、視覚で性的興奮を得る生き物なんだなぁ」と一歩引いて見ている感がありました。そんな男性たちにとってVRはオナニーのクオリティを飛躍的に上昇させるものだけど、視覚だけでなく触覚や情緒面などさまざまな要素が重なって性的興奮がONになる女性にとって、アダルトVRが寄与してくれるものは何かあるのだろうか、と考えたりもしました。


自然に腰が動いちゃう…


 そのヒントは、先ほどの大型ホールにありました。CGで描かれた女性とのセックスを疑似体験できるVR動画を体験していたときのことです。騎乗位で女性を上に乗せ、揺れに揺れているオッパイの迫力に圧倒されていると、ひょいと誰かに何かを手渡されました。といっても私の視界はVRの世界で占められていますから、リアルの世界で手渡されたものを見て確認することはできません。手で触れてそれが何かをたしかめようとしたのですが、このやわらかさ、すべすべの肌触り……これは、女体!?

 そうなんです、それは先ほど紹介した大型ホールでした。仮想世界のCG女子がオッパイを大胆に揺らしているのに合わせ、私もホールのオッパイに手を伸ばしたり腰をつかんで前後に動かしてグラインドさせてみたり……。チンコがないのに、女性を攻めている気分になっちゃう! 最先端のVR画像を見ながら、手ではアナログに女体(ホールだけど)を味わうーーこのコンビネーションにより興奮は一気に加速! 気づけば腰を動かしてしまうほど、どっぷり仮想現実の世界に入りこみました。

 これ、私だけじゃないんです。ホモくんも同じくVR動画を見ながら、このホールのオッパイを掴み、下から突き上げるように腰を動かし……これまた傍から見ると相当イタい姿なのですが、VR☓アナログの刺激に夢中になると、もうなりふり構っていられません。

hitori

 短時間の体験を終えたホモくんが、「俺、VRで練習すればオンナを抱けるようになるかも……」と言い出すからびっくり! でも、わかる~。私も脳にチンコが生えて女性に挿れている気分になりましたから。会場で人目があるために没頭できない状況下でも、こうなのです。これが、ひとりきりで心ゆくまで興奮に身を委ねられたら、何かメーターを振りきってしまいそうな気がします。将来的に女性向けのVRコンテンツが出るとしたら、視覚以外のこうしたアナログな刺激といかに組み合わせるか、がキーになるような気がします。

 女性もゲイもここまで煽られてしまうアダルトVR、「あれはヤバイよね」「というか、あれが広まったら日本いろいろヤバいよね」と口々に言い合い、帰途についたのでした。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る