月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
2017.02.13.
オリジナル動画発売情報【2/15,17発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

2/15 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

2/17 金曜日

・黒王子と白王子~ドSと鬼畜~
 ……冷徹でドSな婚約者と仮面を被った鬼畜な弟に犯される主人公!陵辱の日々の先にある本当の愛とは…?
 
また、月曜日にコレみた?、金曜日に今週の勝負下着占い、土曜日にGIRL'S CHまとめが更新されます。
M☆S picturesは当面お休みさせていただきます。次回配信は未定です。

新着レビュー

同居をしているお義父さんに心を奪われてしまう② 腰を掴まれて奥を…
同居をしているお義父さんに心を奪われてしまう② 腰を掴まれて奥を…
★★★★☆
投稿者:11とくめい4
2017/02/21

すんごいストロークね、おマンコ壊れそう
オモチャと4本のチン○で責められてヘロヘロの松岡ちなちゃん
オモチャと4本のチン○で責められてヘロヘロの松岡ちなちゃん
★★☆☆☆
投稿者:くまちゃん
2017/02/21

確かに…男優さんは大きいと思うけど。ど~してもタプタプのお腹が気になるっ(笑) スッキリお腹で大きいならステキだったのに。残念(笑)
女性用グッズ開発の舞台裏?③ 違いを知る為にチン○も味わう
女性用グッズ開発の舞台裏?③ 違いを知る為にチン○も味わう
★☆☆☆☆
投稿者:匿名
2017/02/21

相手がタイプの男性じゃなかったら、断然おもちゃのほうが気持ちいいと思う。
挑発的な姿に目を奪われた大島丈さんに激しく抱かれる① キスでとろける
挑発的な姿に目を奪われた大島丈さんに激しく抱かれる① キスでとろける
★★☆☆☆
投稿者:匿名
2017/02/21

途中までは、よかったのですが、ガーターベルトとショーツ、付ける順が逆だから、脱げないなぁ…って、思ってしまいました。
【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 黒王子の婚約者に犯されて…ダメッ…イク
【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 黒王子の婚約者に犯されて…ダメッ…イク
★★★★★
投稿者:りん
2017/02/21

< 購入者のレビューです >
少しきつい作品かも知れません。でも一歩間違うと、男性向け寄りになってしまう所を、うまく女性向けにもって行けてるなと思いました。翔太君の振り切れた演技にも注目です。翔太くん、大人になったねって思いました。ドS、鬼畜と重たい雰囲気が永遠続くのを、最終話でいっきに幸せモードにするには、相当な演技力が必要で、有馬さんだからこそ、可能だったのだろうと、思います。翔太君の鬼畜度がかなり高かった分、それ以上のものが無ければ負けてしまうから、有馬さん大変だったんじゃないかな。私が最終話で救われた気持ちになったのは、有馬さんの演技力あっての事だと思いました。有馬さんと翔太君の勝負、見ごたえありますよ。それに有馬さんのスーツ眼鏡姿はほんとに素敵なので、これも見どころのひとつです。まだの方は是非見てください。損はないと思います。

【独り寝のお作法】

145. 女性が性にまつわるアートを楽しむときに必要な「カルチャーという切符」


hitori

 今冬はド直球に性を扱うイベントが多いですね。日活ロマンポルノ製作45周年を記念した「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」については以前少しご紹介しましたが、現在は行定勲監督作品『ジムノペディに乱れる』が公開中、12月17日からは塩田明彦監督策人『風に濡れた女』に引き継がれます。関連したトークイベントなどもあちこちで開かれているようです。ぜんぶチェックできないほど!

 もうひとつの目玉は……といっておきながら、会期終了間近(2017年1月9日まで!)なのですが、東京・原美術館で開催中の「篠山紀信展 快楽の館」です。いわずと知れた大御所写真家が、女性32名+男性1名のヌードを撮りおろし。モデルとして参加しているのは壇蜜さんが最も有名ドコロでしょうが、messy的には紗倉まなちゃん、三上悠亜ちゃんあたりも忘れてはいけません。しかもその撮り下ろされた場所が、原美術館。1938年に建てられた西洋モダニスム建築の美術館で撮影をし、同じ場所で展示するという企画です。

 裸を鑑賞する=基本的にはひとりでする行為、という意識が私たちには根付いています。そこにエロスを感じるのはきわめてプライベートな体験で、さらにそこからマスターベーションなどの行為に発展する場合はますますその度合いが高まります。かつては成人映画やストリップなど大勢の観客が同じ裸を観る、という文化がありましたが、アダルトビデオが登場して自室のテレビでひとりで鑑賞するものへと変容し、スマホでも視聴できる現在においては、小さい画面と自分という、ミニマムな空間で鑑賞できるものとなりました。私もよく、布団にもぐり込んで観ていますしね。


女性が元気にはなってきたけど


 そんな鑑賞スタイルに慣れてしまった私たちにとって、そこに居合わせただけの、知らない人たちと一緒になって裸の写真を観るのは、とてもユニークな経験となりえます。

 ただ、こうした場では総じて女性のほうが活き活きしていますね。昨年に東京で、続いて京都で「春画展」が開かれましたが、そのときも「女性客が元気だ」という現象がメディアでも盛んに採り上げられました。私もその元気な女性のひとりですし、現場でもキャッキャいいながら鑑賞している女性グループ、お気に入りの作品にじっと見入っている女性の姿を多くお見かけしました。

 先日お伝えした、日活ロマンポルノを鑑賞するイベントも女性限定でしたが、チケットがすぐにソールドアウトになったと聴いています。女性のみなさん、張り切ってますね! トークイベントのゲストで著述家・ディレクターの湯山玲子さんも「女性がこうしてエロを愉しむために行動するようになったよね」といった主旨のことをお話をされていました。「ただし、“カルチャー”のチケットがあるものなら、ね」とつけ加えられたのが印象的でした。

 春画は「世界で認められた性の表現が、やっと日本でも」という触れ込みで大々的に展示されましたし、日活ロマンポルノも現在のAVとは違い、あくまで映画というフォーマットのなかに裸があり、濡れ場があり……という形なので芸術的、文化的と評されることが一般的です。実際、ロマンポルノからキャリアをスタートさせ、いまや名前の前に必ず“巨匠”や“日本を代表する”といったフレーズが付けられる監督も少なくないので、日活ロマンポルノはすっかりエロ遺産というより文化遺産として扱われるようになりました。

 この2ジャンルでもってすべてを語れるわけではないのですが、どちらも当時エロいとされた表現と、現在の私たちがエロいと感じるポイントがズレているからこそ、“カルチャー認定”できるのでしょう。春画に描かれた性器結合部を見て表現の豊かさに目を奪われても、それで濡れたり勃ったりする人は少ないと思われます。

 日活ロマンポルノも、本番行為が基本となっている現在のAVと比べると、そもそも性表現自体が控えめです。美しい表現だなぁ官能的だなぁと感じ入ることはあっても、そこから身体反応につながるような刺激を受けることは少ないでしょう。また、現在では許されないような差別的、女性蔑視的表現がちょいちょい挿まれることもあるので、「そういう時代だった」という理解のもと映画として愉しむ妨げにはならなくても、スケベ心は引っ込んでしまう……ということも度々あるように思います。


非現実的な空間でのヌード


 観た瞬間、自分のなかのエロと直結して濡れるだ勃つだの身体的反応をともなわないものに対して、私たちは「カルチャーという切符」を持ちえるのですね。エロいと感じないからこそ、アートよね芸術よねといって享受できる……いいとか悪いとかではなく、いまはそういう段階なのだ、と私は理解しました。

「篠山紀信展 快楽の館」においても、どのヌードも美しくエロティックなのですが、アートのまなざしで切り取られることによって、身体反応をともなうエロとは別モノになります。そもそもがプロポーションのいい……つまり生活感のない、造形として美しい裸体ですし、それが歴史ある建造物で撮影という非日常のなかでで撮り下ろされ、展示されているとなると、そのモデルが日ごろはAVで裸どころかセックスまで見せている紗倉まなちゃんや三上悠亜ちゃんであっても“ヌケない裸”になります。だから男女ともカルチャーというチケットを携えて、臆することなく堂々と作品と向き合うことができるのです。「快楽の館」という同展のタイトルとは裏腹に。

 くり返しますが、同展は会期終了間近。女性ひとりで鑑賞されている方もいれば、同性の友だち同士で、またはカップルで観にきている方もたくさんいました。知らない人たちとヌードを鑑賞する、という体験はなかなかに貴重なものですよ。ぜひ。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る