月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
2017.02.13.
オリジナル動画発売情報【2/15,17発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

2/15 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

2/17 金曜日

・黒王子と白王子~ドSと鬼畜~
 ……冷徹でドSな婚約者と仮面を被った鬼畜な弟に犯される主人公!陵辱の日々の先にある本当の愛とは…?
 
また、月曜日にコレみた?、金曜日に今週の勝負下着占い、土曜日にGIRL'S CHまとめが更新されます。
M☆S picturesは当面お休みさせていただきます。次回配信は未定です。

新着レビュー

同居をしているお義父さんに心を奪われてしまう② 腰を掴まれて奥を…
同居をしているお義父さんに心を奪われてしまう② 腰を掴まれて奥を…
★★★★☆
投稿者:11とくめい4
2017/02/21

すんごいストロークね、おマンコ壊れそう
オモチャと4本のチン○で責められてヘロヘロの松岡ちなちゃん
オモチャと4本のチン○で責められてヘロヘロの松岡ちなちゃん
★★☆☆☆
投稿者:くまちゃん
2017/02/21

確かに…男優さんは大きいと思うけど。ど~してもタプタプのお腹が気になるっ(笑) スッキリお腹で大きいならステキだったのに。残念(笑)
女性用グッズ開発の舞台裏?③ 違いを知る為にチン○も味わう
女性用グッズ開発の舞台裏?③ 違いを知る為にチン○も味わう
★☆☆☆☆
投稿者:匿名
2017/02/21

相手がタイプの男性じゃなかったら、断然おもちゃのほうが気持ちいいと思う。
挑発的な姿に目を奪われた大島丈さんに激しく抱かれる① キスでとろける
挑発的な姿に目を奪われた大島丈さんに激しく抱かれる① キスでとろける
★★☆☆☆
投稿者:匿名
2017/02/21

途中までは、よかったのですが、ガーターベルトとショーツ、付ける順が逆だから、脱げないなぁ…って、思ってしまいました。
【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 黒王子の婚約者に犯されて…ダメッ…イク
【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 黒王子の婚約者に犯されて…ダメッ…イク
★★★★★
投稿者:りん
2017/02/21

< 購入者のレビューです >
少しきつい作品かも知れません。でも一歩間違うと、男性向け寄りになってしまう所を、うまく女性向けにもって行けてるなと思いました。翔太君の振り切れた演技にも注目です。翔太くん、大人になったねって思いました。ドS、鬼畜と重たい雰囲気が永遠続くのを、最終話でいっきに幸せモードにするには、相当な演技力が必要で、有馬さんだからこそ、可能だったのだろうと、思います。翔太君の鬼畜度がかなり高かった分、それ以上のものが無ければ負けてしまうから、有馬さん大変だったんじゃないかな。私が最終話で救われた気持ちになったのは、有馬さんの演技力あっての事だと思いました。有馬さんと翔太君の勝負、見ごたえありますよ。それに有馬さんのスーツ眼鏡姿はほんとに素敵なので、これも見どころのひとつです。まだの方は是非見てください。損はないと思います。

【独り寝のお作法】

148. 2017年はバイブ初心者だけでなく、中級者に向けても積極的に発信します!


hitori

 新年あけましておめでとうございます。年末年始は実家で過ごし、初詣では親のとなりで「2017年も充実した性生活を遅れますように」と祈ってまいりました。おみくじを引いたら、吉でした。「願いごと」の項目には「早くすれば他人の助けありて調(ととの)う」とありました。待ちの姿勢じゃダメってことですね。今年もアグレッシブにバイブを試していきます!

 そしてその使用感も発信していくわけですが、どうやら一度立ち止まって考える時期に来ているようです。おみくじは早くしろといいますが、急がばまわれですね。「これまでの伝え方でいいのだろうか?」ーーこう考えるようになったきっかけは、2015年、2016年末の企画です。

【2015年末】
女性だけのショップを訪問。今年、女性に支持されたラブグッズを教えて!
【2016年末】
秋葉原のメガ・アダルトショップに聞く「2016年に売れた女性用グッズ」!




バイブコレクターも驚きのハード路線


 前者の「エムズ」さんは海外からの観光客も大勢押し寄せるオープンな大型ショップですし、後者のラブピースクラブさんは女性による、女性のためのショップ。客層はかなり違うのですが、どちらでもドイツ発のバイブブランド「ファンファクトリー」のピストンバイブが売れているのが、非常に気になるのです。

 ファンファクトリーはサイズやフォルムのバリエーションが豊かなら、価格の幅も広くて、いろんな人に手にとってもらいやすいブランドです。そのなかでも、歴代ピストンバイブはハイエンドモデル。しかも実にハードなんです!

 何がハードって、まず「大きい」んですよ。巨根感がスゴイんです。私、思うんですけど、ドイツの男性はそもそもサイズが大きいんじゃないですかね。

 同社は男性用のグッズも販売していて、一度それを手にとってみたことがあるのですが、挿入部がやはり大きいんですよ。で、バイブに目を移すと、先述したとおりサイズのバリエーションが豊富なのですが、大きいものはかなり大きい。ほかの欧米ブランドとくらべても大きい。ということで私がたどり着いた結論は、ゲルマン民族=ビッグサイズです。

 そのうえピストンバイブというからには、「突き」の動作があるわけです。バイブが伸び縮みするわけではなく、内蔵された磁石を上下に反発させることで「突く」動きを再現しているのですが、全体的に重量があるため、ひと突きひと突きが重いのです。子宮口を力強くノックされる感じ。

 ここまで読まれたバイブ未経験の女性は「私には無理!」と思われると思います。そうなんです、この手のバイブはラブグッズビギナーの女性にはオススメできません。まあ、時間をかければ挿入もできますし、ピストンをキモチイイと感じることもあるとは思いますが、その可能性が高いと思えないのです。いきなり超ハード級のバイブを試して「こんなのツラすぎ!」と思い、バイブ自体への苦手意識を強められては、私としては悲しすぎます。

 一方、こうしたバイブが売れているということは、「ハードなバイブを求める女性も、増えてきた」と解釈してもいいように思うのです。これまではラブグッズユーザーを増やしたくて、その入口を広げるべくビギナー向けグッズを推してきました。でも、すでに中級者に移行している女性たちが、思っている以上に多いのかもしれない……。



区分の基準は、選バイブ眼


 私はこれまで、「ビギナー向け」「中級者向け」といった言葉をボヤ~ンと使っていました。なんの定義もなく、ただ感覚で。でも、こうした背景を鑑みるに、一度その区分をはっきりしたうえで発信する段階に来ているのかもしれないと思った次第です。

 以上を踏まえて整理すると……

【初心者】 バイブを使ったことがない、もしくは自分で選んだことがない。自分で選んだ場合も、何を基準に選んでいいかがわからず、使ってみたけどイマイチだった……という経験がある人も含む。
【中級者】
バイブを使って気持ちよくなれることを知っていて、もっと気持ちよくなりたいので自分で選んで購入する意志がある。。安全に使うための条件(素材など)や使い勝手の条件(防水性や、充電式/電池式など)といった、自分の求めるポイントを抑えたうえで選択できる。
【上級者】
自分の好きなフォルムや質感、苦手なフォルムや質感などがはっきりしているため、購入時にハズシが少ない。ブランド、メーカーなどの特色を知り、そのうえで自分に合ったものを選択できる。


 ……こんな感じでしょうか。上級者女子がどれほどいるかはわかりませんが(笑)。己のバイブ道を極めていただければと思います! そして2017年、「中級者向け」のバイブも意識的に発掘し、発信していくつもりです。本年もどうぞよろしくお願いいたします!



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る