【独り寝のお作法】

18.乱交パーティ映画『愛の渦』を大プッシュ! ゲスな欲望と共鳴する喘ぎ声


 エッロ~いものを期待していました。もしかしたら、観ているうちにムラムラしちゃうんじゃないかという予感もありました。だって、その映画の主題は、乱交パーティ。東京・六本木にあるマンションの1室で開かれる「セックスがしたくてしたくてしょうがない人が集まるサークル」の模様が描かれているのですから。

 その夜も、相手を取っ替え引っ替えしながらセックスしたいという願望で、胸と股間をふくらました男性4人×女性4人が顔を合わせました。全編123分のうち、服を着ているシーンはたったの18分半。あとはバスタオルを巻き付けているだけだったり、もちろん真っ裸だったり……とにかくスクリーンが肌色! 個性派俳優さんから、これからを嘱望されるフレッシュな若手女優さんまでが、惜しげもなく脱いでいます。

 保母さんにOLに工場勤務に営業マンに大学生……普段ならまず顔を合わせることも言葉を交わすこともない人たちが、ただ欲望を満たしたいがゆえに集まっているのです。いくらセックスが好きでも、素性もよくわからない初対面の人と、しかも人の見ている前でセックスしたいとはなかなか思わないもの。ちょっとは願望がある人でも、それを実現させるために行動するには、少なくない勇気が必要です。だからこそ、自らの中にある特殊な欲望を素直に認め、それを満たすために行動もする彼らは、潔く、一本筋が通っているように見えます。

 共通点はただひとつ、“スケベである”ということ。本格的に乱交が始まる前は雰囲気がややぎこちないものの、交わされる会話はすでにゲスいです。「みなさん、スケベなんですよね?」「すごく大きいですね」「私とヤリたいですか?」「むちゃくちゃヤリたいっす!!」ーーうん、ストレートでイイ! 遠回しに駆け引きをしたところで、欲望をむき出しにすべく用意されたこの空間にあっては、全くの無意味。真っ向からスケベ心をぶつけ合うほうが、ここでのマナーに適っているのです。

 第一、空間がゲスいですもん。メゾネットタイプのそのマンション自体は高級なんでしょうし、調度品もなんとなくゴージャス感じ。でも、プレイルームには、ででんっ! とベッドが4つ並べてあるだけ。セックスのセの字も知らない子どもが見ても、本能的に「いかがわしい!」と感じますって。

 こんな場所にいると、隠せるものも隠せなくなってくるようです。散々彼らのことをゲスいゲスいと前述しましたが、そんなのまだまだ序の口でした。目当ての相手とセックスできなかったからといってキレたり、彼女が他の男性としているのを見て激昂したり(←自分から他の男とヤッてこいって言ったくせに~)、身体的特徴をあげつらって嘲笑したり……。なんとも、えげつない。でも……どこか滑稽で、憎めないんですよねぇ。なりふり構わず欲望を追求する姿に、微笑ましささえ感じるようになるから不思議です。

思いっきりアンアン喘ぎたい!

 一方、セックスをしている彼らの姿は、とてもまぶしいものとして、私の目に映りました。名前も知らない異性の身体の一部を迎え入れ、または自分の身体の一部を挿入し、汗で全身を濡らしながら、身体と身体をぶつけ合う。なんて、ひたむき! 一心不乱に快楽をむさぼる彼らの放つ熱量に、圧倒されます。そして印象的なのは喘ぎ声。最初は一組から、そしてまた別の一組から、さらにそこに重なるようにして別の一組が……。共鳴する喘ぎ声が興奮を呼び、快楽を増長させ、部屋全体に満ちていく様子は、とてもプリミティブで、かつ祝祭的なものに感じられました。

 みなさんは、セックスの時どんなふうに喘ぎますか? 声の大小も人それぞれだし、仔犬の鳴き声のようにアンアン喘ぐ人もいれば、すすり泣くような声を出す人もいる。でもぶっちゃけ、声をまったく立てずにセックスすることも可能ですよね。「感じても声出しちゃダメ」プレイはありがちですが、男性の思惑とは正反対に、喘ぎ声を殺すことは女性にとって難しいことではないと思います。まあ、吐息ぐらいは漏れるかもしれないけど……。女性にとっての喘ぎ声って、パートナーを、そして何より自分自身を盛り上げる“演出的”要素が強いのではないでしょうか。

 同作品では、意外な人が意外な喘ぎ声をあげます。自分の中に巣食っている屈託を大きな声で祓うと同時に、快楽に没頭するため自分自身を励まし、後押ししているような……私はそんな印象を受けました。誰に何と思われようとおかまいなしでアンアン喘ぐって、気持ちよさそーー!! 羨ましいかぎりです。

 さて、ここでバイブコレクター的余談をひとつ。乱交パーティを盛り上げるための小道具として、バイブレーターが数本、登場します。そんなにきっちり映ったわけではないので、見極めるのが難しいのですが、たぶん1本はコレだと思うんですよねー。

  曲線的でかわいいフォルムのラブグッズが揃う「PicoBong」シリーズのアイテムで、初心者でも使いやすい1本タイプです。国内外の素敵なブランド・バイブがたくさん販売されている昨今にあっても、「お洒落すぎて、エロい道具だってわかりにくい」という理由から、こうした映像作品では、古典的でベタなバイブが使われるのが通例。女子目線のバイブが当たり前のようにこの手の映画に登場するのは、まだまだ先のことのようですね。残念な話です。

綺麗な色合いが特徴。PicoBong「イニィバイブ」

 123分という、ちょっと長めの上映時間。そりゃムラムラする時もありましたが、強烈な喘ぎ声に驚いたり、露骨なセリフに微苦笑をしたり、ゲスい台詞に眉をひそめたり、気持ちよさそうに腰を振る姿を羨ましく思ったり……あ~、忙しかった! 観終わった後は、自分もそのサークルに参加して、一晩中、大騒ぎしたかのような気だるさが身体に残りました。そういう倦怠感って……悪くないですよね。

愛の渦

3月1日より、テアトル新宿他にて公開。もちろんR18指定。

原作・脚本・監督:三浦大輔

出演:池松壮亮/門脇 麦/新井浩文/滝藤賢一/三津谷葉子/窪塚洋介/

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/04/16 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★★★☆☆

    微妙です。なんか、罵り合うシーンとか見たくないし、えげつないのは嫌いです。
    それに、あまり大声でアンアン喘ぐのも、私は好きじゃない。もれる感じに声が出る方が、本当に感じてる感があるし。

    って、えっ‼︎ 窪塚洋介、出てるの⁉︎

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

掲示板

  • 欲求不満(1)
    不倫
  • 欲求不満(´・ω・`)(58)
    エロ小説か何かで、「私、ピル飲んでるから大丈夫」みたいな話があって、 ワンナイトする人はそういうパターンがあるのかと思っていました。 中絶も20歳前後が多いと思いきや、40歳以降の夫婦でも思いがけずというのが 意外とあるらしいです。 セフレほしいけど、もめると最悪は事件に発展してしまいますし…。 動画見て一人で慰めてます。 夫としたときのドクンドクンが好きだったけど、ピクリともしなくなって久しいね~。 もうずっとレスですけど。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る