月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【独り寝のお作法】

21.最先端エロスを見て、触れて、感じる「ラブグッズ展示会」に行ってみた!


 2月28日~3月2日までの3日間、東京・有明でアダルトグッズの展示会「PINK TOKYO」が開催されました。ロサンゼルスやアムステルダム、ベルリン、香港……海外ではグッズの展示会定期的に開催されていますが、一介の会社員が仕事を休んで遠征できるわけもなく、そして日本ではあまりその種のイベントは行われず、バイブコレクターを自称する身としてはとても口惜しい思いをしていました。が、ついに日本でも! ということで勇んで行ってまいりました。

 今回のお供は、ホモくんーーゲイの青年です。初めて会ったとき「ホモくんです」と自己紹介され、「えっ、実際ホモなの?」「はい、ホモです」という会話を交わしたのも懐かしい思い出。そんなオープンマインドな彼と共に会場に足を踏み入れると、小躍り必至の光景が広がっていました。右を見ても左を見ても、アダルトグッズ。しかも世界の最先端のものばかり! 終始、垂涎状態だった私ですが、その中でも特に目を奪われたアイテム&現象をお知らせします。

女性向けグッズ

 新しモノ好きの私がまず喰いついたのが、「G-Kii」。ぐにゅ~っと曲がるんです。

 角度を調整して好きなところに当てられる……という仕組み。「中で感じたことがない、イッたことがない」「ぶっちゃけGスポットってどこ?」という女子のみなさまには、 微調整しながら感じる場所を探っていただきたいですね。グキグキッとぎこちない動きではなく、無段階の滑らかな動きで角度を変えられるのがポイントです。

 ちなみにこちらは、英国のハイクオリティ・バイブブランド「Je Joue」の新作バイブです。このマットで上品な紫色は日本にない感じですねえ。女性だけで運営するセックスグッズストア「ラブピースクラブ」の展示ブースで見つけました。同ブースではフランス発、激カワイイ膣トレグッズを見つけたので、写真をご覧ください。サイズが程よい感じ!

男性向けグッズ

 女性向けwebサイトであるmessyでは、これまで男性向けは紹介してきませんでした。他の媒体で取材することはありますが、そのデザインや機能に思うところはあっても、何しろ自分でそれを体験できるわけではありません。でも今回はホモくんがいます! 残念ながらモテないようで、若き身体に蓄積される欲望を発散する道具として、TENGAをこよなく愛する青年です。

 まずは“性家電”という新しいコンセプトを打ち出した「A10サイクロン SA」。たしかに外観はパナ●ニックの家電製品のように見えますが、れっきとしたオナニーマシーンです。 この中に、オナホール(柔らかい素材でできた筒型の女性器もどき)をセットすると、ぐるんぐるん洗濯機のように回転して、チ●コを刺激するという代物。興味はあるものの「でも3万円はさすがに手が出ない……」とホモくんは意気消沈していました。バイブでも2万円近くする高額商品があります。品質や性能を見ると「高すぎる!」とも言えないのですが、私もさすがに即決はできません。

 おまけにこの性家電は、根元まで完全に挿入して使うので、外からはチ●コに何が起きているのか全く見えない……。つまり、“ふたりで愉しむ”という要素は皆無。100%オナニーだけのためのグッズなのです。となると、そこに3万円を出せるのってどんな人たちなんでしょうね? とても気になります。

 そんな個人的好奇心はさておき、注目すべきは、家電ぽいシンプルデザインです。一般的なオナホールは、男性の興奮をあおるため、女性器を連想させる形で、さらにパッケージには萌えキャラのイラストが描かれたものが主流です。しかも、どう見ても低年齢……。ロリ大国・日本を象徴するような存在です。が、全ての男性がそうではない。まして、ホモくんのように女性が性の対象でない男性も多いとなると、こうしたデザインの存在価値が自ずと見えてきます。

 一方、男性用グッズをドイツが作ると「Fun Factory」のようになります。

 まるっこいフォルムで、ミニカーっぽいデザインは、日本のそれとは明らかに趣きが違います。「亀頭の先端に振動で刺激を与えるもの」と説明を受けましたが、指を入れたホモくん曰く、「うん、ドイツ人なら亀頭だけだろうけど、日本人はもうちょっと奥まで入るだろうね」と。なるほど、サイズ問題ね。実際、この「Fun Factory」は女性向けのバイブも充実していますが、そちらも全体的にかなりビッグです。

カップル向けグッズ

 華やかなブースが立ち並ぶなかで、ひと際、目を引いていたのがカラフルなバスグッズ。香りによって色が違います。ディスプレイすると、なんてかわいい!

 もちろん単なる入浴剤ではありません。お風呂用のローションで、湯に溶かすと表面が泡あわに! そしてお湯の中は、あったか~くて、ぬるぬる。ふたりで中に入って身体をすり合わせると気持ちよくて、エロい気分が盛り上がるような、それでいてほっこりするような、つまりふたりの仲が深まることは間違いありません。全色揃えて「今日は、どれにする?」と声をかけあえば、一緒にお風呂に入る機会も増えそうです。

エロメン旋風に巻き込まれた!

 今回の展示会で、最も強く体感したのが「エロメンブーム」のアツさ! 一徹さんを筆頭としたエロメンの人気はもはや常識で、今更語ることではないかもしれませんが、会場でエネルギーが渦巻いているところがあって、そこに目を向ければエロメンと女性ファンがいる……という状態でした。

 ショーケースにバスローブ姿のエロメンが入って、写真撮り放題。しかも、時には上半身裸のサービス付き♡

 販売ブースに目を向ければ、スタッフユニフォームを着て商品をアピールする様子が、とてもフレンドリー。こちらも写真撮り放題! なんて気前がいいんでしょう!

 ホモくんと並んで、ミーハー丸出しでスマホのカメラを向けました。「桃子と来てよかったよ、俺だけだったら男ひとりでここに入っていく勇気ないもん」とひとこと。そうだね、エロメンの後押しもあって、今はこうして女性が明るく性を愉しめるようになってきたけれど、LGBTのみなさんにとってはまだ扉が開かれていない場面ってものすごく多い。ゲイカップル向け、レズビアンカップル向けの商品も多くあったし、第2回が開催されるのなら、そこにもっともっと光を当てるとより意義深い展示会になるのではないかと感じました。

 会場にはステージが設けられ、トークショーやライブなどが開催されていましたが、一部のトークショーを除いては、物足りないものばかりでした。B級アイドルのライブが、“おとなのエロス”なの? B級のよさもあるのはわかりますが、如何せんウルサイだけのステージで……。だったら女性の身体の美しさと、官能的な表現を追求したポールダンスやバーレスクを見せてくれたほうが、よほどエロスを刺激されるし、勉強にもなります。

 と、やや消化不良感があるものの、こうした展示会が開催されたことに、まずは意義がある。続けばもっといいけど、何しろ第1回。一度上がった幕がこのまま閉じずに、さらにグッズの世界の奥行きへと案内してくれることを願います。まだまだ未来のあるジャンルだと思うから! 私も微力ながらお手伝いできればなぁと強く感じたイベントでした。

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/05/23 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★★★☆☆

    私も、独身の頃はふたつ、みっつくらいグッズを持っていたのですが、結婚を機に、全部処分しました。
    結婚してからは、値段のことも含め、どうも買うに至りません。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る