【独り寝のお作法】

26.「バイブって買いにくい」…買いやすくなる方法をバイブOLが考えます!


 バイブとかローターとかローションとか、オモチャは総じて買いにくい!!  こんな「常識」を私はときどき忘れそうになります。自宅に150本超のバイブがあると、そこらへんの感覚が狂ってしまうようです。私はひとり暮らしで、バイブ収集していることは彼氏も知っています。かわいいデザインのものであれば、神経質に隠すこともせず、ベッド脇などに置きっぱなしにすることもあります。恵まれた……というか、特殊な環境にいます。  でも現実には、買いにくいどころか、「買えない」という方も多いのが実情。そんな方たちのなかに創意工夫で「手作りディルド」を作っている人が少なからずいることは、以前にお伝えしました。その話を聞いた瞬間、「バイブを買えばいいのに……」という考えがよぎってしまったのは、さながらフランス王妃が、その日のパンすら買えず飢えている民衆に対して、「パンがなければケーキを食べればいいのに」と言ったのに似ているのかもしれません。「いかに買いにくいか」「なぜ買えないか」に、すぐには考えが及ばなかったのです。

 家族に見つかったら困る、ネットショップに自分の個人情報が履歴として残るのがイヤ、近くに買えるところがない……買えないという人の数だけ、事情があるのでしょう。実際、私のもとにも購入にまつわる質問がよく届きます。

 宅配便で届いたとき、受け取った家族が先に開けてしまうのではないかと心配する人には、「コンビニ受け取りという方法もありますよ」とアドバイスしますし、宅配便のお兄さんに中身が何かバレるのではと危惧する人には、「送付先がショップ名と違う名前(たとえば会社の名前)になっていることが多いですし、品名も“化粧品”“アクセサリー”と記されるのでわかりませんよ」とお知らせすることはできますが、それでも最悪の事態を想像して、二の足を踏む人が多いようです。

 幅広い層の女性にラブグッズに親しんでもらいたいと考えている私としては、「欲しいのに買えない」人が少なからずいるというのは、とても切ない状況です。興味はあるけど「なんとなく」買えない、買っていないという人もいます。何をどうしたら、そんな女性たちが「よし、買ってみよう!」と購買を決意してくれるまでになるのでしょうか?

女性が買いやすい環境って?

 先日、「INFAMOUS COLLECTION」というフェティッシュファッション&アイテムの展示会が開かれました。最先端のラバーファッションから、すごくファッショナブルなラブコスメ、最新ラブグッズまでが揃い、もう夢のようにすてきな展示会だったのですが、そこでトークショーも開催され、「ラブグッズの展望~トークでひも解く、最新ラブグッズの情報から販路の展望まで~」というテーマで、私、桃子もお話してきました。

 一緒にお話したのは、ラブライフアドバイザーのOLIVIAさん、高感度のアダルトグッズを取り扱う「ロイマリーズ」の代表、SAYURIさん。いや~、ど美人ふたりに挟まれちゃって、恐縮しごくではありましたし、私は言ってみれば1ユーザー。“展望”というより、こうなったらいいな、こうしてくれると嬉しいなという“希望”をお話することしかできないなぁと思いつつも参加したわけです。

 当連載でも紹介している通り、今は素敵なデザインのグッズが増えていて、一見して「エロいことに使うグッズだ!」とわからないものも数多くあります。でも、それでもラブグッズは「得体の知れないもの」。自分の目で直接見たこともなく、触ったこともないそんなものに、いきなりお金を払うのは、それなりに勇気を必要とする行為です。

 まあ、服でも靴でもそうですよね。ネットでいくらでも変えるけど、やっぱり試着しておいたほうが「あー、なんでこれ買っちゃったんだろ」と後悔するような失敗は避けられる。でも地方だと、そもそもそのショップがなければ試着は叶わないし、オトナのオモチャ触って、吟味しているところなんて見られたくないよ! という気持ちもわかります。難しいですね~。

 OLIVIAさんからは「ブラジリアンワックスのサロンなど、話しやすい場はある」という提案があり、SAYURIさんは「ヨーロッパでは高級ブティックでラブグッズが販売されていたり、なんと空港内にショップがあったりする」と、グッズを買えるお店が都市の一部に溶け込んでいることを教えてくれました。そういう環境になっているなら、自然体でさらりとショップに入っていけそうです。

 日本でも当然、都市部にはショップがありますが、その大部分はとても入りにくいんですよね。それはお店自体がいかがわしい雰囲気に満ちているからだし、女性がそれを選び、買う姿そのものが、男性を「悦ばせて」しまうからでもあります。自分が、あるいはパートナーと一緒に気持ちよくなるために選んでいるのに、それを見知らぬ他人にオカズにされてしまうのは、とても不愉快なことです。そういえば私も、ショップで後をつけられたことがあります。これは単純に恐怖です。

 女性だけでグッズに見て触れて購入できる空間が大切だと切に感じます。でも、そういう場ができたとして、コソコソするのもなんだかなぁ~って感じですよね。昨年、森美術館で開かれたいくつかの展示会で、R18の一画が用意されていました。セクシャルなテーマのアート作品が展示されていたのですが、そんな試みを美術館で見たのは初めてで、とてもワクワクしました。そこに入っていくことが、「卑猥なものを見たいがための、いかがわしい行為」ではなく、「そこにあるものを理解できるオトナだけに許された、ちょっとした特権的行為」に思えたものです。

「その空間に入って、女性がグッズを買う」ことに、この種の特別感が加わればなぁと思うのです。私が知る限り、そういうショップも1カ所だけありますし、現にそこに行くのは私にとって気分がアガることです。そういう女性の心情がわかったショップがweb通販を展開すれば、そこで販売されているものは信用度が高いと感じられるし、地方の人も買いやすくなるように思います。そんな場所が増えたら……というのは、理想論にすぎないのかもしれませんが、切に願うことでもあります。

 こうやって考えながらも、「でも私、バイブに関してはもう感覚がズレちゃっているのかも」という懸念が拭えないのも事実。長々と書いたうえに、最後にお願いしちゃうのもナンですが、よかったらユーザー女子としての率直な意見&アイデア、教えてください!

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

掲示板

  • 欲求不満(1)
    不倫
  • 欲求不満(´・ω・`)(58)
    エロ小説か何かで、「私、ピル飲んでるから大丈夫」みたいな話があって、 ワンナイトする人はそういうパターンがあるのかと思っていました。 中絶も20歳前後が多いと思いきや、40歳以降の夫婦でも思いがけずというのが 意外とあるらしいです。 セフレほしいけど、もめると最悪は事件に発展してしまいますし…。 動画見て一人で慰めてます。 夫としたときのドクンドクンが好きだったけど、ピクリともしなくなって久しいね~。 もうずっとレスですけど。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る