月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【独り寝のお作法】

32.クスコを入れたがる…。愛情を盾に変態プレイを強要する男にNO!!


 私が悩み相談をされる中でダントツで多いのが、「どんなバイブを買ったらいいのか?」というもの。男性の場合は、「私ではなく、彼女に直接聞いてください」とお返事します。そのパートナーがグッズを使ってみたいのかどうか、そこから聞いてOKをもらったら、そこから「どんなのがいい?」と一緒に選ぶのがベスト。ショップに行くのが難しければ、2人でネットを一緒に見ればいいだけです。

 自分のセンスで買って、相手を驚かせたいという気持ちがあるようですが、そもそも男性のセンスって信用できませんよね(笑)。ラブグッズに限らず、バースデイプレゼントやクリスマスプレゼントなど、彼がセンスを発揮するほどトンチンカンなものになったり、無難すぎるものになったり……。

 たしかに、直接聞くのも無粋なもの。そこで、ネットや雑誌でいろいろリサーチするのは微笑ましですが、「ほかの女性に聞く」となると私はNGです。それ自体が、男性とその女性とのプレイだとしか思えない。そこに彼女は不在です。グッズでも同じこと、「桃子っていう人から教えてもらって買ったんだ」と言われても……ねぇ。第一、私は彼女のことを全く知りません。情報がないと、女性好みの素敵なデザイン系グッズを勧めることになりますが、エグい系が好きな女性もいます。でもそれを「俺の彼女、エグいのが好きなんですよ」と男性から言われても、それはあなたがそう思いたいだけで、彼女の本心かどうかはわかりません。

 ラブグッズは、女性の最もデリケートな部分に使うもの。下手すると苦痛を与えかねないものなので、だったら余計に、彼女が「これなら大丈夫そう!」と思えるグッズを一緒に選ばないと。安易な気持ちで聞いてくる男性は、そのコミュニケーションを疎かにしているだけです。聞いたうえで、「彼女もどんなのがいいのかわからないらしい」ということであれば、いくらでも相談に乗りますよ! そもそも、同じ相談を女性から受けた場合は、「どんな感じのものを使いたい? サイズは? 固さは? そもそも目的は?」といろいろ聞いたうえで提案しますから。

 しかし、先日受けた相談は、「彼氏が道具を使おうとするのが困る」というものでした。これはバイブコレクターとしては聞き捨てならない! そう思って詳しく聞いてみると、彼が使いたがっている道具とは「クスコ」でした。これは、本来は医療器具のひとつで、膣に挿入して大きく開かせ、中の様子を観察するためのもの。ですが、SMグッズとして使われることもあります。恥ずかしい部分を見られる、というのがプレイになるようです。

 私も婦人科の検診でクスコを使われたことがありますが、気持ちいいとはほど遠いです。検診台に座り、緊張で身を固くしていると脚も強ばります。冷たい金属の感触でさらに身を固くして……。それで余計に痛くなるのはわかっているのですが、どうしても力が抜けません。検診なら仕方ないですが、お互いに気持ちいいことをし合うためのセックスで、これを使われる理由がわかりません。お互いがそういう性的嗜好の持ち主なら、高度なプレイとして楽しめるのでしょうが、そうでない人にとっては苦痛でしかないでしょう。

強引男の脅迫への対抗策は?

 「なんでも入れてみたい」「彼女がどう反応するのか見てみたい」という男性の好奇心、本当に厄介! 以前も、スプレー缶や電球を入れる「異物挿入」について触れましたが、よほどの場合を除いて気持ちいいわけがない。男性の好奇心を満たすために、女性の身体が使われるのでは堪りません。好奇心ではなく、本気でそういうプレイをしたいのであれば、段階を踏んで彼女を説得し、理解してもらう必要があります。

 その彼は、そういう誠意は見せてくれないようでした。もともとオラオラ系で、日ごろから強引なプレイが多い人物とのことで、他にもアナルセックスをしたがっているとか……。これだって、きちんと手順を踏み、時間をかけていかないと、女性が怪我をします。ちょっとローションをつけて、いきなり挿入というものではありません。それなのに、彼女が拒否するたびに彼は不機嫌になり、そんな態度がまた彼女を傷つけます。「どこまで彼の欲求に応えられるかで、愛情を試されている気がする」とも言っていました。  それはもはや「脅迫」です。愛情を人質にして、プレイを強要する。ましてそのプレイは、女性が痛い思いをする、身体が傷つく可能性があるものばかり。そこは気にかけず、「俺を愛しているなら、俺の好奇心を満たせ」というのは、ただの脅しです。これで十分、別れる理由になると思うのですが……。そう簡単に割り切れるものでもないのが男女というものなのでしょう。彼のことは好き、でも彼のプレイはいや。そのジレンマに陥っている彼女は、とても痛々しかったです。

 こうなるともう、「きっぱり伝える」しかないというのが、私からの回答です。正論すぎますし、「それができないから困っている」というのも承知のうえで、でもこれ以外に解決の道はないと考えています。彼女はこれまでにも拒絶してきたといいますが、実際はベッドの上でのらりくらりと、かわしてきただけでした。これは、はっきりいってヌルい。理解に苦しむ話ですが、「いやよいやよも好きのうち」と思っている男性は、女性が思っているより多いものです。もしくは、「やってみたら○○も気持ちよくなるはず」……その前に恐怖心があるのに、気持ちよくなれるという発想がもう意味不明です。

 この話をする場として、ベッドはふさわしくありません。「いやよいやよ」だとしか思われないからです。ちゃんと正面から話ができる環境で、きっぱりNOと言う……けれどその前に、伝えるべきことがあります。それは「あなたのことは好きなんだけど」ということ。これをしつこいくらい強調したうえで、「でも、あなたがしたがっているプレイは、私自身を傷つけることになりかねないからイヤ」「それでも望まれると、あなたのことまでイヤになりそう」……という三段論法を畳みかけます。

 正直、めんどいです!! 自分の身と、2人の関係を健気に守ろうとしている女性が、男性にそこまで気を遣わなければならない。そうでなければ、彼への気持ちと、自分の安全が両立できない……。気持ちがあればこそ、こんな面倒にも耐えられるのでしょうが、そこまでして彼とつき合い続けたいのかどうかは、考えどころですね。男性側にもう一度、理解するためのチャンスを与えてあげようという、優しさがないとできない行為だと思います。私だったら……やっぱり別れちゃうかなぁ。

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/07/28 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★★★☆☆

    そういう非常識な男性は、わたしも許せません!

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る