月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

新着レビュー

【東京ティンティン+】混浴温泉で一夜の恋に落ちる② 快楽に激しく絶頂する
【東京ティンティン+】混浴温泉で一夜の恋に落ちる② 快楽に激しく絶頂する
★★★★☆
投稿者:あい
2017/05/22

女の人の顔があまりよくない。
貞松大輔さんとドキドキなハメ撮りの最後は…① イチャイチャ愛撫
貞松大輔さんとドキドキなハメ撮りの最後は…① イチャイチャ愛撫
★★★★★
投稿者:匿名
2017/05/22

まなちゃんと貞松さんコンビやばい!!←
諦めない男 ~受付嬢編~
諦めない男 ~受付嬢編~
★★★★☆
投稿者:はるか
2017/05/21

< 購入者のレビューです >
絡みはこのシリーズの中でダントツいい 北野くん本当に演技上手になったなーと思うし 女優さんも可愛くて綺麗ですごくいい でも顔射必要?(笑)
禁じられたPassion ~許されない恋に溺れた私~ 完全版
禁じられたPassion ~許されない恋に溺れた私~ 完全版
★★★☆☆
投稿者:匿名
2017/05/21

有馬さんの方が好きなんだけど、この動画は麻生くんのエッチの方が好き。 ネタバレになるから詳しく書けないけど、麻生くんのエッチはお互い気持ちよくなりたい感がすごく出てる! でもなごみ、振られたからってそんなにすぐ他の男の告白受けるの? AVならではの気持ちの切り替えの早さ、ある意味羨ましい。
黒田悠斗さんとの関係は秘密だけど二人きりの今は② 職場でエッチ
黒田悠斗さんとの関係は秘密だけど二人きりの今は② 職場でエッチ
★★★★★
投稿者:匿名
2017/05/21

女の子がかわいい☆ 椅子のギコギコも生々しくて良い(笑)! こんな風に激しく突かれてみたい~。

【独り寝のお作法】

43.色情狂女性がヒロインなのにコメディ!?『ニンフォマニアック』の中毒性


 映画館へ向かう道すがら、私は「そういえば今年はぜんぜん映画デートしてないなぁ」とぼんやり考えていました。 年始に彼とふたりで『ゼロ・グラビティ』を観にいって以来、とんとご無沙汰です。 ちなみにこの映画で私は盛大に宇宙酔いをし、内容はあまり覚えていません。 そろそろ寒くなってきたし映画デートもいいよねぇ、と思いながらも、この映画はひとりで観ようと最初から決めていました。自分がそれをどう受け止められるかわからなったからです。

ニンフォマニアック vol.1』ーー鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作とあれば、それだけでもう話題をさらうのは必至。 ただ……ファンの方には怒られるかもしれませんが、私個人としてはこの方の作品は絶望的な気分になってしまうことが多く、それほど好んで観たいものではありませんでした。 でも今回の作品は、セックスがテーマしかもニンフォマニア=色情狂の女性が主人公といいます。観たい。でも、怖い。 性における絶望って何なのかはよくわからないけど、とてつもなくも恐ろしいように思えます。

 そこで心の準備をすべく前情報をいろいろ集めたのですが、これが意外や意外、「ユーモア」「完全にお笑い映画」「ものすごいギャグのセンス」というフレーズが並んでいるのです。 レビューでも、公式HPにある著名人からのコメントでも、すでに観た人がSNSに書き込んだものでも、「笑い」の文字をたくさん見かけました。 もしかしてコメディなの? ラース・フォン・トリアーなのに? ますます混乱してきます。

 そんなわけで、私なりに覚悟を決めて観にいったのです。予想を裏切らず、陰鬱なムードのオープニング。でも話が進むと……思ったより健康的かも。そんな印象を受けました。 それは、主人公ジョーの若いころを演じる女優さん、ステイシー・マーティンの魅力によるものかもしれません。すっごくスレンダーで、インパラのように美しくてしなやかな身体。 小さいおっぱいも愛らしく(←実は貧乳好き)、おしりもキュッと小さくて魅力的。加えて、とんでもなく滑らかな肌! 妖精レベルのかわいいボディなんです。 欲情がおさえられずヤッてヤッてヤりまくる女性というから、どんな肉感ボディの女性が演じるのかと思っていたら、なんというか、とっても清らかな裸でした。

「nymphomania」は「色情狂」と訳されます。辞書にはさらに詳しくありました。いわく、「性の異常な性欲亢進。女性の色情症。異なる相手と頻繁に性行為を繰り返す。 性的満足を得ることよりも、自己のアイデンティティの確認などが目的と考えられている」……だそうです。

ストイックにヤリまくる

 とても感覚的な話ですが、「色情狂」「色狂い」というと、情緒的というか、逃れられない業のようなもの感じます。 自分で自分を止められない、なんともいえない狂おしさが漂ってくる言葉です。一方で「ニンフォマニアック」というと、ストイックなイメージ。あ、横文字に弱いというのは否定しません。 でも、辞書の説明にも〈アイデンティティ〉とあるし、どこかそれを見極める冷静さを残しているように見えるのです。

 実際、ジョーの行動は無軌道かと思えば、生真面目な面もあり、一晩で7~8人とセックスするために、スケジュールをきちっと組んでいます。 少女時代から性への関心がズバ抜けて高く、ロストバージンこそ不本意な結果に終わりましたが、ハイティーンになるころには友人と経験人数を競い合うビッチに育っていたジョー。 ただ、最初は自分の性欲のためというより、好奇心や友だちへの見栄で男を漁っていたように見えました。セックスの最中も無表情。 愉しんでいるようには見えなかった彼女にとって、いつからセックスが気持ちよく、なくてはならないものになったのか……については、いまひとつ読み取れず消化不良感が残りますが、 とにかくジョーはインフォマニアヘの道を着実に歩んでいきます。

 性欲に忠実で無心にセックスするジョーは、やはり清らかです。 ある男性に身体を洗ってもらっているときやオーラルセックスしてもらっているときの表情は、ただただ無垢だし、別の男と後背位で交わり、 ひたすら快楽をむさぼっているときの顔もまた動物的で無邪気です。母親を信頼しきって身を預けている子どものように、快感に身をあずけきっている……それでいながら、 ストイックな求道者のように見える瞬間もあり、これはやはり〈色情狂〉ではなく〈ニンフォマニア〉なのだなと納得しました。

 セックス抜きで人間関係を築けないジョーと、家族愛・夫婦愛・男女間の愛があるものと前提している世間とのあいだにあるズレ。そこに笑いが生まれます。 また、本作は中年になったジョー(シャルロット・ゲンズブール)が自身の半生を話して聞かせる形式で進みますが、聞き手となるのは、行き倒れていた彼女を助けた初老の紳士。 ふたりのあいだで交わされる会話は教養にあふれとても高尚なのですが、語られている内容は〈セックス〉……という、身も蓋もなさ。 そのズレがまた笑いを誘いますが、同時に不協和音を聞かされたときのような、居心地の悪さも感じます。

 そのざらざらとした気持ちがvol.02に繋がっていくんだろうなぁ、と期待しながら観たエンドロール。 鑑賞前に、絶望でドン底な気分になるのではないかと危惧していたことを、私はすっかり忘れていました。いろんな違和感がクセになるエンタテインメント。 この秘密めいた楽しみをひとり占めしたいので、続きもやはり、ひとりで観ようと心に決めました。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る