月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【独り寝のお作法】

44.「ブスやババアはセックスを語るな」という風潮がイヤすぎて、決めたこと


 前々回のコラム「〈元AV女優〉の過去を暴き、女性を記号まみれにして大悦びのオジサンたち」には、 コメント欄でもSNSでもいろんな意見が寄せられました。 さすがは世間の耳目を集めた一件だなと実感する一方、それから3週間ほどが経ち、もうほとんど話題にのぼらなくなったことに、消費の早さを感じてもいます。

 イナゴの大群のように一瞬にして喰いつくし、次なるネタに移動していくそのスピードにポカンとすると同時に、 私自身に対しても「自分だって、記号を利用して商売をしている」という意見が寄せられたことに驚きました。「OLです、バイブコレクターです」というのは、ただの属性です。 自己紹介です。本人がそう名乗るのと、それを勝手に記号化し、消費するのとはあきらかに別のモノではないでしょうか。

 「職業はナースです」といったそばから、「ナースってエロいよね」とポルノによってさんざん記号化されたイメージを押しつけられたら、とても不快だし理不尽です。 もっというと女性が自分から「私は性に奔放」と公言したからといって、それをビッチと記号化して「だったら何やってもいいよな」という目で見ていいわけではありません。 極端なたとえかもしれませんが、こういう考え方は「露出度の高い服を着ている女性は、痴漢されても仕方がない」というのと等しいように見えます。

 ただ、個性や属性を明らかにするほど、記号化され、消費されやすくなるのはたしかです。消費のなかには、バッシングも含まれています。 私はオープンにしている情報がとても少なく、年齢も公開していないし顔も出していません。媒体に掲載される写真は顔の下の部分だけでトリミングするか、仮面をつけています。 それなのになぜか「BBA乙」とか「本当はブスのくせに」とか、そんな声がたびたび寄せられます。そう思うには何かしらの根拠があるのでしょうし、そこに反駁する気はありません。 ババア&ブスだと思いたいなら勝手にそうすればいいと思うだけです。これは記号化でも何でもなく、ただの幼稚な悪口です。

容姿も年齢も関係ないのに

 けれど、こういう発言の裏には「ブスやババアはセックスを語るな」という苛立ちが隠されているのではないかと気づいたとき、とてもイヤな気持ちになりました。 若い美人が性を語る……たしかにとても絵になります。エンタテインメントの世界では、それが第一条件なのも承知しています。

 ずいぶん以前に『人のセックスを笑うな』という小説を読みました。映画化もされたヒット作なので、ご存知の方も多いでしょう。

 19歳の専門学校生クンと、39歳の女性教員との関係を描く恋愛小説ですが、その女性はきれいでも何でもない中年女として描かれていました。 でも、その人なりのチャーミングな面に惹かれて、専門学校生クンは彼女と関係を持つ……という内容だったと記憶しています。 カサカサのかかとを愛しく思うシーンもあったような(うろ覚えですみません!)。そんなところをかわいいと愛でてもらえるって、すてきですよね。

 でも、映画化されたときにその中年女性を演じたのは、永作博美さんでした。年齢よりずっとずっと若く見えるベビーフェイスの代表格。 これほどまで年齢を感じさせない美人を前にしたら、19歳の少年でも惚れて当然でしょ、と鼻白んでしまいました。 映画はビジネスですから当然のキャスティングだと思いながらも、これでは不美人な中年女性に惹かれる少年の機微も見えなくなってしまうと感じたものです。

 容姿がどうでも〈性〉と無縁の人はいません(毎度くり返しますが、「セックスしたくない、興味がない」も性との関わり方だと思っています)。 そのうえ女性は年齢によって肉体やライフステージが変わるとともに、セックスとの関わり方も変容します。 自分がその年齢になったときどう感じるのかについて知りたいし、情報も得たいので、 年配女性にもどんどん発信していただきたいと考えていますし、できれば自分も継続して発信していきたいです。

 発信する人がいて、受け取る人がいる。そこだけで完結されていればいいのですが、それ以外の人から「ババア」「ブス」などと子どもっぽい茶々を入れられることがあるので厄介です。 それは女性の性を「俺らを楽しませてくれるモノ」としか見ていないことの表れです。 だったら無視すればいいじゃん、ということなのでしょうが……でも、これが度重なると、どうしようもなく心が折れてしまうのも事実です。

 ということで、いっそ悪口を誘発する要素も封印してしまおうと思うにいたりました。年内をかぎりに、仮面であろうと写真であろうと人前には出ないことに決めました。 そのほうが、届けたい人たちにシンプルに物事が伝わる……かもしれないし、そうではないかもしれない。 それはやってみないとわからないけど、身を守り傷を避けながら発信していくための、ひとつの選択だと思っています

 年齢も顔もすべて公開し、悪口だってパワフルにはねのけ、賢く、たくましく発信している女性も大勢いるなかで、私のこの判断は消極的すぎるかもしれません。 でも、みすみす悪口で消費される側にいきたくないというのも本音です。どこまでできるかはわかりませんが、ひとつの実験として、やれるところまでやってみようという所存です。

このコラムへのレビュー(4件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2015/01/08 投稿者:美雪
      
    おすすめレベル:★★★★★

    桃子さんの考え方に強く同感しました。色々な人のいる世の中でセックスにしろ何にしろ自分の意見を表現するって凄く難しいし大変なことですよね。その中で最後の記述、「年齢も顔もすべて公開し、悪口だってパワフルにはねのけ、賢く、たくましく発信している女性も大勢いるなかで、私のこの判断は消極的すぎるかもしれません。」というのに対して、私は身を守ることが悪いことだとは思いません。自分の人生は他人に迷惑をかけない限り自分のものですもんね。私は桃子さんがこのように自分の思いを言葉で正々堂々表現していることに感動しました。このコラムを読んで私も色々と考えさせられました。同時にこのようにしんの強い方のもっといろんな記事を読みたいと感じました。応援しています。頑張ってください。

  • 2015/01/08 投稿者:みうみう
      
    おすすめレベル:★★★★★

    「普通の女」がセックスを語るということは、本当に難しい。
    フェミニズム論やジェンダー論を超え、女が「消費される側」ではなく「消費する側」としてどのように性的に成熟していくのか、個人的にはとても興味があります。
    だからこそ、桃子さんが今のままのスタンスでこのコラムを書き続けていくことに意味があると思いますよ。

  • 2014/12/19 投稿者:ユキ
      
    おすすめレベル:★★★★★

    同じ女性として応援してます。負けないで!

もっとみる

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る