月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【独り寝のお作法】

45.食べてイク女性がいる!? 演技なのかガチなのかを本気で検証してみました


 ハイカロリーの食品を食べると性的興奮を覚え、オーガズムに達する女性ーー そんなビックリ記事を見つけました。 米国人女性・ガビィ・ジョーンズさんの体重は270kg!  記事によると彼女は、自分が高カロリー料理を食べるながらイク様子を、動画で公開しているのだとか。それはぜひ見たい……と思ったのですが、発見できませんでした。 閲覧にはお金を払わなければいけない(それが彼女の食費となる)ようなので、きっと一般に公開されてはいないのでしょう。

 ガビィさんは、とってもチャーミングです。そして太っている自分に誇りを持っています。 別の記事では「私の身体って、肉感的でセクシーでしょ。 太った身体はアート作品なの。自分自身で最高傑作を作り出しているのよ」と語っています。そして、ヘソ出し……というかお腹全開のセミヌードも披露しています。 エロティックと感じるかどうかは人によって分かれそうですが、キュートで力強いです。

 でも、いくら好きな食べ物でも「食べて、感じて、イク」とは、にわかに信じがたい……。おいしいものを食べて興奮する経験は私にもありますが、それは性的興奮とは明らかに違います。 記事では、医師による検査を受けた結果「めずらしい病気と判明した」とありますが、本当なのかなぁ?? 彼女の魅力とは別に、これには半信半疑です。

 それとも「女性はイッたふりをする」というのが、ほぼ当たり前のこととして定着しているのは、日本だけのことなのかしら?  だから、視聴者の男性は彼女のオーガズムを見て「これは演技」だとは思わないのかしら?

 ここmessyでもたびたび取りざたされている「イッたふり」問題。 雑誌のセックス特集に付き物のアンケートを見ても、日本では演技をする/したことがある女性のほうがマジョリティだとわかります。

 いまでは「イッたふり・感じる演技をしても自分が疲れるだけだし、セックスが面白くなくなるだけ」と考えている私ですが、よくわかっていない時期もありました。 そもそも10代のとき、ロストバージンを前にした私にとっての最大の悩みは、「声って自然に出るものなんだろうか? ちゃんとアンアンあえげるだろうか?」だったのです。

 いや~、毒されていますね~。それまでに友人たちと冷やかしでAVを観たことは何度もあったため、 「セックスのときは声を出してあえぐ、イクときはさらに大騒ぎしてあえぐ」というのが、処女の頭にもしっかり刷り込まれていたのですね。 かくして初Hで意外にもスムーズに声が出たとき、「あっ、いまの私、AVみたくなかった!?」と思ったのは、こうしてふり返ると笑い話のようです。

海外の女性は、演技しない?

 ポルノ映像はどこの国にもあるけれど、海外の女性は、そんなことを考えないのだろうか?  と考えたとき思い出したのが、小説『ここは退屈迎えに来て』です。 地方都市を舞台に、いまの自分に不完全燃焼感を抱いている女性たちを描く短編集ですが、 そのなかの一篇に、米国からの留学生が日本でクラブに遊びにいき、ナンパされ、いざロストバージン!……というものがありました。

 (以下、ネタバレ含みます)その様子が、彼女と唯一親しくなった日本人女子の視点でつづられます。 留学生といっても特別かわいくもなければ、おしゃれでもない。そして彼女は結局、脱・処女できませんでした……その理由が、あえぎ声。 獣がうなっているような、または大地からわき上がってくるような、あえぎ声……。 アンアンと幼稚でかわいらしいあえぎ声を聞き慣れている日本人男子は、すっかり萎えてしまったようです。

 洋物ポルノでも、やはり獣っぽく、野太くあえいでいるのをよく見かけますし、海外の女性も「感じているときは、こんな表現をする(あえぐ)」というのが、 ポルノからの影響を受けて、ある程度、定型化しているのではないかと思うのです。それが身に付いていれば、「イッたふり」もたやすいですよね。 「女性は感じている演技をする」というのは、もはやワールドスタンダードなのかもしれません。だからといってガヴィさんが演技をしているという断定もできませんが……。

 お医者さまによる解説で「性器以外のところでいく可能性もゼロではない。 でも、それはきわめて“特殊”である」というのを読んだことがあります。乳首でイク、キスだけでイク。AVやエロ漫画の世界ではよく見ますよね。でもオーガズムは肉体の反射。 「こよりを鼻に差し込んだら、くしゃみが出る」というのと同じことのようです。 と考えると、「食べてイク」は「こよりを鼻に差し込んだら、おしっこが出る」ぐらいかけ離れているのでは ?

「イッてるように見える」でいい

 かつて、ハプニングバーで「電マの振動音を聞いてイク女性」に遭遇しました。 耳の近くで電マのスイッチを入れると、「は~ん♡」と腰をぐねぐねさせ、盛大にあえぎ、やがて「イク、イクーー!!」と絶叫して伸びてしまいました。 私はコントとして楽しみましたが、居合わせた男性たちの目は興奮で光っていました。

 え、こんなにウソ臭いのに? まさか信じているわけじゃないよね??  とびっくりすると同時に、男性にとって「本当にイッている、イッていない」はわりとどうでもいいことなのかもしれない、と気づきました。 彼らにとっては「女性がイッてるように見える」というだけで、十分エンタテインメント。 歌舞伎の様式美みたいなもので、それがガチか演技かはそれほど大きな問題ではないのでしょう。 もっともポルノを見るうえではそれも構わないけど、セックスでもそんな調子だったら頭をはたきたくなりますね!

 ガビィさんの「食べてイク」も、きっとそういうことなんだろうな。ガチでも演技でも、どっちでもいい。 「イッているように見え」れば、俺らは楽しめる。……結果、彼女のもとには、「君を食べさせ、太らせ、そんでセックスしたい!」という声がたくさん届くようです。

 その一方で、昨今では女性にとってエンタメ化された〈男性の性〉もあることはみなさんよくご存知のとおり。 でも、たとえばガビィさんの逆って、成り立ちにくいですよね。男性が食べて興奮して射精する……それこそコントです。これを見て性的に興奮する女性は、とても少数なのではないでしょうか。 そう考えると、女性にとっての〈性のエンタメ〉と男性にとっての〈性のエンタメ〉って、まったく別モノのように見えます。 どちらもこれほど細分化している時代にあっては、二極化して語ることもむずかしいですが、これについてまた改めて考えたいと思います。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る