【独り寝のお作法】

62.デジタル漬けの毎日がエロティックな感性を蝕む…。抜け出す方法とは?


 デジタルデトックスなる語が聞かれるようになってひさしいですね。スマホやPC、それらを使ってのインターネットの閲覧、さらにはSNSでの活動から距離をおき、依存状態を脱却しようという試みのことで、週末だけデトックスしたり、思い切って電波の届かないところに旅行にいったり、いろんな方法が提案されています。
 かくいう私は、公使の別なくどっぷりネット漬け。朝起きてアラームを止めるついでにブックマークを開いちゃうし、出勤中も電車に揺られながらいろんなサイトの記事をチェックする(というかmessyをひと通り読む)し、ゲームをするときもあります。課金はしないけど。仕事でもネットにつながりっぱなしで、昼休みにはSNSチェック。帰宅後も記事を書いたり、そのための情報収集をしたり、SNSで告知をしたり、あとはそうした仕事に集中できずにだらだらと関係のないネットを見たり……1日のうちかなりの時間、モニターを見て過ごしています。
 そもそもこのバイブコレクターという活動も、バイブの使用感をブログで記録しようと思ったのがはじまりで、最初はあくまで独り言として垂れ流していたのが、いろんな人から反応や質問(バイブはどこで買えるの? とか、どんなのを買えばいい? とか)をいただいて、すっかりハマってしまったという経緯がありますし、ネットへの依存度はかなり高いほうではないでしょうか。

かなりの依存度!

 オカズもネット頼みです。TLはスマホで、動画はPCで閲覧するのが、私の基本スタイル。文庫本の官能小説を読んでじっくりとイマジネーションをふくらませるのも好きなのですが、時間がないときはどうしても短時間で性的興奮にスイッチが入る、刺激の強いものに頼ってしまいます。寝つきが悪い夜、睡眠導入的にオナニーすることもあるので、のんびりしすぎて睡眠時間が減るようでは本末転倒だという考えがあるんですね。とはいえ、「コレは絵柄が好きじゃない」「もっとかわいい女優さんのがいい」など、お気に入りのものになかなか出会えず、1時間以上もうだうだと捜していると、結局、寝不足になって翌日会社であくびをかみ殺すのに必死……ということも、ままあります。
 という毎日なので、最初はデジタルデトックスも「現代人にはそんなの無理無理」と一蹴していました。でも最近、ちょっと考え直したほうがいいのかも……と思うようになったのです。それは、彼と一緒に過ごしているときも、各々デジタルの世界に入り込んでいる時間が長い、と気づいたからです。彼はデスクに向かって、私はベッドに寝そべって、別々のPCを見ているーーそれはそれで静かな時間できらいではないのですが、危機を感じはじめました。こんなことをしていると、性欲減退につながる気がしてならないのです
 そんな折、「アダルトVRコンテンツは人類を滅亡させる可能性を持っている?」という記事を読みました。VR(バーチャルリアリティ)ポルノとは「現実に存在する空間で生身の人間が繰り広げるポルノ動画」だそうで、その生々しさたるや、ふつうの動画の比じゃないとのこと。体温も鼓動も息づかいもない、と冷静な判断をしている記者さえ、〈身体に男性らしい反応があった〉というから気になります。
 この手の記事では、仮想の世界が現実を超えることへの警鐘を鳴らすのがお定まりですが、この記事も案の定、「人間同士がセックスするのを止めてしまい、子孫が生まれず人類の終焉へと向かうキッカケとなる可能性もあります」と締めくくられています。
 バイブもよく〈本物〉と比較されます。「こんなすごいバイブが出たら、本物のオトコはいらなくなるんじゃない?」というのが、男性からの定番の質問。VRポルノならぬ、VRチンコ=バイブという考えが、男性のあいだでは根強いようですね。私自身は、そもそも比較するものではないというスタンスです。バイブは振動や凹凸など、人体には決してない構造や動きを愉しむものであり、そもそもの目的が違います。

依存状態を抜け出すには…?

 「バイブは所詮、道具」ーーこれは私が口を酸っぱくしていっていることですが、要は、その道具をどう使うか、どうつき合うか。それによって愉しみ方の幅が広がることもあれば、VRポルノのようにリアルを物足りなく感じてしまうこともある。どちらになるかは、使う人次第です。
 と、バイブについてはそんな割り切ったスタンスでいながら、ネットとリアルのあいだに線を引くのが下手になっていて、恋人と過ごす時間もネットの世界に入りこむのが常態化している私って……。たいへんな矛盾を感じます。それでも「よし、デジタルデトックスだ!」と思いきれないのは、依存度が高い証拠なのでしょう。でも、そんな私の重い腰をやっと動かしてくれる動画に出会いました。
 それは、コンドームメーカーの「デュレックス」による動画です。同社は国別のセックス頻度、満足度などを調査して「セクシャル ウェルビーイング サーベイ」として公開している、発信力の高いメーカーですが、今回発信された動画は、「カップルのセックスをよりよいものにする、スマホの使い方が発見された」というもの。動画では人種、年齢もさまざまなカップルが固唾をのんでその新機能の発表を見守ります。はたして、その内容とは……?
 ぜひ動画を見て、ご自身の目でたしかめてみてください。私はこれを見て、せめてふたりでいるときはデジタルデトックスしなきゃ、いやむしろ、したい! そう積極的に思えるようになりました。さっそく今度の週末にトライしたいと思います。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

掲示板

  • イク手前⁇(1)
    この前エッチしていたら、今までにない感覚におそわれました。 今までもとっても気持ち良くて涙が出ることもあったし身体がおかしくなりそうにもなっていたのですが、この前は、鼻水出るほど涙が勝手に溢れてきてとまらなくて、頭もぼーっとして、本当に変!と思いました。 気持ち良いけどやめてほしい!みたいな、、。これってイク前に感じるものなのでしょうか?人によって違うとは思いますが同じように感じた方いませんか?
  • イベント告知(3)
    シルクのみたいに敷居が高くないといいな ブラブラしてたら 有馬さんがいたみたいな そんなイベント希望します

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る