【独り寝のお作法】

9.成人の日を前に思い出す、20歳の時。日がな一日セックスしていたあのころ


 かなり遅めではありますが、あけましておめでとうございます。2014年はどんな年にしようかなぁとぼんやり思っていた矢先、従妹から振り袖姿の写真が送られてきました。今年、成人式を迎える彼女は、正月休みのうちに晴れ着を着て、写真を撮っていたようです。20歳かぁ。新成人って若いなぁ……という感慨に浸るうち、自分がその年齢だったころの思い出もむくむくとよみがえってきました。

 当時は大学2年生。親元を離れて1年以上経ってもまだ浮き足立ったままで、授業をサボッては彼氏と部屋に引きこもっていました。もちろん、することといえばひとつ。そのころはまだバイブレーターというものは、ただアヤシイだけのものだと思っていたし、ローターぐらいは使ったことがっても、いわゆる“ピンクローター”的なもので、たいしてイイとも思っていませんでした。女性の興味をそそるようなバイブレーターもごくわずかしか出回っていなかったでしょうし、まだ身体をぶつけ合うだけでも、十分に好奇心を刺激されていた時期だったのです。

 そんな私の周囲には、バージンの子がかなりの数いました。ちなみに私が通っていたのは女子大ですが、華やかさとは無縁で、そのころ読んだ雑誌に「合コンしたくない女子大ナンバーワン」と紹介されていた、非モテ系女子大でした。たしかに、ちょっと風変わりな学生が多かったと思います。全体的に男性とは縁遠い雰囲気で、なかには「結婚するまで、純潔を守る」と宣言する子もいて、度肝を抜かれたものです。その子には彼氏もいたのですが、清いお付き合いだというのが自慢でした。在学中にその彼とは別れたものの、その後もポリシーは変わらなかったようで、実際に現在でもバージンです。有言実行! そんな子が周囲にゴロゴロといたのが、20歳の私を取り巻く環境でした。

高齢処女が増えている?

 アラサー、アラフォーでもバージンが増えている……とよく聞きますが、それを初めて耳にした時も、このバージンなクラスメイトたちを思い出しました。でも本当に、高齢処女って増えてるの?

 昨夏、コンドームで有名な相模ゴム工業がセックスにまつわるアンケートを大々的に行い、「ニッポンのセックス」として発表しました。都道府県別のセックス頻度ランキングなどもわかり、とても面白いので、興味のある方はぜひチェクしてみてください。

 そのなかに「セックスの経験がありますか?」という問いがあり、そこで「NO」と回答している……つまりバージンの女性は、20代で約4分の1。

 けっこう多いなぁというのが率直な感想ですが、個人的になんだか懐かしいという感じもしました。私の周囲の環境は、どうやら時代をちょっと先取りしていただけのようです。それも、30代になるとガクンと減って5%、40代では約2%……。いろんな事情からセックスしたくない・できない人はいますから、この数字を見るかぎり、特に「高齢処女が多い」とは言い切れないように思います。

 この少数派に該当する女性たちが、特に異常だとは思いません。別にセックスをしたからといって偉いわけではないですしね。でも、「してみたい」という気持ちがあれば飛び込んでみればいいのになぁと思うばかりです。

 年始に公開されたアスモデウス蜜柑さんとの“ダサいチンコ”対談では、LINEのやりとりだけを延々繰り返しているセカンドバージンの友人についてお話しましたが、セックスを避けたまま二人の関係を深めようと思っても無理があります。それ以前に、会って二人で食事をすることすらしないとなれば、セックスへの道のりはあまりに遠すぎる……。好きな人ができれば「してみたい」という欲求が湧くのは、とてもナチュラルなこと。その自然な気持ちにフタをしているかぎり、先には進めないし、LINEでいくら言葉を重ねたところでフェイドアウトしていくのは当然です。

 まどろっこしいのが苦手な私は、まず試乗する派でした(彼氏がいる現在は、そんなヤンチャはしませんが)。だって、セックスで得られる情報量って、ものすごく多いですもんね。LINEの比じゃないです。それはもちろん、こちらの情報も相手に与えることでもあるので、たしかに、少なくない勇気が必要なのかも……。でも、そこまでお互いを晒して噛み合わなかったら、お付き合いをしても早めに破綻すると信じています。

 セックスが全てではないけど、セックスは大事。だから、今も時間されあれば20歳の時のように、彼氏と昼間からセックスをして、終わったら眠って、起きたらまたセックスをして、お腹が減ったら食事をして、また抱き合って……という時間を過ごしたいものです。あの自堕落な時間がこんなにいとおしく思えるのは、二度と戻れないからなのでしょう。

 ということで、「2014年はたくさんセックスする!」を今年の抱負にいたします。諸事情につき昨年の後半は低空飛行していた性欲が、やっと戻ってきたと感じる年初め。心の書き初めに、思いっきり大きな字でしたためました。……ということで、最後になってしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

■桃子さん

オトナのオモチャ200種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。 ブログ twitter

オススメコラムリスト

掲示板

  • 最低(0)
    全然気持ちよさそうじゃないし、カメラワーク悪すぎ。
  • 旦那の性癖について(5)
    私の想像ですが『寝取られ』って、男性は「他の男に抱かれる妻」が見たいんじゃないの? ずっと横で見ていて、後で「さっきはあーだった、こーだった」「気持ちよかったのか?」って妻に言いながら 二人でエッチがしたいんじゃないかと思ってました。 不倫とはちょっと違うような気がする。 とらさんは「寝取られ願望がある」ってだけ言われたんですかね。 不倫オッケーなのかは、旦那さんに聞かないとわかるわけないやん。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る