Lollipop-Rumikoのビッチなう。

16.人生の選択とセックスの深い関係~3Pのお作法とは~


 人生は、選択の連続です。朝、起きる起きない、ご飯を食べる、食べない。人間は、生きている限り何かしらの選択をしながら時間を過ごします。それはとても自然な作業であり、どんな小さな選択でも今後を左右する重要なキーになることがあります。

 冒頭からなにやら哲学的なテンションで「あれ、ロリルミ、キャラ変えた?」と思われる読者の方もいるかもしれません(いなかったらすみません)。しかし、私はセックスにおいてこのことの重要性をひしひしと感じた経験があるのです。

 誰かとセックスするかどうかも、人生における選択のひとつですよね。私はわりとストライクゾーンが広く、性欲に支配されている人間なので、「セックスするかしないか」という状況においては「する」を選ぶほうが圧倒的に多い人生を歩んでいるのですが、ある日セフレのつばさくん(29歳・仮名)からこんな誘いを受けました。

「今度3Pしない?」

 私はこの誘いを受ける以前にも一度、3Pというものを経験したことがありました。その時は男性2人と私というメンバーで行ったのですが、おっぱいを舐められながらクンニされるという3Pならではの体験ができ、楽しい時間を過ごしました。しかし、別にクセになりそうと言うほどでもないし、やっぱり2人でセックスするほうが断然手軽だよな~という感想を持ち、しばらく複数プレイからは遠ざかっていました。かといって、3Pが嫌いなわけでは決してありません。私は、突如舞い降りた久々の3P勧誘に「男2人だったらいいよーイケメン連れてきてね!」という軽い返事で了承。つばさくんのセリフを「今度合コンしない?」に変えても私の答えが成り立つのがちょっとおかしいですね。私にとって複数プレイは合コン感覚なのでしょうか。

 そして合戦の日、つばさくんは私を複数人でも入室可能というラブホに連れて行ってくれました。つばさくんの先輩だというもうひとりの男性は、32歳の生粋のエロマニアだそうです。なんでもその先輩は、脳みその代わりに精子が詰まっているんじゃないかと思うほどの強い性欲の持ち主で、毎晩何度もセックスをしようとすることが原因で歴代彼女にフラれてきたんだとか。加えて、無類のクンニストでもあり、最高で3時間ほどクンニをし続けたという記録の持ち主という情報も。その話を聞いていて「なんだか気が合いそうだな♡」とキュンキュンした私。先輩は少し遅れてくるとのことで、ひとまず私とつばさくんはお風呂に入ってセックスをしながら待つことにしました。これから3Pをするというのにまずセックスをするという、バカのひとつ覚えという言葉がふさわしい行動。ヤリチン×ビッチなので仕方がありませんね。

 そして例の先輩が到着。見た目は細川茂樹の劣化版といった感じでぎらついた印象もなく、ホントに性欲の塊なの? と思えるほどさわやかな雰囲気を醸し出していました。しかし、性欲と見た目には何の関連性もないことをこれまでの経験上心得ていた私。とりあえず、私とつばさくんが入っているお風呂に先輩も混ざり、コミュニケーションを深めることにしました。

 3人でお風呂でイチャイチャした後に、ベッドにステージを移し本番へ。つばさくんと先輩の愛撫を全身に受け極楽気分を味わう私。個人的には先輩の手マンやクンニのほうが私好みでした。その後、どっちが先に挿入する? という話になり、年功序列とのことで先輩から挿入することに。男2対女1というスタイルの3Pでは、まんまんと後ろの穴の両方に挿入することを楽しむ場合もあるようですが、私にはそういった趣味はないので、一人一人順番を守ってinされることを希望しました。先輩はかなりの持久力をお持ちのようで、30分以上挿入したままです。しかも、突き方が異様に上手い!! あなたは私のまんまんの中が見えているのですか? と思うほどに先輩のピストンは絶妙なものでした。あまり中でイクことができない私ですが、先輩によって2回もイクというミラクルが起きました。

 この時、私は完全に先輩とのセックスに没頭していました。つばさくんの存在を忘れるほどに……。ふと気づくと、つばさくんはちんこをフル勃起させたままソファに座り、私たちのセックスを傍観していました。「そろそろ俺もしたいんすけど……」そう言って先輩に選手交代を促したつばさくん。

 しかし、私は無意識のうちに選択をしたのです。

「つばさくんとはさっき1回ヤッたし、先輩とのセックスを続行したい」

 私はつばさくんの言葉を遮るように先輩の腰に足を巻き付け(だいしゅきホールド状態)、「もっとしたい」と訴えました。激しいキスをしまくり、つばさくんに「次は俺」と言わせない雰囲気を作るかのように……。そしてその後も30分ほど挿入を続け、先輩はフィニッシュ。久々に体がとろけるようなセックスをした私は、あまりの気持ちよさに先輩におかわりをねだりました。絶倫が原因でフラれたことのある先輩ですから、もちろん二つ返事でOK。

空気化したつばさくん 3P中の放置プレイは拷問か?

 すると、つばさくんがしびれを切らしたように「いい加減俺も交ぜてくれよ~」と懇願してきました。「ちょっと待ってて」と言いながら先輩と絡み合い続ける私。そうするうちに、つばさくんは「先輩ばっかりずるいよ~」「俺は何のためにここにいるんだよ~」と泣きそうな表情に。それに対しても「もうちょっと待ってて」と断りを入れ、先輩に二度目の挿入をしてもらおうと思っていた矢先のことです。

「俺のこと仲間はずれにして目の前でセックスされ続けるとかまじで拷問。なんかインポになりそうだわ……」

 つばさくんはそう言い残し、トイレに閉じこもってしまいました。さすがに可哀相だったかなと思い焦る私を横目に、先輩は「あいつバカだよなー」と爆笑しています。心配になった私はトイレのドアをノックし「つばさくん、ごめん。早くエッチしよ」と軽く謝罪の上、セックスに誘いましたが、つばさくんは「俺のことはほっといてくれよ……」とご機嫌ななめです。「まじでインポになったかも……どうしよう」というつぶやきも聞こえてきます。正直「なんかめんどくせーなー」と思いましたが、3Pに誘ってくれたのはつばさくんなのに、その彼を無視して先輩とヤリ続けた私も確かに悪い。3Pのお作法に反することをしてしまったのかもしれません。

 その後、つばさくんはトイレに立てこもることをやめ、私が謝罪と称したフェラをするとムクムクと勃起し始めました。全くインポにはなっていなかったようです。今度はつばさくんメインでセックスをし、長時間の放置プレイに対する許しを得ることができました。

 目の前に2人の男性が存在した時に、その両人を比べ「この人のほうがいいな~♡」と選択をし、選んだ相手をえこひいきしてしまうことは女性なら誰しもあるのではないでしょうか。しかし、3Pにおいてあからさまな優劣を示すと、選ばれなかった相手をひどく追いつめ、面倒なことになる場合もあるようです。目の前の良きセックスに溺れ、残された人の気持ちを考えない選択をしてしまう私にとって、3Pは向いていないかもしれない。やっぱり、セックスは2人でするに限る。この3Pは、私に「スタンダードなセックスに原点回帰しよう」と誓わせる出来事でした。

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/04/24 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★★★★★

    ロリルミさんのビッチコラム、毎回楽しく読ませてもらってます☆私の周りにはビッチなコが居ないので…話が新鮮でおもしろいです♡

プロフィール

ロリポップ-ルミコ

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。

中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。
URL:messy

オススメコラムリスト

掲示板

  • 21日イケメン祭り(3)
    >スタッフ様 ご検討いただき、ありがとうございます! 見に行かれないのですが、見に行かれたとしても、販売して頂ければ購入して何度も見たいです! 引き続きサイトを拝見します。 良い報告があることを願っています。 よろしくお願いしますm(__)m
  • 大阪で性感マッサージある?(0)
    大阪で、女性が性感マッサージ受けれるところ、知りませんか?信頼できるところがいいので、書き込んでみました。ご存知の方いらっしゃったら、教えてほしいです。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る