Lollipop-Rumikoのビッチなう。

50.「クリトリスってかっこいい…!」小5の私がan・anセックス特集で得た知識


 私は高校を卒業するまでの18年間、実家暮らしをしていましたが、いま思えば実家こそ隠れたエロの宝庫だったように思います。

 現在は一人暮らしをしているため、電マやバイブなどのアダルトグッズをそこら辺に放置していても無問題。 そしていつどんな男性を連れ込もうが誰にバレるということもなく。「誰かに見つかる」というストレスとは無縁であらゆるエロを楽しめます。

 一方の実家暮らしというものは、基本的にエロやセックスに関するものがタブー。 同じようなご家庭に育った方は多いのではないでしょうか?  家族でドラマを観ている時に突如としてラブシーンが流れ、居心地の悪さや気まずさを感じた経験のある方もいると思います。 中には、家族に彼氏とのセックスの内容までな~んでも話すよ! と性に関してオープンな実家暮らしを送っている方もいるかもしれませんが……。

 私の実家も、ラブシーン放映時には気まずい空気が流れる傾向にありました。 家族と性に関する話題をしたのは、大学時代の夏休みに帰省し、毎晩どこかへ出かける私を見た母に「ちゃんと避妊だけはしなさいよ!」と言われた時と、 少し太って帰省した時に母に「あんた……もしかして妊娠してるの?」とシリアスな声で聞かれた時の二度のみです。

 そんな家庭環境だったので、実家暮らし時代は電マの隠し場所に悩んだり、オナニー時にいかに電マの振動音を抑えられるか研究していました。 そんな努力もむなしく、父や弟にオナニー現場を目撃されたこともありましたが、彼らがその後私にそれについて言及してくることもありませんでした。 きっと彼らにとっても家族の性の部分はタブーだったのでしょう。

 しかし、家庭内で性に関する隠し事をしていたのは私だけではありません。 父や母だって、男であり女なのですから、当然性欲があるのだと思います。それに気づいたのは、たしか小5の時。

 その時期の私は、両親の部屋に忍び込んで何かを物色するという悪趣味な習慣があったのですが、ある日母の占有スペースの棚から一冊の雑誌を見つけました。 それは『an・an』(マガジンハウス)の“夫婦のセックス”特集号。いまでこそセックス特集は同誌の名物企画として抜群の知名度を誇っていますが、10年以上前から続くものだったのですね。 そして私の母はそれを愛読していたということです……!  今考えれば、当時の母はまだ30代であり、そうした特集を読んで父とのセックスライフを充実させようと思っていたのかもしれません。 でもその時、私は(お母さん、なんか気持ち悪い)と嫌悪感を抱いたことをよく覚えています。

母の性欲以上に衝撃的だった“クリトリス”という名称

 当時小5の私にとって“夫婦のセックス”特集号の中身は刺激が強いものでした。 この頃の私は、まだセックスに関する知識が非常にぼんやりとしていたので、イラストを用いて解説されるセックス体位やハウツーに衝撃を受けたのです。 「正常位」「後背位」「側位」などの名称もこの時に初めて知りましたし、“感じるポイント”の紹介としてまんまんのパーツが詳しく描かれている図を見てクリトリスの役割を心得ることができました。 それまで、クリトリスは友達の間で「引っ張ると伸びるところ」と呼ばれていました。「クリトリス」とか、カタカナでなんかカッコイイ……!  私が翌日友達にそれを広めたことは言うまでもありません。

 こうして母の愛読書でセックスの知識を手に入れた私は、高1になった時に弟の性への目覚めを目の当たりにしました。 当時小6だった弟は、ある休日に昼寝から目覚めると、父と私が寛いでいるリビングへとやってきました。 そして、「ちんこからなんか出てきてパンツ濡れた」と爆弾発言を繰り出しました。 当時の私はすでにセックスを経験し、様々な性知識も得ていたので、すぐに弟が夢精を経験したのだと悟りました。 対して弟には性知識がほとんどなかったのだと思います。いまの私であれば、「夢精したんだ、ウケる~」とデリカシーなく笑い飛ばすはずです。 しかし、高1の私にとって家族の前での下ネタは絶対的タブーだったので、弟の夢精報告には無言を貫くほかありませんでした。

 が、そこで、弟と同じ男であり、彼の気持ちがよくわかるであろう父が「栗の花の匂いしただろ?」と一言。 精液の匂いを表現する時によく漂白剤やイカなどが例えに挙がりますが、父のチョイスは栗の花でした。 私が「うわーコイツ言いやがった」と父にドン引きしていると、弟は「栗の花の匂いわかんない」と無邪気な返答。 その後、父は弟に「パンツ洗ってこい」と伝えていました。もしここに母がいたらまた違った展開になっていたかもしれませんし、父と息子ならではのやりとりかもしれません。

 当時は嫌悪感を覚えた母や弟の性の部分も、いまとなっては家族のよき思い出の1ページ。 なお、このコラムを書いていて、ビッチな姉の存在というものは弟のセックス観に何か影響を及ぼしているのではとふと思い立ち、 コラムのネタ収集のため現在23歳の弟に「今度セックス観について教えてくんない?」とLINEしましたが既読スルーされています。 かつては「ちんこからなんか出てきてパンツ濡れた」と教えてくれた弟も変わってしまったのかもしれません……。

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2015/01/17 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★★★★★

    お父さんナイスリターン!!笑

プロフィール

ロリポップ-ルミコ

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。

中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。
URL:messy

オススメコラムリスト

掲示板

  • 処女(1)
    21歳で処女です。 この間ついに彼氏とホテルへ行ったんですが指一本でもきつく、彼のものも入らず処女のままです。彼のものを受け入れられるようにするにはどんなことしたらいいですか
  • 2度目がない(1)
    お互い好きな気持ちを確かめ合っている人と、1年前の今頃に一線を越えました。 以来、何度かデートしていますが、Hには至りません。 Hどころか、手も繋いでいなくて、2週間前に会った時にやっとキスしました。 実に、1年ぶりでした(笑) はっきりとは聞いていないけど、恐らくパートナーがいる人です。 罪悪感なのか、単に性欲の薄い人なのか、もしかしたら潔癖症なのか、私の何かがいけなかったのか… いろいろ悶々としています。 1度だけなら、「気の迷い」で済むけれど、「またしたい!」とは言い出しにくくて。 皆さんならどうしますか?

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る