月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

Lollipop-Rumikoのビッチなう。

62.オナニーでも、夫婦でも。至るところで無視される女性の性欲


 女性のオナニーライフはここ数年でかなり開けたものになってきたと思います。オナニーグッズも、体内に入れることを考えた時に恐怖感を覚えるような極太バイブだけではなく、柔らかい素材でできた優しい感触のバイブが発売されたり、見た目もかわいらしいものが増えていますよね。また、女性向けのAVレーベルや女性専用のAV動画サイト等も誕生し、女性がオナニーを楽しめる環境がどんどん整ってきています。
 オナニーが習慣化している者として、このこと自体はとても喜ばしいことなのですが、オナニー界隈でいつまでも変わらないものがあります。それは、男性による「オナニーをする女はエロい」という偏見です。

女のオナニーだけがエロいという謎

 女性の皆さんは、男性がオナニーをすると聞いて「うわっ! この人超エロい」とは思いませんよね。「ああ、そう」程度の感想しか持たない人がほとんどではないでしょうか。それくらい、男性がオナニーをすることは一般常識と化しています。
 しかし、一方の女性がオナニーをすると認めた際には、男性から「エロいんだね」と言われたり、最悪の場合「すぐヤレそう」と認識されることもあります。こんなにも違いがあるのはなぜでしょう?
 男女がオナニーをすることには性欲の解消という大前提があり、その性欲は男女ともに備わっているものですよね。食欲・睡眠欲・性欲は人間の三大欲求といわれています。なので、女性がオナニーをすることはエロくもなんともないし、言ってみれば食事をしたり眠ったりすることと同じです。
 そんなふうに、ちょっと考えれば誰でもわかるはずの人体の仕組みをすっ飛ばし、オナニーをする女性をエロいと思う男性は「オナニーする=エロ動画などを見たり、エロい妄想をしている=エロい」とか、「オナニーすると認める=性欲があることを認める=もしかして『私、溜まってます』アピール!?」などの図式を勝手に構築し、決めつけてしまうのかもしれません。そうした図式が思い浮かぶということは、女性が性欲を持つことが特別であるという潜在意識が男性にあるからではないでしょうか。
 このことは、セックスの場面でも同様です。例えば、男性から女性をセックスに誘ったという話を批判したり、疑問を持ったりする人はほとんどいないのに、性別が逆転した途端に「せ、積極的だね……(引き気味)」「超肉食系(笑)」などと揶揄する声がちらほら聞こえてくるのです。性欲があってセックスしたいと感じるのは、男女ともにごく自然な感覚なのに……。いかに性欲が男性主体なものとして捉えられているかがわかるでしょう。

「俺はしなくても大丈夫」の理不尽さ

 最近、女友達に既婚者が増えてきたこともあり、夫婦のセックスについての話を聞く機会が多くなってきたのですが、彼女たちの話を聞いていても、「性欲って男性主体のものなんだな」と感じることが多いです。
 そのうちの一人に、夫からのセックスの誘いが減り、自分からセックスに誘ったところ、夫に「俺はしなくても大丈夫だから」と断られたという女友達がいました。その「俺はしなくても大丈夫」という言葉には、「妻に性欲はないもの」という勝手な思い込みが見えるし、セックスを「自分が大丈夫か(=性欲を解消できているか)どうか」でしか捉えていないように感じます。
 また、夫のセックスの誘いを断った時に、「どうせ寝転がってるだけなんだからちょっとくらいさせてよ」と言われたという女友達もいます。妻がセックスしたいかどうかは関係なしに、「ただ寝転がっていればいいからさせろ」とは、夫がセックスを自分の性欲を解消するものとして捉えているからこその発言ではないでしょうか。
 オナニーでも、カップルでも、夫婦でも、女性の性欲は至るところで無視されるケースがあるのに、男性の性欲はきちんと存在を認められている異常事態。欲自体の強さに個人差はあれど、性欲は性別関係なく、人間なら誰にでも備わっているものという基本的な知識が普及するのはいつになるのでしょうか。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ロリポップ-ルミコ

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。

中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。
URL:messy

オススメコラムリスト

ページTOPに戻る