Lollipop-Rumikoのビッチなう。

63.「セフレは本命になれない法則」は嘘? セフレ→妻に昇格した女性のシンデレラストーリー


 巷でよく聞く恋愛の法則に、「付き合う前にセックスしたらその後はセフレ止まり、絶対本命にはなれない」というものがありますよね。実際はそれでも交際に発展したというケースもあると思いますが、そうした法則ができるくらい、好きな人のセフレになってしまった……と悩む人が多いということでしょう。
 しかし今回、そんな法則を覆したカップルを発見。好きな男性にセフレとしてしか扱ってもらえないという不遇の時期を経た後、いきなりプロポーズを受けて結婚、妻に昇格したという29歳女性・Aさんに話を聞きました。セフレから妻へと転身したシンデレラストーリーとはどんなものだったのでしょう?

――現在のご主人とセフレになったきっかけから教えてください。
A「合コンで出会って意気投合して、その日のうちに勢いでラブホに……っていうありがちなきっかけです。私はその時点で彼のことが好きだったんですけど、彼はそうでもなかったみたいで、付き合うという流れにはならなかったんです」

――そのままズルズルとセフレになったワケですか。きちんと告白したりはしなかったんですか?
A「しましたよ、3回も(笑)。出会ってから2週間に1回のペースでホテルやどちらかの家で会ってセックスだけしてバイバイ、みたいなのが半年くらい続いた時に、もう耐えきれなくて『私は好きだけど、あなたはどう思ってるの?』って泣きながら彼に言ったんです。そしたら、『今すぐ答えを出せと言われれば出せるけど、お前はホントにそれでいいの?』って言われて。質問に質問返しとか意味わかんないし、付き合いたくはないけど、できればセフレでいたいってことなんだろうと思いました。でも、やっぱり彼のことが好きだったんで関係を切ることができませんでした。彼とは4年くらいセフレ関係だったんですけど、そんなやりとりが3回ありましたね」

――人のご主人に向かって失礼ですが、告白を受けた際のご主人の言葉はかなり不誠実ですよね……。
A「ホントにそう思います。女友達にも男友達にも、彼のことを相談すると『そんなこと言う奴最低だから絶対やめとけ、今すぐ縁切れ』って言われてました。それでも、どうしても諦められなかった。セフレとしてでもいいから、彼と会える時間が私にとっては大切だったんです」

――セフレとしてでもいいから……って、聞いてるだけで切なくなります(泣)。ちなみに、当時ご主人には本命の彼女はいなかったのでしょうか?
A「いないとは言っていましたけど、私の他にも会っている女性はいたみたいです。実際、他の女性と歩いてるところを見かけたこともありましたし……」

――これまた切なすぎるー!! そんな状況だったのに、プロポーズされてめでたくご結婚されたんですよね。何がどうなったんですか?
A「私、去年29歳になったんですけど、この年でセフレに振り回されるようじゃいい加減まずいし、そろそろ結婚を前提に恋愛しなきゃって思ったんです。4年間もセフレだったなんて、すごい時間を無駄にしちゃったって後悔して……。頑張って彼の連絡を無視したり、友達に合コンを誘ってもらったりして出会いを探し始めたんです。そしたら、ある日彼から『話したいことがあるから時間が欲しい』って連絡が来て。無視しようかと思ったんですけど、まだ彼に未練があったから気になって、結局会っちゃった。そしたら、『会えなくなってお前のことが好きだったんだって気がついたし、俺としてはこの4年間ずっと付き合ってたつもりだったのかもしれない。寂しい思いをさせた分、これからはちゃんと大切にするから結婚してほしい』って言われたんです」

――失って初めて気づいたってヤツですね。でも、好きだったんなら早く気づけよ! 言えよ! って感じですね。とはいえ、すぐにプロポーズするなんて、ご主人もすごい決断力。
A「ですよね。急にそんなこと言われても最初は信じられなかったんですけど、自分の親に会ってほしいとか、私の親に会いたいとも言い出したので、本気なのかなと」

――いくらずっと好きだったとしても、今までセフレ扱いされてきた人と結婚するっていうのは躊躇しなかったんですか? 結婚したらまた別のセフレ作りそう、とか……。
A「私と彼のセフレ時代を知ってる人たちからは『絶対やめとけ』って反対されましたけど、私はずっと好きだった人に振り向いてもらえて、プロポーズまでしてもらえたっていう嬉しさのほうが大きかったので、そのまま入籍しました。それに、4年間彼のセフレでいて、彼の悪い面を把握できてる分、結婚してからはすごく冷静に彼のことを見れるようになったと思うんです。セフレ時代は彼の言いなり状態だったけど、今は夫婦ですから、もし不倫されたら法に乗っ取って彼を制裁できますし(笑)」

――Aさんは、なぜ自分がセフレから妻に昇格できたんだと思いますか?
A「彼は、『今まで出会った女の中で、自分のことを一番真剣に好きでいてくれたのがお前だった』って言ってたから、セフレ扱いされても彼を一途に想ってたから……かな?  でも、私たちの例はホントに稀だと思います。大体の男の人にとってセフレはセフレでしかないと思うし、私は結婚できたからよかったものの、彼にハマりすぎて、いつの間にか29歳になってたことに気づいた時……尋常じゃなく焦ったもん。セフレを好きになっちゃった人はさっさと見切りをつけて次の出会いを探したほうがいい。絶対に!」

 セフレに恋焦がれる人々に希望を与えること間違いなしのAさんの経験談。しかし、セフレから結婚に至ったという成功例である彼女ですら、セフレへの恋愛感情は早めに断ち切るべきと言っています。セフレという先行き不透明な関係に、限られた時間を消費するのは確かにリスキーですからね。セフレに恋をするということは、「セフレ扱いされる自分やセフレに使った時間に後悔しない」という決意の元で行ったほうがいいのかもしれません。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ロリポップ-ルミコ

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。

中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。
URL:messy

オススメコラムリスト

掲示板

  • 21日イケメン祭り(4)
    >皆様 検討した結果、イベントでは、イベントだけでしかできないお話をいろいろしていただきたいと考えておりますので、 動画自体は販売しないことにいたしました。 申し訳ありません。 イベントの様子は一部、動画でご報告させていただくかと存じますので、 そちらをお楽しみいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。
  • 大阪で性感マッサージある?(1)
    オススメ有ります。 神戸に本店があるHEROESってお店です。 大阪にも出張してくれるし、一度ホームページ見て下さい。 マナーも技術も最高です✨

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る