Lollipop-Rumikoのビッチなう。

81. 女性版「キャバクラ・スナック的異性間コミュニケーション」の難しさ


 男性たちがよく言う、「付き合いでキャバクラ」。あれって、何なんでしょうか。

 私はそれをとても羨ましく思います。女性同士で飲むのもすっごく楽しいんですが、女友達とはしご酒をした後に「んじゃ、3軒目だしそろそろホスト行こっか」という選択にはなかなか行きつかないと思います。私自身、いままでホストクラブには行ったことがありませんし、周りの女性たちでも行ったことがあるという人はほんの一握りです。敷居が高いというか、「行きたい!」と思った時にすぐ行ける場所ではないのかもしれません。

 でも、もし明朗会計で気軽に行けるホストクラブがあったなら、普段知り合うことのない男性たちと束の間の会話を楽しみ、目の保養をしたいと強く思います。実際に目の保養になる好みの男性がいるかはわからないけれども、ベタなお世辞を言われていい気分になってみたい!

 それに比べて男性は、キャバクラやらスナックやら、はたまた風俗やら、異性に接客してもらえるお店の種類や店舗数も多く、来店するハードルがすごく低いのではないでしょうか。「仕事上の付き合い」「飲みに行ったその場のノリで」という、女性にはあまりない感覚でそういうお店に行ける人も少なくないですよね。

 女性にはこうした「金銭的なやりとりがあった上で、異性とその場限りの会話(もしくはそれ以上のサービス)を楽しめる」環境がほとんどないに等しいと感じます。以前このコラムに書いた女性向け風俗体験でも実感したように、例え女性側が金銭を支払っていても嫌な思いをする可能性も十分にありますし……。

 こういうことを男性に言うと、「女性は合コンとか、すでに男性と接することができる場がある。しかも奢ってもらえたりもするじゃん!」との意見が出てくることもあるんですが、それはそれで厄介なこともあるんです。

 合コンであれば、相手男性は私の知人の知り合いだったりするので、それなりに気を遣い、知人の立場を考えて接しなければなりません。また、いまは女性がリーズナブルに参加できる街コンや、相席居酒屋などの女性はほぼ無料で飲食できる出会いの場もあるようですが、個人的には「男性は有料」「女性は無料」という環境に抵抗を感じます。無料だからこそ、お金を払ってくれる男性たちに気を遣わなければならないのではないか、タイプではない男性が来ても頑張って盛り上がらなければならないのではないか、と気になります。だからといって、自分がお金を払うのならば相手の男性に何をしてもいい、と考えているワケではありませんし、世の中には男性に奢られることに抵抗がなく、その場を楽しめる女性もいるのだとは思いますが……。

 お金を払うということは、ある意味では自分がその場にいる権利を持つことに繋がるのではないでしょうか? 「お金を払ってもらっているから」と萎縮することなく、男性とその場限りの会話を楽しめたらいい気分転換になるはず。本当に出会いを求めているのなら合コンでもいいのでしょうが、そうではなくただ男性と話したい、でも男友達にわざわざ連絡するのは面倒くさい、新鮮な気分になりたいとなった時に、金銭的なやりとりがあった上で身の危険を感じることもなく、男性との後腐れないコミュニケーションが取れる場所があったらいいのにな、と思います。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ロリポップ-ルミコ

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。

中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。
URL:messy

オススメコラムリスト

掲示板

  • 欲求不満(1)
    不倫
  • 欲求不満(´・ω・`)(58)
    エロ小説か何かで、「私、ピル飲んでるから大丈夫」みたいな話があって、 ワンナイトする人はそういうパターンがあるのかと思っていました。 中絶も20歳前後が多いと思いきや、40歳以降の夫婦でも思いがけずというのが 意外とあるらしいです。 セフレほしいけど、もめると最悪は事件に発展してしまいますし…。 動画見て一人で慰めてます。 夫としたときのドクンドクンが好きだったけど、ピクリともしなくなって久しいね~。 もうずっとレスですけど。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る