月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【ビギナーズ歓迎! 性感アップ講座】

1.あなたがオーガズムを得られない6つの理由


 はじめまして、「ラブリーポップ」のリンと申します。

 ラブリーポップは、1999年にオープンした女性専用のアダルトグッズショップです。プロデュース、商品開発、すべて女性で運営。普通のマンションの一室に、ショールームがありお客様が実際にグッズの動きをみたり、ローションの感触を試しながら、スタッフの親切丁寧な接客を受けながら買い物ができちゃうのです。実際のバイブの動きが見たいなら、ラブリーポップに遊びに行ってみてくださいね。

 リンのコラムでは、ラブリーポップでの日常や、女性の性の動向、最近のセックスのトレンドなどを読者の皆様にお伝えしていきます。

 さて、第一回目のテーマは「オーガズム」。ラブリーポップが実施したアンケート(投票数:300名アンケート期間・2012年9月1日~9月30日 ラブリーポップWEBサイトにて女性を対象に実施)の結果によれば、オーガズムを得られない女性は、300人中93人、3人に1人という割合です。

 男性からしたら、『え? 3人に1人はイったことがないの!?』とびっくりするでしょうが、ラブリーポップの現場で働きながら、多くの女性と接してきたリンとしても、「意外に多いな~」という感想です。ラブリーポップの他のスタッフも、リンと同じ意見でした。

 というのは、アダルトグッズショップで働いていると、毎年の傾向、トレンドみたいなものを肌で感じます。一昔前は、イケなくて悩んでいるという女性がスタッフに相談しに来店するコトが多かったのですが、今は「純粋にキモチ良くなりたいから!」という理由でバイブを買いにくるお客様がメイン。オーガズムを自発的に得られる女性は、年々増えているな、と感じるのです。多くの女性誌が昔に比べて頻繁にセックス特集を組んだり、女性向けサイトでセックスの情報が発信されたり、女性の性欲がオープンになったことで、普通の女性たちも“性をもっと楽しんでいいんだ”という気持ちになり、オーガズムを得やすくなった、という側面もあるかもしれません。

 しかし不思議なことに、ラブリーポップが取ったアンケート結果では、「3人中2人」がセックスでオーガズムを得ているのに対して、コンドームメーカー・JEXの2012年調査結果によれば、20歳代の女性で「34.7%」が全くオーガズムを感じないという結果なんですね。

 この調査対象となっている女性は20~60代まで計2,707人と幅広く、30代と40代がメインです。ラブリーポップの方は、女性向けアダルトグッズのサイトなので、どちらかというと性にオープンな女性が回答してくれた、というバイアスはかかっているでしょう。そうなるとやはり、一般的には、女性はオーガズムを得ていない方が多い……?

 女性向けアダルトグッズショップで働くリンとしては、すべての女性にオーガズムを得てセックスをENJOYして欲しいです。オーガズムを得られない理由は何なのか? ひとりひとり固有の肉体があり、パートナーとの関係性も千差万別。一概に「これが答えだ!」とは言い切れませんが、いくつかの傾向と対策を記していきたいと思います。

【身体的理由】

1:オーガズムの仕組みがわからない

 オーガズムは膣の収縮によって起こります。身体の快感部位(乳首や耳、唇など)を愛撫されると、膣から分泌液が出ます。分泌液が出たら、膣が自ら収縮し、セックスの挿入前にオーガズムに達するための準備ができていきます。女性自身、この仕組みがわからないと、セックスを男性まかせにしてしまい、オーガズムから遠のいてしまいます。オーガズムの仕組みを紹介している本を読んでみることなどをおすすめします。

 オーガズムについては諸説あり「膣の収縮はオーガズムの結果、起きるもの」という説もあります。ただリンの経験では、キス→愛撫→愛液分泌で、自然に膣が収縮、挿入によりさらに膣が収縮してオーガズムに至るという感じです。

2:男性がしっかりと前戯していない

 男性が挿入前の愛撫を疎かにしていると、女性はクリトリスでの快感すら得られないまま、挿入に至ることもあります。前述の「オーガズムの準備」が整っていない状態なのに挿入しようとすると、膣は貝のように閉じたままで、分泌液も不十分。収縮してオーガズムに達することが難しくなってしまうのです。男性にはしっかり前戯をしてもらいたいものです。

3:クリトリスではイケるのに、膣ではイケない場合

 この場合は、自分の膣にある快感スポットをまだ発見していない可能性があります。膣の中の快感スポットや、どんな体位で自分が感じるかを発見するには、セルフプレジャー、すなわち自慰が大切。膣の中の快感スポットは、女性それぞれ場所が違うので、マニュアルがなく、自分で発見するしかありません。この快感スポットを男女ともに発見できないまま性交しても、男性器が快感スポットにヒットせずに、膣の大きな収縮がおこりにくいのです。愛撫の中で男性に発見してもらうことができないなら、自分で探すしかありません。セルフプレジャーを楽しみましょう。

【メンタル的理由】

1:セックスに罪悪感がありオープン楽しめない

 セックスや性的なことにネガティブなイメージや罪悪感があると、無意識のうちに自分を制御してしまい、セックスを楽しめません。あえぎ声をだすのが恥ずかしくて必要以上に我慢してしまったり、身体を極度に緊張させてしまうと、快感を感じることが難しくなるようです。解決策のひとつとして、セックスに対してポジティブな映画を見まくるのはいかがでしょう? 素敵なラブシーンがある映画を見ることで、セックスへのイメージが変わってくることは多いです。

2:相手を信頼できない

 恋人やセックスパートナーとの関係に不満や不安があると、相手を信頼できず、心も身体も“ヒラク”ことが難しくなります。相手との絆が深く、信頼しあうほど、オーガズムは得やすくなります。もし相手に不安や不満がある場合は、普段からパートナーとしっかりコミュニケーションを取ることをおすすめまします。

 たとえば、パートナーとセックスについて話し合うことが難しい場合、リンの個人的な意見ですが、その相手とのセックスが良くなっていく可能性は、かなり低いと思います。なので、セックスの部分は妥協して、「オーガズムは得られないけど、まぁまぁ気持ちイイから良し!」とするか、または新たな相手を探して、素晴らしいパートナーシップとメイクラブをENJOYするのもアリだと思います。

3:自分の身体にコンプレックスがある

 自分の身体にコンプレックスがあると、コンプレックスの方ばかりに意識がいってしまい、セックスを楽しめません。「私、他の女性に比べて毛深いから、彼に嫌われるんじゃないかしら?」「他の女性に比べて胸が小さくて見られたくない」などコンプレックスからくる不安で、セックスの最中も相手を思いやる気持ちに欠けたり、快感を素直に感じられなかったりして、セックスに集中できないのです。身体にコンプレックスがある場合は、素直に彼に伝えた方がいいようです。

 心身共に満たされたメイクラブをして、オーガズムを得たいものですよね。女性がオーガズムを得ると、脳にオキシトンやエンドルフィンが分泌され、気持ちが穏やかになることが、科学的に証明されています。オーガズムは気持ち良いだけでなく、穏やかに日々を過ごせるというメリットもあるのです。

 読者のみなさんも、たくさんセックスして、良いオーガズムを得て、幸せなメイクラブライフをおくってくださいね。



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ページTOPに戻る