月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.29.
オリジナル動画発売情報【5/31発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/31 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【ビギナーズ歓迎! 性感アップ講座】

6. 彼と一緒にイケない? セックスの楽しみはそこじゃない!


 こんにちわ。「ラブリーポップ」のリンと申します。このコラムでは、女性専用のアダルトグッズショップ・ラブリーポップの日常や、女性の性の動向、最近のセックスのトレンドなどを読者の皆様にお伝えしていきます。

 今回のテーマは「女性が持つセックスの不安」

 さて以前、ラブリーポップで女性300人にアンケートを取りました。

セックスに対する不安はありますか? あるとしたらなんですか?
1位:彼と一緒にイケない
2位:腰の動かし方
3位:オーガズムを得られない

 このアンケート結果に、リンは少し心配になりました。
女性誌のセックス特集などを読んで、世の女性達は、セックスに過度な期待を抱いてしまっているのではないかと……?

 セックスで彼と一緒にイクこと(=同時にイクこと)ってそんなに大切?

 だって、セックスで彼と一緒にイクことってかなり高度な技術が必要になるし、2人で一緒にイケなくても、そんな不安になることじゃないよね?セックスって、相手と自分を感じあう行為で、見つめあったり、抱き合ったり、呼吸を感じたり、パートナーを味わい尽くすことが出来ればそれでOKって思えれば、もっと気楽にセックスをエンジョイできるはずなのにな~って。

 過剰に期待すればするほど、セックスにプレッシャーがかかって、楽しくなくなっていくよね。タイミングがズレていても、男性が女性を先にイカせて、その後に男性がイクことで、素晴らしいメイクラブしていると、リンは思うんだ。

これってレディコミだったり、女性向けコミックの影響もありそう。レディコミとか少女コミックって設定が男女共に同時にイクシーンが多くありるので、もしかしたら多くの女性は一緒にイク事が普通だと思いこんでいる可能性あり?

 なんとなく、リンも若干の責任を感じてしまう。リンももしかしたら、女子会で、「セックスで一番気持ちいいのは2人が一緒にイク時」っていう発言をしていたかもしれない。

 セックスがどんどんオープンになっている時代だからこそ、「セックス温故知新」が必要なのかもしれない。セックスに対して、シンプルにパートナーと肌と肌が触れあえるだけの幸せを感じていきたいよね。それでいて、彼と一緒にイケたらもっと幸せだな~って思えたらいいよね。



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ページTOPに戻る