短期集中連載「イクレッスン」

2.あなたの声で私の性感帯を振るわせて! おしゃべりでイクための声テク


 イクためには、彼を教育してテクを磨かせるのは、至難のワザ。それよりも自分の身体、相手の身体をよく知って、イクためのヒントを見つけたほうが手っ取り早い! ということで、短気集中連載2回目のヒントは“声”です。

 あなたはセックスのとき、沈黙で励む派ですか? にぎやかなトーク派ですか?

わたしは沈黙派だったのですが、関西出身の友人は延々としゃべりたおすそうで、普段はどちらかというとMっぽい彼女が「お尻の穴、丸見えやんなぁ」などと彼氏に向かって言い放っているらしいのが、妙にエロくてうらやましくて、現在トーク派に移行中です。

 そんな個人的な嗜好についてはどうでもいいのですが、セックスの最中は、しゃべりたおしたほうが、男女ともにイキやすくなるかもしれません。卑猥な言葉攻めが効果的だから、というのはもちろんありますが、人の「声」そのものが、どうやら性感帯を揺さぶるようなのです。

レッスン2:性感帯をビンビン振動させるには…

人間の皮膚には、「パチニ小体」という感覚受容器があります。これが多く分布しているのが、指先、唇、乳首、外性器など。毛根付近にも多いそうで、うなじやわきの下なんかにも分布しています。いわゆる「性感帯」と呼ばれる場所ですね。

 このパチニ小体、200~250ヘルツの振動によってもっとも強く刺激され、性的な興奮を呼び起こすんだとか。人間の平均的な声の周波数は、男性が約60~500ヘルツ、女性は約120~800 ヘルツ。つまり、力まず、落ち着いて話をすれば、男女ともに声で互いの性感を刺激できるということになります。

 例えば、ペニスの挿入中、女性は男性に低めの声でささやいてもらえば、アソコをペニスで、クリトリスや乳首やうなじを声で愛撫されていることになります。なんか複数プレイみたいですね。こんなに激しく愛撫されたら、イケる確率も高くなろうってもんです。

 ただし、人間は緊張すればするほど、声のオクターブ(周波数)が上がってしまいます。男性は女性の高い声を好みますが(性的には“若さ”の象徴なので)、女性は男性の高い声に興ざめしがちなので、イケない女性は、セックスの最中、男性に“低め”の声でしゃべりたおしてもらうよう、お願いしてみましょう。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

掲示板

  • イク手前⁇(1)
    この前エッチしていたら、今までにない感覚におそわれました。 今までもとっても気持ち良くて涙が出ることもあったし身体がおかしくなりそうにもなっていたのですが、この前は、鼻水出るほど涙が勝手に溢れてきてとまらなくて、頭もぼーっとして、本当に変!と思いました。 気持ち良いけどやめてほしい!みたいな、、。これってイク前に感じるものなのでしょうか?人によって違うとは思いますが同じように感じた方いませんか?
  • イベント告知(3)
    シルクのみたいに敷居が高くないといいな ブラブラしてたら 有馬さんがいたみたいな そんなイベント希望します

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る