月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【愛人の掟】

2. 「お手当」で生きていく――愛人生活を謳歌する女たち


 「愛人」とは既婚者の男性と恋愛関係・肉体関係にあることを指し、不倫相手という意味がある。

 「待つ女」を歌った演歌は多く、映画化もされた小説「愛人/ラマン」などを始め、文芸作品には、愛人及び愛人関係を扱ったものがたくさんある。

 ちなみに私は幼少時代、母親と『水曜日の情事』(フジテレビ系)というドラマを毎週楽しみにリアルタイムで観ていたわ。敏腕編集者で愛妻家の主人公が、妻の親友と愛人関係に発展し、泥沼になっていくドラマなんだけど……。今思うと不倫というテーマのドラマを娘と並んで観るなんて……「今日は水曜日の情事だから早く宿題済ませておきなさ~い」って……、とんだ母親、とんだ教育よね。そうそう、水曜日っていうのは男が最も不倫をする可能性が高い曜日らしいわよ。

 関係が泥沼化してしまい裁判沙汰、愛人の逆鱗に触れ勤めてる会社に一部始終をバラされ解雇処分、本妻にバレて多額の慰謝料を請求され離婚、本妻との家庭があるにも関わらず愛人との間にも子供が誕生し第二の家庭の生活も面倒を見なければいけなくなった……。そんな男たちの実体験を、大人になった私は間近で見てきた。「子供の話なんてしないで!」「奥さんと別れて!」そんなヒリステリックに叫ぶ愛人女性というイメージ像も私たちには摺り込まれている。愛人関係というのは、世間一般ではマイナスイメージでしかないだろう。

 しかし、この愛人関係というものは女側に目的があり立場を踏まえる意識さえあれば、ただただ有意義に関係が保てる。

 男は金銭面に余裕があり、遊びの一環としての意識があれば人生に波風立つことなく、ただただ楽しく続けることができる。女は男から愛人手当として金銭やブランド品を受け取っている。もちろん、「口止め料」もそこに含まれている。

 私の周りにはそんな男たちの愛人、つまり「パパ」を持つ女性が多数存在する。


 そんな彼女たちの生活ぶりを紹介するわ。

美しすぎる女・ヒカリの場合


 元々の顔立ちが真木よう子レベルに美しいのに、美意識が高く目と鼻と輪郭に美容整形も施しているヒカリ。モデルのような手足の長くスラっとした体型は、非の打ちどころがない。

 彼女には「パパ」が3人。どの彼も年収5,000万以上の裕福な男性たちだ。

 月々の「お手当」とは別に、旅行に行くだけでお小遣いと言って80万くれる男。一緒にカジノに行くだけで軍資金として20万、買い物代を30万くれる男。家賃を40万円、生活費10万円として毎月会う度に封筒に包んでくれる男。

 ヒカリはいつも、彼らからプレゼントしてもらったエルメスのアクセサリーを身に着けバーキンを持ち、季節ごとに高級ブランドの服を買い替える。タクシーを乗り回しホストクラブで豪遊し、週3でエステに通い、欲しいと思ったらその場でどんな高いものでも即決するが、貯金は23歳にして2,000万円を超えている。

 元々彼女は新宿歌舞伎町のキャバ嬢であった。歌舞伎町といえば「5万でやらせてよ」くらいの安い客にナメられるキャバ嬢も多いのだが、ヒカリの場合はその美貌から、そんな安い客は手も口も出せない。ヒカルにハマり、毎週のように店で100万使う金持ち客もいた。

 ヒカルは「100万お店で使ってもらっても、全部が私の給料になるわけじゃなくて、半分はお店に取られちゃうの。だから、店の外で会って100万ほしい」というように持ちかけ、そのまま自ら愛人になっていた。恋愛というものを持ち出さず、完全に割り切った遊びとしての愛人関係である。

 相場よりとても高額な彼女だが、ヒカルを見れば読者全員が納得するわ。本当にどの角度から見てもパーフェクトに美しいんだもの。結果的に、キャバ嬢としての売上は下がったが、店でナンバーワンのキャバ嬢よりも収入は良かっただろう。

 目標を聞くと、「このままの豪遊生活を続けて貯金5,000万貯めること。結婚願望なんてないよ、30歳超えたら銀座のクラブにでも行けばいいし。パパが私に飽きたり愛想を尽かしたりしていなくなることもある。でも私はひとりいなくなってもすぐにまた調達できる。容姿を保てば私には30歳でも40歳でもそれができると思う」と自信満々に彼女は言う。

 「クリスマスは毎年みんな家族サービスだし去年までは店に出てたんだけど、たまにはときめきたいから今年はお金払ってイケメンのホストとでも過ごそうかな」と言って「もしもし? いくら払えばクリスマスに他の客の予定全部断る?」と電話をかけていた。

 彼氏は要らない、結婚願望ゼロ、パパに囲われていつも綺麗な自分が大好き。でも、そのホストと電話しながら笑う彼女の背中は少し寂しく見えた。

裏切られても気にしない女・マユミの場合


 25歳、益若つばさ似のギャル系の容姿だが性格は天然癒し系というギャップを持つマユミ。

 先ほど紹介したヒカリとは違い、マユミはひとりの「パパ」との愛人関係を5年間続けている。

 彼女は「パパ」のことを「彼氏」と呼び、周囲の友人にも会わせている。彼は33歳という若さで闇金会社を立ち上げ、ブラックな金で夜な夜な六本木で豪遊しているEXILE風のイケメンだ。

 六本木の高級クラブで彼と知り合ったマユミは外見がタイプだからという理由で、指名ももらわないうちに店の外で会うようになった。彼は既婚者で子供もいたがマユミと肉体関係を持つようになると、すぐにマユミにマンションを購入し、会うたびに10万円を置いて帰るようになった。

 「私は別に、お金をもらうつもりで遊んでたわけじゃないの。結婚してるのは仕方ないし、一緒にいて楽しいから次の彼氏ができるまでの繋ぎくらいに思ってたんだけど、彼の方が本気になっちゃって。奥さんとは別れられないし悪いからって言って、彼の方から面倒を見てくれるようになった」

 しかし、男の方はお金を渡して肉体関係を持つだけの割り切った関係に飽き足らなくなったようだ。彼はマユミと旅行をしたりマンションで過ごしたりすることが多くなり、自宅で過ごす時間が減っていった。

 マユミは彼に対して、本妻のことを何ひとつ聞いたこともなければ嫉妬心もなく、マユミの存在が本妻にバレたわけでもなかったのだが、それから2年後に彼は本妻と離婚。子供は彼が引き取ることになった。

 ここで普通ならマユミと彼は愛人関係でなく、白昼堂々と付き合える形になるのだが……。

 なんと、彼は他の女性と結婚したのである。男の目移りとは恐ろしい。というか、離婚はマユミ以外の女が原因ってこと!?

 しかも新しい嫁は前の嫁との間にできた子供を疎ましがっているので、昼間に彼が仕事をしている間は、マユミが子供の面倒を見ている。「家政婦手当」として愛人手当とは別に、月20万円振り込まれるらしい。

 そんな彼の行動に対し、「よく怒らないわね?」と思わず聞くと、

 「お金もらってるし、好きに遊ばせててくれるし、相変わらず一緒にいて楽しいからどこで怒るのかわかんな~い」と返ってきた。……そりゃそうか

 若くてイケメンでお金持ちな男に寄ってくる女なんて大勢いて当然だ。その中でマユミは彼と過ごせて働かなくてもいい今の関係に満足している。

 とはいえ、彼は仕事もブラックだし、裕福な状態がいつまで続くのかわからない。彼もモテるし、マユミも老ける。さらに他の女に目移りされたら、お手当はなくなるのではないかしら。今の関係を続けていけるのか不安だけど……。5年後、この2人がどうなっているのか楽しみね。



束縛に耐える女・カナの場合


 カナは英語の家庭教師をしながら独学で翻訳について学び、海外留学の資金を貯めている真面目な25歳。

 まさに囲われの愛人というのはこの女のことだと思う。
 愛人暮らしにしては慎ましく質素な生活を送り、パパが時々買ってくれるブランド物以外は身に着けず、派手な買い物や遊びには興味がない。

 私がカナと出会ったのは共通の友人を介してなんだけど、映画の趣味がことごとく合うのよ。『レクイエム・フォー・ア・ドリーム』や『時計じかけのオレンジ』が大好きなんて女は私の周りにはいないのよね。

 二人で遊ぶときは主にお互い観た最近の映画の話をしながらお茶をしたり飲みに行ったりと健全なのだけど、毎回カナは私との写メを撮ってパパに送る。いつどこで誰と何をしているか。外に出るときは必ず報告しなければならないという。報告を忘れたり時間が深夜を回ると、電話が鳴り「今どこにいる!」と激怒するんですって。

 二人でいるときも多々そんなことがあり、「ごめんね、すぐ帰らなきゃ」と言ってカナはタクシーに乗る。カナと遊ぶときのこのパターンには慣れたものだわ。

 それにしてもそんなめんどくさい男によく耐えられるわよね~。セックスもねちっこそうじゃない? お金より自由が大切な私は、そんな男100万もらっても願い下げだわ

 カナは留学の資金を貯めるまではこの関係を続けることを望んでいるから、パパのわがままにも付き合っていくつもりだろう。

 パパとの出会いは愛人斡旋会社を知人から紹介されて、そこに登録したことがきっかけという。そんな会社が本当に存在するの? と私も最初は驚いたけど、調べていくうちに都内だけで10件以上はあることがわかった。

 一概に愛人生活と言っても、いろんな男がいていろんな女がいるわね。私の周りの愛人カップルだけでこんなに種類の違った愛人関係があるんだから、絶対にまだまだ面白いネタが転がってるはずよ。

(アスモデウス蜜柑)

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ページTOPに戻る