月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【女性向け風俗ヒメシエスタで働くリョウの『セックス論考』】

2.女性の性欲は弱いという「非」常識



あなたは普段、自分の性欲を抑えてはいないだろうか?

「男性に自分の性欲を悟られて、ドン引きされたらどうしよう」
「気持ち悪がられるんじゃないか」

と心配したり、

「私には性欲がない」
「セックスなんてしなくても平気」

と思い込んでいたりしないだろうか?

女性の身体には、マグマのような「性エネルギー」が秘められている


 女性の性欲は、男性よりもずっと強い。
 これは、700人以上の女性と経験した僕の実感だ。

 性欲が強いことを、恥ずかしく思う必要はまったくない。あって当然のものであり、僕はむしろ、「性欲がない」という女性のほうが心配だ。

 身体論の研究で知られる明治大学文学部准教授、平山満紀(ひらやま まき)氏は、「女性の性エネルギーは、マグマのように巨大」だと表現している。いわく、「女性の身体は生殖年齢の間、月経という多大なエネルギーを要する精妙な働きを休みなく続けている。それをするだけの『性エネルギー』を、女性の身体はマグマのように内蔵している」

 「ひとたび妊娠すれば、一人の赤ん坊を9カ月のうちに体内で育てて産みだすことのできるエネルギーなのだから、そのマグマの力がいかに大きいか、想像できよう」と平山氏は言う。

 だが、一般的に、男性の性欲に比べ、女性のそれは過小評価されている。
 女性の性衝動は受動的であり、男性に欲情されてはじめて起こるもの。 
 女性が、主体的にセックスを欲するなど、ありえない。
 男性はもちろん、多くの女性はそのように自身の性欲をとらえているのではないだろうか。

「リョウさんは私の性欲に火をつけるけど、消さないで帰ってしまうからひどい……」Aさん(32歳)の戸惑い


 ヒメシエスタスタッフである僕は、女性にとって「非日常」の存在だ。
 普段出会うことのない男性だからこそ、女性はストレートに性欲をぶつけることができるのではないかと考えている。

 実際のお客様のエピソードから、女性本来の性欲について書いてみたい。

 Aさんは、大きな瞳が印象的な、清潔感のある素敵な女性だ。学生時代から交際していた男性と、卒業と同時に結婚。仕事に趣味に、忙しくも充実した毎日を過ごしている。

 しかし、Aさんにはある悩みがあった。ここ数年、夫と夜の営みが一度も無いということだ。Aさんから誘っても、夫は「疲れている」「眠い」などと理由をつけて早々に寝入ってしまう。

「夫はもともと、セックスに対して淡白なタイプでした。欲求自体があまり無いのかもしれない。仕事が忙しく、毎日疲れて帰ってくる夫を見ていると、あまりしつこく誘うのも気が引けてしまって……」

 夫を愛しているから、浮気はしたくない。でも、セックスがしたい、抱かれたいという気持ちが抑えきれず、Aさんはそんな自分に戸惑いを覚えていた。

 Aさんはインターネットで「女性向け風俗」「女性向け性感マッサージ」などと検索、様々な情報を集めるようになる。ヒメシエスタのホームページを見つけてからも、利用するかどうか、3カ月以上迷ったという。

 何度かお会いするうち、Aさんは深く激しく、幾度も達するようになった。Aさんは自分でも、抑えていた性欲が解き放たれていくのを感じたという。

 あるとき僕はAさんから、このようなメールをいただいた。

「昨日あんなにしてもらったのに、もう、したいの。どうしたらいい(笑)? 次回の予定まで待てそうにないから、きっと欲望に負けて予約入れちゃいそう。リョウさんは私の性欲に火をつけるけど、消さないで帰ってしまうからひどい……。性欲のコントロール方法を教えてもらわないとダメかも」

ごく普通の女性が、強い性欲を持て余している


 メールの文面だけを見ると、Aさんは性に奔放な女性、いわゆるビッチだと思われるかもしれない。しかし、実際のAさんは、どちらかといえば真面目で、恋愛やセックスに対しても奥手なタイプ。これまで、男性経験は夫一人しかなかった。唯一の男性である夫とセックスレスになったことで、「女性として終わった」「もう一生セックスできない」と行き場のない思いを抱えていたのだ。

 セックスレスの寂しさから気を紛らわすため、外に働きに出たり、習い事を始めたりもした。しかし、どんなにやりがいのある仕事を得ても、趣味の活動が充実しても、「女性として満たされたい」という強い気持ちから目をそらすことはできなかった。

 ヒメシエスタを利用し、セックスレスの悩みから解放されたことで、夫に対してイライラすることがなくなり、穏やかに接することができるようになったという。

 先出した「マグマのように巨大な女性の性エネルギー」の中で、平山教授は、こうも語っている。再び引用させていただきたい。

「日本では、女性の性質のうち『母性』だけが偏重される時代が長く続いた。そのためもあって、女性には、性的な存在としての自覚がとても弱い。性の知識も貧しく、性的な関心にふたをしてしまっている人が多い」

「自分の性的な欲求や好みを、意識したり、語ったりすることも極めて乏しい。女性が性的な関心のふたを開けると、性エネルギーの流れのブロックがはずされて、それだけで俄然(がぜん)生き生きとしてくる人もいる」

見出し:多様化する「女の幸せ」。セックスなんてなくても、生きていける?

 今を生きる女性たちは、一見、とても自由に見える。価値観の多様化により、結婚、出産、子育てという、従来の「女の幸せ」に縛られない、自分らしい人生が可能になった。

「経済的に自立してさえいれば、無理に結婚しなくてもいい」
「キャリアのためには、出産を先送りしてもかまわない」

 というような風潮もある。

 極端かもしれないが、それらは「『性』より、経済活動の方が大切」「セックスなどしなくてもよい」というメッセージのようにも聞こえる。

 生きづらさを抱えている女性は多いが、その原因の大半は、性の抑圧にあるのではないか、とすら僕は思う。

 性的抑圧の反動は、思わぬところに表れる。頭痛や肩こり、だるい、疲れが取れないなどの、不定愁訴を引き起こす一因にもなるし、訳もなく不安になったり、イライラしたりして、パートナーに当たってしまう女性もいる。

 今回例に挙げたAさんを始め、ビッチでも、ヤリマンでも、淫乱でもない、ごく普通の女性が、強い性欲を持て余し、悩んでいる。多くの女性は、寂しくても、つらくても、耐えるしかないと思い込んでしまっているのだ。性欲を解消できれば、女性はもっと明るい人生を送ることが出来る。そのための手段、選択があるということを知ってほしい。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

記事提供

■神崎涼介(リョウ)/女性向け風俗、ヒメシエスタのスタッフ。700人を超える女性経験を元に、性の悩みを抱える女性のカウンセリングを行っている。プライベートでも「女性が気持ちいいセックス」について、実践的に取り組んでいる。

ページTOPに戻る