月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【女性向け風俗ヒメシエスタで働くリョウの『セックス論考』】

3.男性は「花火」、女性は「焚き火」 男女のオーガズムの違いについて



あなたは普段、自分の性欲を抑えてはいないだろうか?

「男性に自分の性欲を悟られて、ドン引きされたらどうしよう」
「気持ち悪がられるんじゃないか」

と心配したり、

「私には性欲がない」
「セックスなんてしなくても平気」

と思い込んでいたりしないだろうか?

女性の身体には、マグマのような「性エネルギー」が秘められている


セックスの快感は、女性と男性で、まったく別物である。

女性の快感は、一度火が付くと、長く深く続く。2~3時間ずっとイキっぱなし、何十回、何百回とオーガズムに達する女性も少なくない。終えた後も、何日も敏感な状態が続く。

一方、男性の性欲は、「射精」という生理現象に伴うものだ。快感は派手だが、花火のように一瞬で終わってしまう。終着点が明確なので、そこに至るプロセスも単純である。出してしまえばスッキリして、後を引くこともない。

女性の性感は、「焚き火」のようだと僕は思う。僕の仕事は、女性の身体という「薪」に、火をつけることだ。

薪は湿っていて、マッチで火を当てても、なかなか燃えない。それでも辛抱強く種火を当てていると、小枝がうっすらと赤くなってくる。煙が出てきたら、うちわでパタパタと扇ぐ。焦って強くしたり、無理につついたりしてはいけない。1時間ほど経つと、細い薪に炎が立ち上がってくる。

根気強く風を送り続けること2時間。いつの間にか、薪全体に火が回っている。パチパチと火がはぜ、煙が目にしみて痛いくらいだ。一度安定して火が燃え始めれば、少々のことでは消えない。

女性の性欲に火を付けるのは、容易ではない。最も大切なのは、焦らないことだ。時間をかけ、ゆっくりと身体をあたためていく。性感が徐々に高まり、ある一点を超える瞬間がある。すると、女性の身体は、女性自身が驚くほど激しく燃え始める。首筋や背中をなでるだけでオーガズムに達する女性もいる。

また、女性は一度気持ちいいセックスを知ると、身体に火が付きやすくなる。わずかな刺激だけで、一気に頂点まで登りつめるようになるのだ。

「実は、中でイッたことがないんです」Bさん(21歳)のコンプレックス


 大学生のBさんは、今どきのファッションに身を包んだ、おしゃれな女性だ。明るく、物怖じしない性格で、セックスに対しても好奇心旺盛である。同級生の彼とは、付き合って半年。彼とのセックスについて、Bさんは「まぁまぁ上手ですよ。前戯もちゃんとしてくれるし、優しすぎて、物足りないくらい」と語る。

「でも、私、今まで一度も中でイッたことがないんです。それなりに気持ちいいけれど、女性誌で書かれているように、頭が真っ白になるとか、わけがわからなくなるまではない。オナニーではイケるけど、セックスだとうまく感覚をつかめないんです。彼に気を使ってしまって、自分に集中できないのかもしれません。彼はそんなつもりはないと思うけど、たまに彼のオナニー道具にされているように感じてしまいます」

 Bさんは、自分がイケないことで、彼に申し訳なさを感じていた。

「彼が下手なわけじゃないから、問題は私のほうにあるのかなって。イカないと彼が気にするので、彼の射精に合わせて、いつもイッた振りをしています。私、結構演技うまいんですよ。彼には絶対にバレていないと思う」

 しかし、終わった後、スッキリして寝ている彼の横顔を見ていると、ふと空しさに襲われるという。

「どうして、私はイケないんだろう? 女友達エッチな話をしても、みんなイケるって言うし……。イケないのは、私に愛が足りないからなのかな? 彼のことを、心の底では信頼できていないのかな? と思って、いつも不安なんです」

そもそも女性はセックスで「イク」のか?


 女性誌『anan』のセックスアンケートでは、こんな結果が出ている。

・イッたことがある 71%
・ない 29%
(2009年8月号「みんなのSEX、わたしのSEX」より)

 僕は正直、71%は多すぎるのではないかと思う。七割以上の女性が本当にオーガズムを感じているなら、これほどたくさんの女性が、「中でイケない」と悩むはずがないからだ。

 一般的には、女性にも、男性の射精と同じくらい、「明確なオーガズム」があると思われている。

 しかし、僕のこれまでの経験では、オーガズムに達したかどうか、女性自身でもハッキリと自覚できない場合が多い。特に、膣オーガズム、いわゆる中イキは、どういう状態が「イッた」のか、男性はもちろん、女性自身にもわからないのだ。

 僕は「女性も男性と同じようにイクはずだ」という考え方そのものが間違っているのではないかと思う。

カラダが溶けて、混ざっていくよう――。女性のオーガズムは3段階


 女性器の気持ち良いポイントは、大きく3つに分類することができる。「クリトリス」「Gスポット」「膣の深い部分」と、奥へ進むにつれ、快感は徐々に深まっていく。

●クリトリス

 男性の射精にあたるのが、クリトリスオーガズムだ。派手だが、一瞬で終わってしまうのも同様である。比較的容易に快感を得られるので、ananのアンケートで「イッたことがある」と回答している女性の多くは、クリトリスオーガズムを指しているのではないかと思う。

●Gスポット

 Gスポットは女性器のおなか側、指の第二関節くらいの深さにある。クリトリスよりも気持ちよい状態が長く続く。性感が高まると、ザラザラとした突起物があらわれる女性もいる。

●膣の深い部分

 膣奥でのオーガズムは、クリトリスやGスポットの快感とはまったく違う種類のものだ。未知の感覚に対する戸惑いから、「気持ち良すぎて怖い」「わけがわからなくなりそう」と及び腰になってしまう女性もいる。

 ある女性は、膣奥でのオーガズムについて、「自分と相手の境目がなくなるイメージ。身体が溶けて、混ざっていくよう」と語っていた。他にも、「快感が気体になって、昇っていく感じ。あまりにも気持ち良くて、切なくなる」「物理的な刺激というよりは、振動。お腹の奥に響いて、身体全体に広がっていく」という女性もいる。

 膣奥でオーガズムを得るためには、最低でも2時間以上の前戯が必要だ。充分に時間をかけないで子宮頸部を突いてもただ痛いだけなので、注意してほしい。

 この中で、女性がはっきり「イク」と自覚ができるのは、①のクリトリスだけだ。

 クリトリス性感は、セックスのほんの入り口にすぎない。いうならば、焚き火周辺の細い枝が、パチッとはぜた程度である。

 膣奥で深いオーガズムを得ると、女性はいわゆる、イキっぱなしの状態になる。始まりも終わりもなく、ひたすら心地良さが持続するのだ。

 つまり、本当に気持ちいいセックスに対しては、「イッたか」「イカなかったか」という問い自体、無意味なのである。

 すべての女性は、気持ち良くなれる身体を持っている。

 せっかく女性に生まれてきて、このような深くて、豊かな性感を知らないでいるのはもったいないと思う。

 オーガズムについて、詳しくは、ヒメシエスタホームページ、

「なぜかイった振りをしなくてはならない女性達、その背景についての考察」
「女性の性欲、火のつけ方「パタパタ理論」

 も参照してほしい。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

記事提供

■神崎涼介(リョウ)/女性向け風俗、ヒメシエスタのスタッフ。700人を超える女性経験を元に、性の悩みを抱える女性のカウンセリングを行っている。プライベートでも「女性が気持ちいいセックス」について、実践的に取り組んでいる。

ページTOPに戻る