月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【女性向け風俗ヒメシエスタで働くリョウの『セックス論考』】

4.セックスレスの原因は、男性の「不能」が9割? 女性向け風俗の現場から



ヒメシエスタに寄せられる相談で最も多いのは、セックスレスだ。
10年はざら、20年以上夫と一度も夫婦生活が無い女性もいる。
中には、新婚3カ月にも関わらず、夫が全く触れてこなくなったと言う20代の女性もいた。彼女は僕から見ても、魅力的できれいな女性である。
なぜ、夫はセックスを拒むのか?
原因がわからないからこそ、多くの女性が悩み苦しんでいるのだと思う。

妻は「女磨き」を怠っているのか?


 セックスレスの原因として、次のような事項がよく挙げられる。

・セックスのマンネリ化。
・「家族」になったことで、性的対象ではなくなった。
・年齢を重ね、妻の体型や容姿が変化してしまった。

 さらに女性が実践すべき解消法として、

・セクシーなランジェリーを着けて、夫をその気にさせる。
・ダイエットやエステに通い、『女らしさ』を磨く。
・新しいテクニックを試す。膣トレする。

 などが勧められている。

 不思議なのは、セックスレスは夫婦の問題であるのに、妻側に改善を求める内容がほとんどだということだ。暗に、夫がその気にならないのは、「妻の努力不足が原因」だと言わんばかりである。

 このような一般論によって、多くの女性は二重三重に苦しめられている(セックスレスで悩む女性の事例は、ヒメシエスタ公式HP「お客様の声」に詳しい。

 内閣府の調査では約4割、民間企業のアンケートでは約7割の夫婦がセックスレスというデータもある。これほどまでに多くの夫婦がセックスレスである現状を考えると、単に「妻の心がけが足りないから」というのは、どう考えてもおかしい。

 僕は多くの女性から悩みを聞くにつれ、問題の根本は、「夫がセックスを拒む理由がわからない」ということにあるのではないかと思うようになった。わからないからこそ、女性は苦しいのである。

夫の「萎え」と「中折れ」を機に、セックスレスへ


 僕は、セックスレスのほとんどは、夫側に原因があるのではないかと考えている。

 女性の話を詳しく聞いていると、セックスレスになった最初のきっかけは、「夫が勃起できなかった」「硬さが足りず、うまく挿入できなかった」「射精の前に萎えてしまった」というケースが多いことに気づいたからだ。

 僕は男性だからわかるが、男性にとって、「勃たない」というのは、非常にショックが大きい。

 女性から、「疲れているんじゃない?」「そういうこともあるよ」と慰められても、一度失われた自信は、そう簡単には回復しない。「次もダメなのではないか?」「また萎えてしまうのではないか?」と、プレッシャーを感じてしまうのである。

 2度3度と中折れや勃起不全が続くうち、夫側が「もうダメだ」と諦めてしまうケースが多いのではないだろうか。

 オナニーの強い刺激に慣れすぎ、セックスで射精できなってしまう、膣内射精障害の男性も多い。

 お互い、器質的には何の問題もないのに、人工授精で子供を授かることにしたというケースも聞く。

セックスレスは、「セクシーな下着」では解決できない


 女性が想像する以上に、EDは男性にとって、深刻でデリケートな問題だ。

 「勃たない」という事実は、男性のアイディンティティーを揺るがす。勃起に不安を持つ男性にとって、妻の「セクシーな下着」や、「精の付く食べ物」は、恐怖でしかない。女性が魅力的であればあるほど、勃起できない自分をみじめに感じてしまうからだ。EDを悟られたくない、恥ずかしい、隠したいという気持ちから、妻にセックスレスの責任を転嫁しようとする夫も多い。

 Dさん(37歳)は、夫にその気になってもらうために、下着に気を使ったり、食事やサプリメントを工夫したりするなど、涙ぐましい努力をしていた。

 しかし、夫からは「お前の身体は変だ」「アソコが異常だ」「お前だと気持ち良くない」などと言われ、悩みに悩んでいた。

 婦人科にかかっても、「正常の範囲ですよ。顔と同じように性器も十人十色なのだから、個性があって当たり前」と言われる。なぜ夫は「異常」と言うのか、Dさんにはさっぱりわからなかった。

 もちろん、Dさんは、健康な身体を持つ、普通の女性だった。僕は700人以上の女性経験があるが、器質的に異常がある女性には、お目にかかったことがない。

 Dさんは、

「夫は指一本私にふれようとしません。この間、ふと人肌恋しくなって、寝ている夫に抱きついたんです。そしたら、『お前はセックスのことしか考えていないのか? いい加減にしろ!』と怒鳴られました。
疲れているし、仕事でそれどころじゃないのはわかります。でも、たまには優しくされたり、抱きしめられたりしたいんです。そう思うのは、私のわがままなんでしょうか?」

 と、涙ながらに語った。

「草食系男子」「友達夫婦」の増加と、「若年性ED」


 EDというと、中年以降の男性の問題だと思われがちだ。だが実際は、20代、30代でも勃起力に不安を抱えている男性は多い。

 若年性EDの約9割は、ストレスやプレッシャーによる心理的要因だという(EDの原因は多岐にわたり、加齢や糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病、前立腺肥大など泌尿器科系の疾患、また、うつや自律神経失調症などの精神疾患が男性機能に影響を及ぼす場合もある)。

 若く、健康な男性でも、お酒の飲みすぎや寝不足、セックスの際のちょっとした失敗などで、勃たなくなってしまうのだ。

 セックスに対して消極的な『草食系男子』や、セックスレスだが夫婦仲は良い『友達夫婦』が増えているというが、実は「性欲が薄い」「興味が無い」のではなく、「できない」のかもしれない。

 以前、ある雑誌の取材で、男性記者から驚かれたことがある。

 ヒメシエスタでは一カ月先まで予約を受け付けているのだが、彼は「よくそんな先の予約が取れますね。僕なんて、その日になってみないと、勃つかどうかわらないですよ」と言うのだ。

 30代後半の彼は、勃起力不足で悩んでいているらしかった。「朝起きて、元気があれば何とかできるという感じです。ダメな日は、何をやってもダメですね」と言う。

 女性にEDがバレるのが怖い。中折れをバカにされるのではないかと思い、風俗に行くことも出来ないという。恋人と会うときは、バイアグラを利用し、いざというときのために即効性のあるICI注射(陰茎海綿体自己注射)を持ち歩いているらしい。

男らしさ=「男根の強さ」? ED治療より先にするべきこと


 このような話を聞くにつれ、僕は、男性側にこそ意識改革が求められると思う。男性は、「男らしさ」=「男根の強さ」であるという固定概念に縛られているのではないか?

 硬く大きな男性器で女性器をかき回せば、女性は満足するだろうと言う「非」常識は捨てた方がいい。

 実際、女性は男性が思っているほど、挿入だけで気持ちよくなるわけではない。前戯が不充分であれば、苦痛ですらある。

 「男女の性衝動の違い」については、前回のコラムで述べた。「勃たなかったらどうしよう?」と、不安になるくらいなら、前戯に2時間費やした方がいい。その方が、女性はずっと燃え上がり、男性自身の気持ちよさにもつながるはずだ。

 男女の性欲構造の違いを正しく理解すれば、セックスレスも少しは解消されるのではないかと思う。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

記事提供

■神崎涼介(リョウ)/女性向け風俗、ヒメシエスタのスタッフ。700人を超える女性経験を元に、性の悩みを抱える女性のカウンセリングを行っている。プライベートでも「女性が気持ちいいセックス」について、実践的に取り組んでいる。

ページTOPに戻る