月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【女性向け風俗ヒメシエスタで働くリョウの『セックス論考』】

5.愛しているのに『妻だけED』 男性の性欲が抱える矛盾



「妻だけED」の男性が増えているという。
妻とはセックスレスなのに、風俗に通っている。こっそりアダルト動画で処理しているという夫も多い。

「妻だけED」の原因として、よく次のような事項があげられている。

・いつも一緒にいるため、目新しさがない。ドキドキしない。
・妊娠、出産を経て、妻が「母親」になってしまい、異性として見ることができなくなった。
・「家族愛」に変化し、性欲の対象から外れてしまった。

しかし、女性向け風俗ヒメシエスタの現場で女性の生の声を聞いていると、単に「家族愛=妻だけED」とは言えないケースが多々見受けられる。
子供がいない夫婦はもちろん、結婚前の男女や、お互いに一人暮らしのカップルでも、セックスレスは起こっている。
中には、付き合って半年にもかかわらず、彼に求められなくなってしまったという女性もいた。

セックスが痛い、面倒など、女性側が拒んでいる例もあるが、多くの場合、男性側が何かと理由を付けて夜の生活を避けている。
前回のコラムでは「男性の勃起不全」がセックスレスの原因であると述べた。今回のコラムでは、更に深く考察をすすめていきたいと思う。

「男性は性欲に支配されている」 風俗嬢Eさんとの対談


 ヒメシエスタを訪れる女性の中には、セックスレスで深く思い悩んでいる方が少なくない。多くの女性は、セックスレスについて、誰にも打ち明けられずに苦しんでいる。そのような女性とお会いするたび、なぜこれほど多くのカップルが、セックスレスになってしまうのかと考え込んでしまう。

 以前、雑誌の取材で、男性向け風俗店に勤める女性と対談する機会があった。「男性の性欲」を知り尽くしたEさんの意見を聞き、僕はセックスレス解決の道筋を、ひとつ掴めたように感じた。

 Eさんは、

「男性は性欲に支配されているのだと思います。一度スイッチが入ると、理性が飛んでしまう。押さえが利かないし、走り始めたら止まらないんです。
よく、セックス上手になるコツとして『女性に合わせましょう』『前戯に時間をかけましょう』って言うけど、並の男性には無理だと思います。結局、女性が男性に合わせるしかないんです」

 と言う。

「風俗を利用する男性は、みんな普通の人です。家族の前では良き夫、優しいパパなんだろうなと思う」

 でも……、とEさんは顔を曇らせた。

「ほとんどの男性は下手で、乱暴です。部屋に入ったときは優しそうな男性や、おどおどしていて気が弱そうなお客様も、セックスが始まると興奮して、荒っぽくなる。プレイ中の男性は目が血走っていて、何かが乗り移っているようで怖いです。
風俗だし、気を使う必要がないからかもしれないけど、たぶん奥様や恋人にも、同じようにしているんだと思う。そう考えると、女性が『セックス嫌い』になってしまうのも、仕方ないのかもしれません」

 中には、顔つきや口調がガラリと変わり、別人のようになる男性も多いという。

「セックスのときだけ、いわゆる『オラオラ系』になる。でも、終わって服を着替える頃には、元の気弱な性格に戻るんです。理性がよみがえって、『痛くなかった?』って心配してくれたりする」

 ヒメシエスタのお客様でも、「セックスになると、彼の目がギラギラして怖い」「AVのような乱暴な言葉使いに興ざめしてしまう」と語る女性は多い。

 確かに、男性向けのAVには、凌辱的なものや、女性を乱暴に扱うものも多い。「イヤよイヤよもいいのうち」という古い言葉の示すとおり、女性の嫌がる姿に興奮するという男性も未だに存在している。

「男性の性欲には、『荒々しさ』や『暴力』が密接に結びついているような気がしてなりません。男性の望むセックスは、女性のそれとはまったく別物なのだと思います」

 と、Eさんは語った。

妻を大切に思うほど、性欲の対象から外れてしまうという「矛盾」


 セックスに「安らぎ」や「安心」を感じる女性は多い。女性にとってセックスとは、愛情を交わしたり、寂しさを癒したり、女性としての自分を再確認する、「ポジティブな行為」なのだと僕は思う。

 しかし、多くの男性にとって、セックスは「猥雑」とほぼイコールだ。男性はセックスに「愛」や「癒し」より、「性的興奮」や「刺激」「スリル」を求める気持ちのほうが大きい。

 セックスレスや「妻だけED」は、男性のこのような「性欲構造」によって引き起こされているのではないかと、僕は考えている。

 つまり、男性にとって、妻や恋人がクリーンな存在になればなるほど、性的対象から外れてしまうのである。

「女性を大切に思うからこそ、淫らな性の相手として見ることができない」

 このように考えれば、様々な事象の説明がつくのではないだろうか。

「セックスレスの悩み」は、一旦手放してみては?


 「セックスレスは解決できない」というのが、僕が多くの女性のカウンセリングから得た結論だ。

 しかし、二人の間にセックスがなくなってしまったからといって、彼や夫を全否定する必要はない。男性にとって、一番大切なのはやはり「恋人」「妻」なのだ。

 何度も繰り返すが、セックスレスの原因は、男女の「性衝動の違い」にある。セックスレスになると、女性は「自分に魅力がなくなったのではないか」と焦ってしまう。さまざまな解決策を試み、それでも夫に振り向いてもらえず、「どうして?」「なぜ?」と、行き場のない苦悩を抱えてしまっている女性は多い。

 しかし、セックスレスは女性の努力では改善できないのだ。セックスレスの悩みは、一旦手放したほうがいいと僕は思う。

 それより、女性の身体に本来備わっている喜びを引き出すことを考えてみてはいかがだろうか? せっかく女性として生まれたのだから。

 最後に、お客様からヒメシエスタに頂いたメッセージを紹介しようと思う。

「大切に思っているからヤラシイ性対象に見られない。セックスレスは簡単に解消できない。諦める。リョウさんの言葉にすごく助けられました。やっぱり私は体も心も女でいたいし、体も心も愛されている実感がほしいです。よくばりだなと思いますが、セックスに関して考え方を変えていこうかなと。そんな考え方の方針転換ができそうなので、リョウさんに感謝したいデス」

「このようなお店を利用し始めたきっかけは、主人とはセックスレスだし、年齢的にも自分の女はもう終わりなの? このまま終わりたくない、どんよりした気分を変えて、女を再確認したかったからなんです」

「ひと言で言えば、セックスレス状態が長く続いて淋しかったから。裸で男の人の温もりに触れたい、触れられたい、自分が女性であることをもう一度感じてみたかったから」

「夫との性生活にストレスを感じていたので(セックスしたいタイミングが合わない、行為が一方的、など)。夫を愛しているので不倫は絶対したくないけれど、一方で『私、このまま女性としての賞味期限を過ぎてしまうのかな…?』という不安と焦りがあり、思い切って予約をお願いしました」

「長年のセックスレスによる悩みが限界だった。ちょうど主人の出張があり、タイミング的に今しかないと思った。悩みもしっかり聞いてくれるし、身体も解放させてくれました。色んな意味で、プロだな、と…。自分を縛っていたものを取り払ったことで、これから自分がどんな風になっていくのか、ドキドキしつつも楽しみです」

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

記事提供

■神崎涼介(リョウ)/女性向け風俗、ヒメシエスタのスタッフ。700人を超える女性経験を元に、性の悩みを抱える女性のカウンセリングを行っている。プライベートでも「女性が気持ちいいセックス」について、実践的に取り組んでいる。

ページTOPに戻る