月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


【短期集中連載:必殺・裏仕事人】

4.完全なるブラックビジネス・会員制スカトロ専門クラブで働く女


 「日本のディープな場所で働く男女」に注目する本連載。一人目は、身体改造を行ってボディ・サスペンションを売りにしたパフォーマーだったけど……とっても刺激的だったでしょう?

 二人目は、アブノーマルな性的嗜好、スカトロの世界で働く女に取材をしてきたわ。

スカトロとは

 「スカトロ」。糞尿に愛玩的な興味を持つ趣味、また性的嗜好を意味するとされている。元々は糞尿に対する研究・考察を言うスカトロジー、糞便学から略された言葉である。

 排泄行為、排泄物に対して著しい性的な興奮を得て、それに固執するスカトロ愛好者。糞尿を見たり嗅いだり、それを食することで快感を得る人たち。ま、要するに生粋の変態さんたちだと私は思っているわ。好きな男が求めることなら何でもしてあげたいタイプだけど、スカトロだけはパスね。

 排泄物は汚らわしいもの、というイメージが一般的だから、スカトロ愛好者は簡単にはその欲求を満たせないわよね。普通に生きてて、「飲尿させてください、ウンチ食べさせてください」なんて言ったって、大半の女がさせてくれない。衛生観念が発達したこともあって、こうした糞便に対する禁忌も厳しい。でも、愛好者たちの中には、相手や自分の糞尿を食べる・飲むことによって愛情表現をしたり、その行為だけ興奮が高まって射精しちゃう人もいるのよ。

 そんなマニアックな人々のために性風俗店舗の一部において、サービスのオプションメニューとして、こうした嗜好を満たすプレイを取り入れている場合がある。主なメニューとしては……

放尿プレイ…風俗嬢の放尿姿を見ることができる。
飲尿プレイ…出された尿を飲むことができる。最近のSMクラブでは常識メニュー。
食糞プレイ…出された糞を食べることができる。高額な値段設定である。
尿射…尿を直接顔や体に浴びる、浴びせることができる。

 こうしたサービスのある性風俗店舗があることを知る男性は多いであろう。

ナオの働くスカトロマンション

 しかし、今回の「裏仕事人」、私の友人であるナオ(20歳・仮名)は、性風俗店舗でないところでそれを行っている。

 営業活動は行わず口コミのみ。信頼できると判断した客だけを入店許可する会員制サービスとして、普通の住居用マンションの一室で「それ」が行われる。

 看板も何も出していなければ、従業員もいない。元風俗嬢のオーナーの女性がひとりで切り盛りしているという。話を聞くと、どうやら通常の性風俗店とはかなりシステムが違うらしい。

 「風営法に違反してるし許可も出てないわけだから、摘発されそうになったりもするんじゃないのかな、って思ってた。案の定何回かタレコミがあって警察が入ってきたこともあるけど、ずっと行為をしてるような場所じゃないから全然大丈夫だった。みんなで缶ビールとか飲んでる時で、スカトロプレイをしてる現場を押さえたわけじゃないし、怪しい物も置いてあるわけじゃないから問題なかったみたい」

 と語るナオ。ギャルメイクを施した派手な今時のファッションに身を包む彼女が、男に飲尿させているところなんて想像がつかない。

――そもそも風俗店舗じゃないわけだから完全にブラックなわけよね。職種はなんて書けばいいのかしら。

「うーん、売りとしてはスカトロだし抜きのサービスもあるけど、それだけを目当てにしている客だけじゃない。常連さんしか来ないから、そのマンションで飲んでる雰囲気が好きっていうだけでサービスは受けずに帰る人もいるし」

――みんな大体顔見知りなわけ?

「そうだね、会員制の特殊なハプバーと似てるかも。飲みながらだらだら話して、プレイをするときは別室に行くシステム」

――お客さんはどのくらいのお金を払うの?

「入場料で2万円くらいで飲み放題。あとはプレイのメニューがあるからそこからそれを選ぶ」

――お客さんが風俗店ではなくそこに行くのはなぜかしら?

「オーナーを知っているていうので安心感があるんじゃないかな。あとは時間制限がないから、長居したいなら風俗店より遥かに安い」

――プレイのメニューの内容は?

「オシッコをかけてほしいとか飲みたい、とかだったら2千円。ウンチだったら5千円。抜きのサービスは女の子との交渉次第」

――ずいぶん安いのね。女の子の給料はどんな感じで支払われるの?

「4時間くらいで日給5千円。安いけど、キャバクラと違って無理に話したり色恋する必要もなくて、ただ顔見知りの人たちと好きにお酒飲んでるだけだから楽だからいいかなって。ノルマもないし」

――プレイをした時のバックは?

「全額女の子にその場で直接お客さんからもらえる。チップくれたり、メニューの価格より多くもらえることもあるよ」

――そういうお客は遊び慣れてる人なんでしょうねぇ。それはどんなマンションで繰り広げられるの?

「普通に狭い、一人暮らし用の1LDKだよ。内装が凝っているわけでもなく怪しい雰囲気もない。宅飲みみたいな感覚」

――そんな狭いならその場でプレイとかになるんじゃない?

「いや、リビングで飲んでるんだけど、そこに簡単な仕切りは一応あるから公開プレイとかはないかな。まぁでも声とかは普通に筒抜け」

――ちょっとそれは恥ずかしくない? 別室にしないのはどうしてなのかしら。

「従業員もいないし、お客さんが勝手に変なことをしないようにオーナーの目が届くところで、っていう配慮のもとで完全な密室状態にはしないんじゃないかな。でも変なことしたらすぐ出禁になるし、元々がオーナーのお客さんだから教育が行き届いてるというか……危ないことがあった事例もないんだよね」

――1LDKの一室を仕切られてるだけなら、スカトロプレイの時臭くない?

「それはお風呂場でやる。掃除はちゃんとされてるけど、入ると臭うよね(笑)」

――でもそんなマニアックな場所ってなかなかないじゃない? 狭い部屋でも、お客さん結構集まるんじゃないの?

「多くの会員がいるわけじゃないし規模も小さいから、全然。一日に来るお客さんが平均2人とか」

――そんなに少ないのね。女の子は多いの?

「自由に行っていい感じだから会ったことない子もいるしちゃんと把握はしてないけど、オーナーと私だけの日もあれば、3~4人の日もある」

――へぇ~……新規のお客さんはどうやってお店のことを知るのかしら。

「フェチ系の店とかイベントとかで口コミで回るんじゃない? 場所は公表してないしね。オーナーの電話番号だけ最初伝えられて、電話で『この辺りです』っていう大まかな場所しか言われないみたいだよ。『近くまで来たら詳しく言います』みたいな」

――ブラックな匂いがプンプンするわ~。オーナーひとりで全部対応できる規模なわけだものね。

「その小さい規模の身内感、仲間内感が好きって言って通ってるお客さんばかりだよ。まったり飲んでるのが楽しいって言って酒だけ飲んで帰る人もいるからね」

――普通に飲んでて、『あら、また来てるの~?』って人ばっかりなレベル?

「そう。全然スカトロに関係ない話とかもして仲良くなるし、あだ名とか付け合ったりする。そういう店だから本名で名乗り合わないからね、お互いが適当につけて定着した名前とかで呼び合ったり」

――仲良くなって、店を通さないで会おうとか言われない?

「意外とないんだよね。下手にそんなことして出禁になったら嫌だろうし、そこはオーナーの教育の凄いところもあるし」

――そのへんの安心感があるわけね。どんな客層なの?

「暗黙のルールで仕事聞いたりはしないかな……何せ特殊な趣味なわけで普段は隠してるってみんな言うしね。でも年配の方が多い中で、ひとり20代前半の常連さんがいる」

――ええっ、そんな若いうちからスカトロにハマっちゃう男が……。

「オッサンたちの中で、息子みたいに可愛がられてるよ(笑)」

――働いてる女の子は若い子? 見た目とかどんな感じ?

「いや、30代もいるし、ブスもいるよ。暇な時にお小遣い稼ぎにくれば? っていうスタンスのオーナーだから、採用基準とか特にない。私くらいの年代でイケイケな子だったら、普通に風俗嬢やったほうが儲かるだろうし」

――じゃぁどうしてナオは風俗店には行かないの?

「私はこの雰囲気がいいかなって。風俗やったことないから実際わかんないけど、『初めまして~』で知らない人とすぐそういうことしなきゃいけないのは怖いし、従業員も全部見張ってるわけじゃないから何があるかわかんないから怖いよね。事件も実際多いじゃない? それに比べたらここの常連さんはいい人多いし、お客さん来なくても日給はもらえるし、拉致監禁みたいな危ないことにはならないし。好きに飲んで、遊び半分でプレイするスタンスは嫌いじゃないしね」

 あっけらかんと話すナオ。スカトロプレイ自体に抵抗はなかったのかしら。他の性風俗業に限らず、別の仕事に就かずあえてこの職場にいる理由は何? 後編では根掘り葉掘り聞いていくわね。お楽しみに。

(アスモデウス蜜柑)

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

messy

記事提供

女子の素直な“ウラの欲望”に迫った本音情報サイト - messy /メッシー
URL:messy

オススメコラムリスト

  • 1.身体改造パフォーマーという職に就いた女
  • 2.常に刺激にまみれていたい…身体改造パフォーマーは普通コンプレックスの塊
  • 3.「こんな屈辱的な私ドヤ!?」痛みを伴うパフォーマーの追求する不確かなもの
  • 4.完全なるブラックビジネス・会員制スカトロ専門クラブで働く女
  • 5.「自由で気楽」なスカトロプレイマンションでのお仕事
  • 6.童顔美少女の外見なのに「超ヤリチン」な女装男子の華麗な日常
  • 7.ヤリ捨て女に酷いあだ名をつける鬼畜童顔女装男子の「稼ぎ方」
  • 8.お客を「犬」「テーブル」「足置き」扱いする、フェティッシュバーのS嬢
  • 9.ハマるとやめられない「フェティッシュバー」店員という仕事
  • 10.実の子供さえ差し出す…売春大国・タイの性風俗店で働く女
  • messyコラムリスト

    ページTOPに戻る