月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

新着レビュー

【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 白王子の監禁調教 淫らに感じる身体
【完全版】黒王子と白王子~ドSと鬼畜~ 白王子の監禁調教 淫らに感じる身体
★★★★★
投稿者:りん
2017/02/25

< 購入者のレビューです >
ストーリー的には、少しハードなものでした。でも話のテンポが早いせいもあり、重苦しい雰囲気を長く感じる事なく観る事ができました。翔太くんの顔の表情の変化も見所のひとつです。 ラブジェンガですが、思いのほか長時間で50分くらいあります。有馬さんと翔太くんの掛け合いが、おもしろいです。ジェンガに書いてあるお題に答えるというものです。ネタバレになるので、これ以上は言えませんが普段聞けないような話や、そんな事があったんだ、みたいなことも話してくれてますから、とっても楽しいですよ。 購入して絶対に損はしないと思います。
大島丈さんと2人きりになるとキスから始まり…② 正常位で求め合う
大島丈さんと2人きりになるとキスから始まり…② 正常位で求め合う
★★☆☆☆
投稿者:匿名
2017/02/24

サムネイルでわかってたけど、前編であんなに肛門舐めてたのにキス。 ファンタジーでも勘弁。
上京した弟と禁断の関係へ② 突かれながらのキスで感じちゃう
上京した弟と禁断の関係へ② 突かれながらのキスで感じちゃう
★★★☆☆
投稿者:Kirari
2017/02/24

女優さん、すごく可愛いし身体が綺麗で憧れる
疲れを癒してもらうはずがエッチなマッサージばかりに夢中になっちゃう
疲れを癒してもらうはずがエッチなマッサージばかりに夢中になっちゃう
★★★★★
投稿者:匿名
2017/02/23

寝バック好き・・・突いてほしい。
大島丈さんと2人きりになるとキスから始まり…① お尻を舐められちゃう
大島丈さんと2人きりになるとキスから始まり…① お尻を舐められちゃう
★★★☆☆
投稿者:匿名girl
2017/02/23

今までのまどかちゃんにあった「ぎこちなさ」とか「恥ずかしげ」なとこがなくて「オンナ」のまどかちゃんで良かった!

【短期集中連載:必殺・裏仕事人】

7. ヤリ捨て女に酷いあだ名をつける鬼畜童顔女装男子の「稼ぎ方」


 「日本のディープな場所で働く男女」に注目する本連載。3人目の裏仕事人、女装家としての生き方で仕事をする花乃こゆきの後編よ。前編はこちらから読んでね。

――改めて、女装家としての「仕事内容」について聞かせてちょうだい。今はどんな活動がメイン?

こゆたん「イベントのプランニングとかモデルとか、歌舞伎町のBARでバイトしたり。様々ですね。ギャルソン東京(現在はアクセスできません。)という媒体で女装家としてのコラム(現在はアクセスできません。)を書いたりもしてました」

――イベントって、例えばどんなものがあるのかしら。

こゆたん「女装家のファッションショーみたいなものもあるし、タレントさんをゲストにしての交流会とか。いろんな人と知り合う中で楽しい仕事に繋げられたらって発想で」

――それのプランニング料とか出演料がもらえるというわけね。女装家としての最終目標みたいなものってある?

こゆたん「実は日本で大きなカジノを広めたいと思ってて」

――あら、また斜め上の返答がきたわね。

こゆたん「アメリカで勉強していたのが、エンターテイメントビジネスのカジノの学科なんです。周りもタレントとかモデルとして女装家の生き方を応援してくれているので、その女装家のままカジノ親善大使、みたいな肩書をつけたら面白いかなって。しかもカジノ学科のマネージメント部で、日本人初の卒業生なので……日本にカジノが出来たら活躍できるんですよ。将来は“カジノ産業を日本に誘致する事”を大きな目標として常にアンテナを伸ばしています」

――ただの女好きじゃなかったのねぇ。なぜカジノについて勉強をしたの?

こゆたん「女は大好きですけど(笑)。元々、中学生の頃にアメリカのプロレス団体のWWEから多大な影響を受けた事をキッカケにアメリカ・ショー・エンターテインメントに興味を持つようになって。高校卒業後、単身カリフォルニアに留学し、エンターテインメントビジネスでカジノが一番面白いと思って。アメリカ生活の中で、様々な人種・思考・考え方に触れ、“Competitive Advantage=人とは違う特殊性”を身に付けました。
女装を始めたキッカケも、最初は占い師の助言からだけど、童顔な自分のコンプレックスを逆に逆手にとりたいという観念が元々あったからこそ。今では女装がコミュニケーションツールであり、自分の個性だと思ってます」

――現政党はカジノ解禁を目指しているとはいえ、まだ法案は成立していないし、成立したとしてこゆたんがすぐにそこに食い込めるわけじゃないわよね? しばらくはタレント活動をメインに行っていくつもりかしら?

こゆたん「そうですね。事務所も決まったので、そこからいろいろと仕掛けていこうと思ってます。この間、僕のDVDもアニメイトさんから出たんですよ。女装のイメージビデオみたいな」

――どんな内容なの?

こゆたん「他の女装の子も出てて、可愛らしく焼きそばとかを『あーん』って食べさせてあげたりするような(笑)。でも僕なんかは『食えよ!』って口に無理矢理突っ込んだりして。ぶりっ子キャラはしないんで、素のままいきました」

――それでOKなのね、こゆたんの場合。

こゆたん「現場の人たちも『こゆきは仕方ないね!』で済みましたね。根が男なんで」

――女装してる子って言動も女らしい子が多いイメージはあるけど、どうなの?

こゆたん「多いですね。というか、女装してるとだんだん男だということが分かんなくなっちゃう人が多いように見えます。同じくらいの時期に女装を始めた子が、元々は恋愛対象は女だったのに今では男でも何でも食えるように変わっていったりとか」

――心も女の気持ちになっていったのかしらね。

こゆたん「男の人にチヤホヤされるのが好き、ってなっていった子で。可愛いとか綺麗とか言われると嬉しいじゃないですか。もっと女になろう、なろうとして……女装以前のような男としてはもう生きていけないみたいですね」

――こゆたんはそうはならない?

こゆたん「ならない。くどいようだけど、女大好きですから」

――今後のタレント活動の動きとしては?

こゆたん「モデルもやってるしそれはそれでいいけど、それよりバラエティー向きだと思うからそっちかな。雑に嘘なんかもくっちゃべって面白がってもらえればと。あとはモテ本を書きたいんですよ」

――女装家が書くモテ本、面白そうね!

こゆたん「そろそろ書き始めるんですけど、事務所の社長も手伝ってくれるみたいなのでいろいろ温めてたネタを出していけそうです。基本的に僕は女装をしてそのスタイルでいろんな女の子を口説いてきたことをまとめようと思っていて……あ、でも決して女装を勧めようとかではなく」

――女装をしてみたい男は意外と多いみたいだけど、可愛くなる人というか、似合う人が少ないもの。女装でモテるケースは珍しいわよ。

こゆたん「女装が似合う男なんて100人に1人もいないと思いますよ。似合わない人の方が圧倒的で。自分でいうのもなんですけど、イベントでも女装さんが僕を見に来るっていうのも多いんですよね。僕は女装家の憧れの的みたいで」

――まぁ、今まで会ったセクシャルマイノリティと関係のない趣味の女装家で『あんたがやらないでよ、見苦しいわね』って人は何人もいたわ……。その中でこゆたんは可愛いな、って正直に思ったからね。

こゆたん「僕が働いてる歌舞伎町のBARがには、女装家さんがアドバイスを求めにきたりもするんですよ。『僕の女装どうですか』って。でも基本的に全員『お前には僕と同じジャンルは無理!』って言ってますね。二丁目にいるドラァグクイーンとかね、そういうジャンルならいけるタイプならまだいるんですけど」

――あ、ちゃんとアドバイスもするのね。

こゆたん「この間来たお客さんにはそっちに行けって勧めましたね。二丁目で寝てこいって意味で『寝技よし子』ってあだ名もつけてあげました。僕も毒舌でズバズバ言うんで」

――何それ、あだ名も付けるの? 私にもちょっと付けてみてよ。

こゆたん「ん~~……『キャバ嬢くずれ』(笑)」

――……ちょっと裏きなさい。

こゆたん「冗談ですよ!(笑)でも女装したい人って童顔よりも大人っぽい顔立ちとか、外人顔とかが僕の周りには多くて。ニューハーフでもそうですけど、綺麗系になる人はいても僕みたいになる人は稀みたいですね」

――そうでしょうね。童顔、憧れるわ……。話は変わるけど「女好き」っていうじゃない? 性欲も旺盛なの?

こゆたん「セックスは正直飽きてきました。やりすぎましたね」

――その可愛い恰好でヤリチン発言が何とも憎めないわね。

こゆたん「可愛いオネーチャンから5~6人お誘いがある日もあるんですよ。アプローチは多くても最近はもう興味ないかな、そこには」

――へえぇ、自分からヤりたい! って女がいても自分から仕掛けることはあんまりないの?

こゆたん「僕も嫌な奴なんですけどね、一回ヤッた女とはほとんどもう二度目はないかな。ちなみに、そいつらにつけるあだ名が『TENGA』とか『ルンバ』とか『ダイソン』とか」

――最低! 女の敵!

こゆたん「最近『TENGA』の女の子にね、『私ってこゆたんのオナニーの道具でしかないの?』って言われたんですよ。その返答として普通の男だったら『ごめんね、そんなことないよ』みたいにフォローするじゃないですか。でも僕の場合は『お前にそれ以外何があるんだよ』ってズバッと言っちゃうんですよね」

――ああ、そこまでハッキリしてるなら嫌いじゃないかも。ルンバってのは?

こゆたん「『ルンバ』の子はね、僕が充電器で女の子がウィーンっていろいろ会社やら遊びやら行って、戻ってきたらまた合体しようねっていう意味でつけました」

――ダイソンは……大方想像つくけど(笑)。

こゆたん「ご想像通り、吸引力がもの凄かったので。バキューム的な意味で」

――電化製品の名前を女につけるなんて初めて聞いたけどセンスが最高ね、分かりやすいし。その子たちはこゆたんが女遊び激しいのを知っててもアプローチしてくるわけ?

こゆたん「もちろん。でも、女の子って未知のものに興味ありますからね。女の子に非日常的なものを提供するってことは僕にはできますから。普通に男がデートに誘うような『映画行こう、ディズニー行こう』ってのは普通すぎて僕の中では絶対NGで。僕は釣り堀誘ったりしますね」

――釣り堀!? 男に誘われたことないわ、確かに。行きたくもないけど。

こゆたん「そうそう、普通誘わないじゃないですか、女の子を釣り堀になんて。でもそれが非日常の提供。意外とみんな来ますよ、そして最終的に『あなたとだったらどこでもいい』って言わせます。僕が競馬といえば競馬行くし。普通のデートコース行くときもありますけど、そういう緩急はつけますね」

――こゆたんを好きになる子ってもの凄くハマっちゃうんでしょうね。

こゆたん「もう大変。好き好き好き~! って感じです。一通りそういう子と『コト』が終わって、女の子から大体『次はいつ会ってくれるの?』って聞いてくるんですけど、僕はもう笑顔で『あなたが望むならいつでも』って返すんですよ。そうするとその子が笑顔でまた返してくるんですよ、『嘘つき』って」

――きゃー、なんか不倫ドラマみたい!

こゆたん「でもそんな関係がちょうどいいんですよ」

――そんな可愛い顔して俺様なのね。特定の彼女は要らないの?

こゆたん「彼女は要らないかな、仕事がしたいし。出版もあるから籠もって書かなきゃいけないし。自分の生活に合わせられる子じゃないとダメだし」

――女装家が教えるモテ本は女が読んでも男が読んでも面白そうだから、彼女作って落ち着く前に書いてほしいわね。

こゆたん「時々キャバ嬢もやってるんですよね、実は。3時間くらいしか出勤しないけど、普段それだけ女を手玉に取っててもその時は男を手玉にとってるわけじゃないですか。オジサンたちがすぐ僕に落ちるのも面白い」

――男がどうされたら弱いかは熟知してるわけだものね、強いわよね。

こゆたん「いろいろと勉強もしましたからね、僕の経歴って結構面白いじゃないですか。オジサンたちの話にも簡単に合わせられますしね」

――そんな様々な経歴を持ちすぎているこゆたんだけど、女装家ってつけるだけでいろんな仕事に繋がりそうよね。たとえば女装してテレビに出て歴史を教えたりするバラエティー企画なんかもできるわけでしょ?

こゆたん「やっていきたいですね。経験は活かさないと。今となってはいろんなビジネスに繋げるための女装ですから」

――ずっと女装は続けていくの?

こゆたん「10年後にはやめたいです。面倒くさいは面倒くさいですから(笑)」

――なんだ、ずっと続けていくのかと思ったわ。

こゆたん「今は楽しいし好きですよ? メイク変えたりするとテンションも上がるし。でもずっと続けるとなるとね……その頃までにはビジネスで成功していて、割り切って女装をしなくてもいいようになってはいたいですね」

 女装家。それが趣味ではなく仕事になっているって改めて稀なことよね。仕事の内容よりも彼の女遊びの話の方が面白くてそっちにばかりスポットを当てすぎてしまった感が満載だけど、今回の仕事人もポテンシャルが高くていい刺激になったわ。私の好奇心がどんどん満たされていく本連載。でも、まだまだ足りない! もっと知りたいディープな職業もあるし、読者の皆さんの周りにいない仕事人たちの本音を聞き出したいわ。

 そうそう、女装に興味がある読者さんがいたら、一度こゆきBARを訪れてみるといいかもしれないわね。

■花乃こゆき
【SNS】Twitter: @Hana_no_koyuki /Facebook: 花乃こゆき /アメブロ: アメリカ帰りの女装男子が綴るSWEET BLOG

【特技】オカリナ。高校の時に始め、「Say Yes」「Love is Over」などの懐メロを中心に演奏。俳句・川柳。去年の7月からはじめた趣味で、週一回の句会に参加しており、5・7・5の短い言葉で情景・想いを伝える練習中。日本史も大好きで、他にも職業で歴史の先生をしていた経験もあり。フリーラインスケート。日本では競技人口が少ないため、習得するために練習中。

(アスモデウス蜜柑)

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

messy

記事提供

女子の素直な“ウラの欲望”に迫った本音情報サイト - messy /メッシー
URL:messy

オススメコラムリスト

  • 1.身体改造パフォーマーという職に就いた女
  • 2.常に刺激にまみれていたい…身体改造パフォーマーは普通コンプレックスの塊
  • 3.「こんな屈辱的な私ドヤ!?」痛みを伴うパフォーマーの追求する不確かなもの
  • 4.完全なるブラックビジネス・会員制スカトロ専門クラブで働く女
  • 5.「自由で気楽」なスカトロプレイマンションでのお仕事
  • 6.童顔美少女の外見なのに「超ヤリチン」な女装男子の華麗な日常
  • 7.ヤリ捨て女に酷いあだ名をつける鬼畜童顔女装男子の「稼ぎ方」
  • 8.お客を「犬」「テーブル」「足置き」扱いする、フェティッシュバーのS嬢
  • 9.ハマるとやめられない「フェティッシュバー」店員という仕事
  • 10.実の子供さえ差し出す…売春大国・タイの性風俗店で働く女
  • messyコラムリスト

    ページTOPに戻る