月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【おはなちゃんのジコマンコデイズ♥】

23.女子校育ちが抱える「男の人って怖い」の原因とは

皆さんは、「女子校育ち」と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか?
お嬢様? 箱入り娘? 世間知らず? 秘密の花園のような場所? 想像を膨らませる人も少なくないのではないでしょうか。

私が通っていた女子校は、女の子らしい子ももちろんいましたが、それ以上にたくましい女子が多かったように感じます。男子がいない生活を6年も続けていると、必然的に「男性的な役割」を担う場面があるためでしょう。「ねぇ~男子ィ、重たい荷物持って~♡」なんて頼む相手がいないのでね……! 女子校の実態については、面白おかしく描いた本や漫画などがたくさんありますので、ぜひそちらをご参照ください。理想郷をイメージしている人はショックを受けること間違いなしですが、女子校はいいところですよ♪

さてさて、そんな女子校育ちの私。実はmessyでも話題の「男性恐怖」に近いメンタルの持ち主でもあります。同年代の男性との接し方がわからず、おじさんばかりと付き合う理由のひとつでしょう。そして、周りの友人たちも似たような感情を抱いているようで、高校卒業後の男性との付き合い方に大変苦労していました。

「異性と何を話したらいいのかわからない」
「ヤリ捨てされたらどうしよう」
「イチャイチャなんて絶対無理ー!!」

恋愛に奥手なだけとも言えるのですが、とにかく男性に対して、無知から来る恐れを抱いていたのです。

中には、男子校の文化祭に出かけて行っては男の子をゲットするというヤリ手の一軍女子もいたので、みんながみんなそういう子ではないのですが……自分から外に出て、男の子をゲットする一軍女子はほんの一握りでした。

女子校あるあるが生み出す男性への理想

ではなぜ、女子校育ちの女の子は男性に対して恐怖心を抱いてしまったのでしょうか? それには、女子校ならではの“あるある”が関係しているように思えました。以下、女子校あるあるです(笑)。

1.センパイを好きになりがち~!

男性がいない環境では、恋愛対象が「先生」や「先輩」になることが多々あります。特に、部活の先輩は、数年に渡ってお世話になるので、憧れという感情が恋愛に発展してしまうこともしばしば。ちなみに私は中学時代に演劇部に所属していました。女子校の演劇部では、「男役」が必要になることもあります。ショートカットで、スラッとした体型のM先輩は、声も低くて人気の先輩のひとりでした。部内だけでなく、同学年の女子からも大変人気があり、ファンレターやプレゼントをたくさんもらっていました。これだけなら、共学にもそんな女生徒はいるかもしれないですが……決定的な違いは男役の女生徒の「女子の扱いの上手さ」です。同性だからわかってしまう“的確なツボ”ってありますよね。こうされたら嬉しいとか、こういうのはイヤだとか。そういった部分をしっかりと理解したうえで接してくれるので、まさに「理想の先輩」になっていくのです。男性との関わりでは感じられない、独特の満足感を得ることができるのです。少女漫画が現実化されていると言っても過言ではありません! そういった環境で育つことにより、男性への理想が自然と高まっているのではないかと思います。

2.男と女をウチの世界、ソトの世界に分けがち~!

女だけの世界にいると、「男性」という生き物がなんだか別の世界の生き物なのではないか? と思うようになっていきます。これはこれでいいことだと私は思っているのですが、仇となることもあるようです。私自身も経験したことなのですが、まず男性教師に対する当たりが強い(笑)。女子生徒が群れになると、ものすごいパワーを発揮します。怖いものなし。新入りの若い男性教師なんて、いい獲物です。体育祭などでは、制裁のごとくボコボコにします。もちろんこれは本気でやっているわけではなくて、「若い男のセンセ」という生き物に対する甘えなのですが。本当は仲良くなりたいけれど、男性との付き合い方がわからない私たちは、からかうことしかできなかったのでした。ウチらの世界に飛び込んできた、ソトの世界の生き物である「若い男のセンセ」。異世界の生き物だと思っていたからこそ、接し方がわからなかったのでしょう。

3.卒業後の現実に戸惑いがち~! 理想とのギャップについていけない~!

女子校はビニールハウスのようなものです。大事に大事に温室で育てられた私たちは、ソトの世界知らないまま出荷(卒業)されます。中学から6年間女子校だった私は、大学入学後、6年ぶりに男性と同じ教室で講義を受けるということが恐怖でした。「もし男子と隣の席になったら、何を話せばいいんだろう?」「何も話さないのも感じ悪いのかな?」入学当初は、そんな不安を抱えながら通っていたのを思い出します。共学育ちの女子たちは、なんのためらいもなく男子に話しかけています。普通に男子の背中をバシバシ叩いたり、男子に触られても気にならない様子。そんな光景を見ては「信じられない、あのワザを身に付けたい」と心の中で思うのでした。

結局、男子とうまく距離を縮めることができず、大学時代は女子と過ごす時間が圧倒的に多くなりました。男女のグループで飲みに行ったりもしましたが、どうしても壁を作ってしまい、「おはなちゃんって絡みにくい、俺らといても楽しくなさそう」とまで言われてしまいました(泣)。私の同年代苦手症はこういう経験からも来ているのかな……。

このように、女子校あるあるによって生み出された思考、つまり「男性への理想が高まるくせに、男性との関わり方がド下手クソで距離を縮められないから、ギャップに戸惑って男性恐怖症に陥る」のではないかと考えられます。こういった思考って、私は「そうだよね、わかるわかる!」と共感できるのですが、共学で育った人たちにはまったく理解されないものみたいですね。「なんでそんなに壁を作っているの?」と聞かれることもありました。きっと、私は頭の中で「男子はこうだ!」と決めつけて、「自分とは無縁の人間だ」と勝手に逃げていたのだと思います。今は、自分勝手で幼稚だったと反省できますが、当時の私はソトの世界に慣れることに必死だったのでしょう。なんだか女子校に対して、マイナスイメージを植え付けてしまいそうな記事ですが、女子校はとってもとってもいい所です! もし私に娘ができたら、女子校という選択をオススメしたいと思っています。

今回の記事は、ほぼ自己分析になってしまいましたが、これを機に「同年代とも向き合えるのでは!?」という気になってきました(笑)。同じような悩みを抱えている人や、男性に対してうまくアプローチできない人は、一度自分の過去を振り返ってみると、意外なところに原因があることに気付けるかもしれませんね!

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

momoko

記事提供

■おはなちゃん/ オープンスケベ。4歳で初めて股をこすってから、性に目覚めた21歳。普段は女子大生、事務アルバイトをこなしながら日々性を楽しんでいる。 おじさんキラーであり、現在24歳年上のおじさまとお付き合い中。

オススメコラムリスト

  • 1.ヤレそうな女
  • 2.オナニーの確認連絡
  • 3.父親の勃起したチンコを見た話
  • 4.天気の話をするホストは辞めてしまえ
  • 5.今朝みた夢の話
  • 6.HIV検査にいった話
  • 7.エッチが好きで何が悪い
  • 8.女主導のセックス、男の反応
  • 9.池袋パンツ事件
  • 10.ちんこの味
  • 11.精子って美味しいの!? 十人十色の精子を飲み比べちゃいました!
  • 12.いつ外すべき!? 女子が抱える「おりものシート問題」
  • 13.勃起状態でキャバクラに来る男たち!その目的は?
  • 14.ちょっとエロイこと書いたくらいです~ぐ「おっさん乙」って言う人なんなの?童貞?
  • 15.オナニーで快眠ライフ!? 原点回帰オナニーのススメ☆
  • 16.セックスを「気持ち悪い」と言い切る処女はセックスレス予備軍でしょうか?
  • 17.中イキってどんな感じ!? 中イキするために必要な自己流3つのポイント
  • 18.三大欲求を満たせば、大体の男は惚れてくれる!? 片想いをスルッと脱却する手順
  • 19.相席居酒屋にリベンジしてきました!~渋谷編~
  • 20.母親に「ボーイズラブ」漫画収集がバレた時の話
  • 21.ノーフェラチオDAYに使える方便 BEST3
  • 22.パーティ、お赤飯…「初潮のお祝い」はアリorナシ?
  • 23.女子校育ちが抱える「男の人って怖い」の原因とは
  • 24.24歳年上彼氏との日常~会話・セックスの現実~
  • 25.「オナニーなんて気持ち悪い」と感じていたこともありました
  • 26.「結婚を意識し始めると一緒にいるだけでは満たされない」おじさん好き女子の課題
  • 27.「球拾い」さえも自慢のタネ“自過剰アピ男“が抱える心の闇
  • 28.ナプキンの捨て方、臭い対策も…自分の経血、嗅いだことはありますか?
  • 29.おはなちゃん、健康婚活はじめました~キックボクシング編~
  • 30.おはなちゃんの健康婚活! ~ホットヨガで股間に目がいく男子集団に出会う~
  • messyコラムリスト

    ページTOPに戻る