月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

【短期集中連載:セックスレス】

4. 産後のセックスを拒否される妻の苦悩と夫婦間の問題

 セックスコラム第4回は拒否されている女性の気持ちと原因を探っていきたいと思います。心理的な説明がないと理解しづらいので、第一回の心理的な説明からお読みくださいね。

留美さん 専業主婦/第1子の誕生を境にセックスが激減/現在はほぼセックスなし

 留美さんは同級生だった彼と遠距離恋愛や同棲を経て、交際3年で結婚しました。

 現在は12歳、8歳、2歳の3児の母で、毎日子育てに追われ、自分の時間はほぼないそう。双方の両親と離れた場所に住んでいることもあり、「1人で子育てをしている」気持ちになり、孤独を感じていました。子育てのストレスも溜まり、唯一の話し相手がメールでやりとりをする友人のみ。

――旦那さんとセックスレスに至った経緯を教えてもらえますか?

「セックスが減ったのは1人目が産まれてからです。出産する前は週3回していたのですが、週1回になりました。私は2人目が欲しかったので、『子作りして欲しい』と率直に伝えて無事授かりました。しかし3人目が産まれてからはほぼしていません。旦那はエンジニア系の仕事で時間が不規則なうえに1日13時間働いています。そのため早朝出勤の深夜帰宅か、夜出社の朝帰宅というサイクルで、夜勤明けはたいてい寝ています。旦那の不規則な生活が原因で喧嘩ばかりです」

――喧嘩というと?

「旦那は『寝ている時は絶対に邪魔はするな』『しんどい』ばかり言っていて、たまに元気な時は自分の部屋にこもって、プラモデルや日曜大工的なものを休日に黙々と1人で作っているんですよ。『たまには子供たちと遊んであげよう』という発想がないんです。私がたまに外で食事がしたいと言うと『子供がいると楽しめないから、家でイイ肉を買って食べよう』とか、節約しているのに『食費が高い、おやつ買いすぎだろ』などと100円のおやつより、旦那のワイン代のほうがよっぽど高いのに言ってきます。私と旦那の希望が一致しないんです」

――夫婦のコミュニケーションは取れています?

「実は夫婦仲を改善しようと思って、夫婦関係のカウンセラーさんのところに行ったんですよ。そしたら、『全部旦那のせいではなく、私にも原因はある』と言われて。確かに家にいる時『私だってしんどいのよ』とか『仕事ばっかりして』という態度を全面に出して、『なんで怒ってるの?』と聞かれるほど旦那にツンケンしていました。カウンセリングを受けた後、優しい態度を心がけたところ、旦那の対応がよくなって。それからカウンセラーさんに2人だけの時間を共有することを提案されたんです」

――それでセックスレスは改善されたとか?

「一時期は改善しました。旦那と一緒に旦那の好きな映画を観ることにしたんです。結果、映画が終わるとそういう雰囲気になってセックスできたんです。この時期は私も精神的に安定し、子供たちにも優しくできました。でも映画を観てからセックスをすると、終わるのは夜中の3時ごろ。私は朝7時に起きて子供を送り出さなくてはいけないので身体がしんどかったんです。なおかつ私はどちらかというと外に出たいと思っていたため、『ずーっと家なの?』と不満をぶつけたところ、『子供を連れて外に出ると疲れる』と言われてしまいずっと平行線なんです」

――ベビーシッターや一時保育を活用するのはいかがでしょうか?

「旦那の年収は800万円台と経済的に余裕があるので、預けてみることもアリかと思います。しかし私が結構貧乏性で節約ばかりしているため、そういうことにお金を使うのは罪悪感があるんです」

――それなら預けて、自分を大事にする時間を取ってもいいかなと思います。

「今、正直言うと全然自分に余裕がないんです。子供が何かしたら、怒りが抑えられなくて、怒鳴ってしまったり、どうしても言うことを聞かない時は叩いてしまいます。こんな状態なら預けたほうがいいんでしょうけど……」

セックスレスの原因

 留美さんのセックスレスの原因は夫と妻、双方の「ハードワーク」と「ストレス」です。

 昔は地域ぐるみで子供をケアしていたり、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒になって子育てをしていました。しかし個人主義の時代に入り、 都会では“核家族”と呼ばれる親と子供だけで居住する家庭が増え、ご近所付き合いというのは少なくなりました。現代の子育ては、母親の負担ばかりが増え頼る人も少なく大変孤独な時代です。その中で子供を預けるとなると、一時保育園かベビーシッターを利用するのが一般的です。

 ヨーロッパ随一の出生率を誇るフランスでは、ベビーシッターに子供を預けると税金でシッター代をまかなってくれます。そうすることで夫婦水入らずの時間を作り、夫婦が男と女に戻ることでセックスする機会が増えた結果、第2子の出生率が上がりました。

 日本ではまだまだ子供を預けて自分たちの時間を楽しむことに、とても抵抗があり子育てのストレスを抱えがち。

 一見、留美さんと旦那さんの要求は平行線に見えますが、「子育て」によりストレスを溜め込んでいる留美さんと、「子供がいると外で楽しめない」という旦那さんは「子供がいることで、楽しむ時間がない」という根本的な原因は同じです。

 そして、旦那さんは留美さんに「仕事で疲れている」ということを理解して欲しいということ。一方、留美さんは旦那さんに「寂しさ」を理解して欲しいのですが、双方が忙しすぎてすれ違い、お互いを理解する心の余裕がありません。その結果ストレスが溜まり、発散する時間や場所がなく、怒りの矛先がお互いにパートナーへと向かっています。

 双方のストレスフルを解決する方法はあるのでしょうか?

拒否されている女性の場合

*子供を預けて、自分を大切にする時間を持つ。

 夫婦水入らずの時間を作るために、旦那さんと話し合い子供を預ける時間を作りましょう。

 旦那さんと共有する時間だけでなく、自分自身を大切にする=家族を大切にするためにも、1人でリラックスできる時間を取ることも大切です。1週間に2時間でも子供を預けてみて、外に出かける、カフェに行く、1人ランチをすることで、イライラすることは減るかもしれません。

*働いている旦那さんに感謝をする。

 留美さんが子供を預け気分転換をした後に、働いている旦那さんに感謝をしましょう。

*コミュニケーションスタイルを変える。

 留美さんはどちらかというと、旦那さんに自分の状態を上手く伝えることができず、溜め込んでいくタイプ。溜め込んだ気持ちが爆発する前に、自分自身のストレスの状態を説明しましょう。

 また、「いつも家なの?」と批判的なコミュニケーションスタイルをやめ、提案型に変えることも大切です。

「私は子育てで家にいつもいるから息がつまりそう。外に出たい」

 など、理由と要望を伝えてみましょう。多くの男性は、ハッキリ言わないと女性が何でイライラしているかを理解できません。なので、留美さんが怒っている理由を説明せず、ツンケンしている時も「なんで怒っているの?」と何度も聞いています。“言わなくてもわかって”という思いが双方のすれ違いを生んでいます。

 そして旦那さんは、留美さんが1人で子育てをしている感覚となり、孤独を感じていることを理解していません。男性は女性に比べ、繊細に相手の感情を先読みし共感することが上手ではありません。留美さんから旦那さんに素直に気持ちを伝えていく必要があります。

拒否している男性の場合

*子育ては母親1人では大変だと理解する。

 自分の仕事量がキャパオーバーな男性の場合、子育てや家事をしている女性に感謝や尊重を忘れがちです。女性はたくさんのストレスを抱えながら、子供を育てていることを理解しましょう。その中で出来ることがあれば、自分の無理のない程度でサポートをしていくことが大切になります。

*子育てをしているパートナーが自分自身を大切にできるようにする。

 現代のお母さんはストレスを発散する場所と時間があまりありません。そんな生活の中で、いい肉を買って家で食べることよりも、外で息抜きをする時間が欲しいと思っている方も多いのです。例えば美容院に行く、子供を2時間だけ預けるなど、彼女たち自身のためにお金を使うことに対して文句を言うのは止めましょう。家族のためにも、お金を出し惜しみしないことです。

*2人の共有する時間を作ろうとしているパートナーに感謝する。

 夫婦仲が上手くいってない場合、解決しようと行動するのは女性のほうが多いです。結果はどうであれ、その行為を認めて感謝をしましょう。今回紹介したのは留美さんだけですが、取材をしていくうちに何人も同じような状況の方に出会いました。子育てだけでなく、共働きの夫婦にも同じような課題があると思います。ベビーシッターの体制もまだあまり出来上がっていない日本では、子供を預けることに抵抗がある女性が多いのは事実。ただし、あまりストレスを溜め込んでしまうと、子供にも影響を及ぼします。様々な状況を見据えて行動を起こしてくれた女性への配慮を忘れないということが大切です。

 「不満を爆発させる」のではなく「相手に伝える」、「文句を言う」のではなく「相手を理解しようとする」。人付き合いの基本とも言えるようなことですが、セックスレスは日常のストレスの積み重ねで生まれます。「現代の子育ての状況」を夫婦間で共有し尊重し合うことができれば、留美さんたちのような夫婦は減っていくかもしれませんね。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ページTOPに戻る