【ソウルの男と女】

2. マッチョな男たちに囲まれる軍隊は天国か地獄か。韓国徴兵制とボーイズラブ


「もう社会は変わった。これからは堂々と幸せに生きていきたい」

 2013年9月13日。韓国社会で初となるゲイカップルの結婚式が行なわれた。このたび結ばれたのは、映画監督キムジョ・ガンス氏(48)と、クィア映画の制作、配給、輸入専門会社レインボーファクトリーの代表キム・スンファン氏(29)だ。※参考記事

 ふたりの顔には、積年の想いを果たしたという達成感からか、自然と笑顔がこぼれおちていた。ソウルの都心で行われた結婚式には、約1000人の参列者が駆けつけ、ふたりの結婚を祝福する様子が報じられた。ゲイカップル誕生のニュースを聞いた韓国ネットユーザーからは、「幸せに暮らせるように祈ります」「性的嗜好はともかく、彼らの勇気に拍手を送りたい」など、応援のメッセージが送られている。

 ただ、韓国社会全体の世論を見たとき、ふたりの同性結婚については反発が多い。保守系キリスト教団体から抗議の声が上がっているのは、その一例だ。韓国は人口の約20%がカトリック信者で、世界有数のキリスト教大国。アメリカなどと同様に、教義上、同性愛者を容認できないという世論が根強く残っているため、ふたりの「婚姻」が正式に受理されるかどうか注目の的になっている。

 さて、韓国社会でゲイの問題が取り沙汰されるとき、必ずと言ってよいほど議論される話題がある。それは、徴兵制および軍隊内における同性愛者たちの存在だ。韓国には成人男性に徴兵制の義務があることはよく知られているが、そこで問題。そもそも同性愛者は、軍隊に入隊できるのだろうか?

「証拠として性行為を撮ってこい」

 韓国にはゲイの入隊禁止という決まりはない。ゲイであろうがなんだろうが、兵役の義務は果たさなければならない。というよりも、そもそも韓国の軍隊ではゲイという存在自体を認めていないのが実情だ。

 軍刑法92条には同性愛を禁止する法律がある。ボーイズラブのことを隠語で“鶏姦(ケガン=同性愛者の性行為)”と呼び、これを行ったものは、なんと懲役2年以下の罰則が与えられることになっている。“鶏姦”というネーミングセンスからして前時代的で差別的だが、愛に基づいたボーイズラブだとしても罪として裁かれるので、同性愛者にとっては非常につらい法律である。

 ただ、この法律の背景には複雑な軍隊生活の実情もある。たとえば、男性上官とのふたりきりの軍務中に、「パンツを脱いでみろ」と言われた経験を持つノンケの男性がいる。軍隊は徹底的な縦社会なので、上官の同性愛的嗜好が容易にパワハラとセクハラ両方に転じる可能性があるのだ。現在、この法律は同性愛者差別法として議論の的になっているが、廃止に関しては賛否両論がある。もし、自分が兵役に就くとしたら……。どちらが良いのか非常に迷うところではある。

 また、同性愛者の中には「男らしさ」や「暴力性」を強要される軍隊生活に馴染めない人々がいる。同性愛者を認めない軍隊のなかで、彼らは自分の性的アイデンティティをひた隠しにしなければならず、うつ病やひどいときには自殺願望すら抱くと言われている。自分自身の欲を全否定される場所にいるのだから、当然と言えば当然かもしれない。異性愛者の兵士であっても、ストレスが半端じゃないので、同性愛者のそれはほとんど“苦行”に近い。

 過去に、自らの性的な悩みを上官に訴え、転属を願い出たところ、ゲイであることを証明する動画の提出を求められた兵士もいた。簡単に言うと、男性と性的行為に及んでいる動画を撮ってこいということだ。これは、同性愛者にとっては許しがたい侮辱。もちろん、異性愛者だったとしても、そんな命令には応じることはできないのではないだろうか。

好みのタイプは軍隊にいない

 しかもエイズ検査や精神病棟での治療も強要され、踏んだり蹴ったりの状況に追い込まれたらしい。いわゆる軍隊内でのイジメにさらされるのだ。さらにひどい例では、軍側から家族に報告がいくこともある。同性愛をカミングアウトしていない兵士にとっては、身を焼くようなストレスになることは想像に難くない。

 韓国では兵役に社会的価値を見出す傾向が強い。企業でも、兵役を終えていない男子は社会人として一人前と認めない風潮がある。すなわち兵役を避けることは、一生にわたり社会的なハンデを背負っていくことを意味する。それは、同性愛者も例外ではない。

 ちなみに、同性愛者と思われる人物のSNSへの書き込みには次のようなものがあった。

「軍隊内ではゲイだということは絶対に内緒。言ったらとことんいじめられちゃう。それに、みんな誤解していることがある。ゲイが兵士とかマッチョ好きというのは偏見だし、むしろやせた子の方が人気がある。たとえば、SUPER JUNIORのキム・フィチョルや、ウォンビンみたいな?? ただ、そのほとんどすべてが想思病(死に至る恋の病)レベルの片思いだよ」

  ムキムキ男子の宝庫である軍隊といえば、同性愛者にとっては“男だらけのハーレム”とイメージしがちだが、その実態は“いるも地獄、さるも地獄”の規律社会なのだ。

 前出の、結婚式を挙げたふたりは「もう社会は変わった」と語ったが、はたしてそれは本当だろうか? たしかに同性愛者への国際的な風向きは変わりつつある。しかし、兵役における同性愛者への理解が皆無な状況では、韓国社会が同性愛者にとって暮らしやすい社会になるのはまだまだ先の話のように思える。

本文中の写真は、韓国初の同性婚を果たしたキムジョ・ガンス氏とキム・スンファン氏のツーショット会見YouTubeより
(文=河 鐘基)

このコラムへのレビュー(1件)

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

  • 2014/11/21 投稿者:匿名
      
    おすすめレベル:★☆☆☆☆

    フィチョルではなく、ヒチョルですよ。

プロフィール

messy

記事提供

■河 鐘基 /エンターテイメントから政治まで、韓国の社会問題を広範囲に取材。雑誌やウェブ媒体を中心にライター活動を展開中。K-POPも好きだがAKB48の方が好きという、韓流ライターにあるまじき趣味を持つ。さらに正直に言えば、ローラの方が好き。
URL:messy

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る