【ソウルの男と女】

3. 憧れの韓国アイドルのためならパンツも脱ぐ! 日本人女子の暴走&迷走


 K-POPアイドルを追いかけて韓国で暮らし始める日本人女性は多い。20代、30代、中には50代の主婦というのも珍しくない。彼女は「ピニのホヤ君が好きすぎて……」と、日本に旦那と大学生の子どもを残し、この夏から半年間、語学留学している。あ、「ピニ」とは、人気アイドルグループ「INFINITE(インフィニット)」の愛称、ホヤ君とはダンス上手な22歳のメンバーのことね。

 10代の韓国人ファンに混ざって毎日毎日サイン会や番組観覧に出かける、最初のころはそんな追っかけライフが楽しすぎて、「韓国に来てよかった~」と満足していたはずのに、女ってやっぱり欲張りさん。3カ月もすると、「もっと近くで会いたい」「私のことを知ってもらいたい」「みんなとは違う特別ルートで会いたい」と欲が出て、「海外生活の恥はかきすて!」と言わんばかりに、あの手この手でお目当てのアイドルに近づこうと奮闘する。

 大阪出身、29歳のマユさんは、韓国留学歴1年。森三中の村上知子を少~しほっそりさせたような彼女は、ひと言で言えばお笑い系。韓国人相手にも体を張ったボケを連発し、居酒屋では誰とでもすぐに友だちになれるが、韓国に来て男性と付き合ったことはない。と言うか、日本でも交際歴ゼロ。そんな彼女が夢中になっているのが、2年前にデビューした某6人組グループのメンバー。

 「韓国で追っかけしてる日本人ファンは、やっぱり目立つんですよね。サイン会に行くとメンバーが覚えていてくれたり、私が教える前に私の名前を書いてくれたりもしました。でもそんなことされると欲も出るし、期待もしちゃう。もしかしてカレも私のこと気になってるのかな? って」

 カレに近づくため、彼女が考えたのはマネージャーに取り入ること。「日本人だからきっとむげに扱いませんよね」――でもこのマユさんの計画、少々予想外の展開となっていく。

 マユさんはメンバーに同行するマネージャーBに、自分の電話番号を書いたメモと日本のお菓子をプレゼント。Bは彼女をむげに扱うどころか、すぐにメールで「よかったらご飯でも食べに行きましょう」と誘ってきた。向こうがマネージャー仲間ふたりを連れてくると言うので、マユさんも留学仲間に声をかけ、最初は6人で食事。その日以来Bから頻繁にメールが来るようになり、1週間後にはふたりきりで飲みに出かけた。

「Bは同い年。マネージャーというよりは、どちらかといえばドライバーのような役割だったみたい。見た目は普通。みんなで飲んだときは口数が多かった気がしたけど、ふたりになると、ほとんどしゃべってくれなくて。私がメンバーのことを質問しても、答えはどれもこれもあっさり。会話が盛り上がらなくて……。そうこうしながら焼酎を2本飲んだらふたりともかなり酔っちゃって、気がついたら正面に座っていたBが隣にいたんです」。

 太ももをスリスリされたり、髪を撫でられたり、Bのスキンシップ攻撃に、「嫌じゃなかった」とマユさん。「酔ってなかったら驚いたかもしれませんけど、なんだか気持ちよくて」。でもその日はそれで終了。居酒屋を出てふたりはそのまま別れた。「ホテルに行くのかなって期待したけど、あっさり別れたんでちょっとびっくり。家に帰ってから何度かBに電話しても出てくれないし、メールで『会いたい』と送っても返事はありませんでした」。マユさんはそれから1週間、Bにメールを送り続けるが、返事はいっさいなかった。

 いつの間にかメンバーのことよりも、マネージャーBに夢中になったマユさん。彼からようやく返事が来たのは、居酒屋デートから2週間後。仕事で忙しかったという彼と、前回と同じ居酒屋で再会した。

「私の韓国語が完璧じゃないこともありますが、その日もやっぱり会話は盛り上がりませんでした。彼が『会いたかったよ』と言ってくれることを期待していた私は、ちょっと拍子抜け。でも韓国の男は照れ屋なのかな~? とかなんとか自分の中で理由付けして、とにかく彼に嫌われないようニコニコしてました」

 そんな照れ屋で無口(らしい)Bは突然、マユさんに向かって、「ウチで一緒に暮らそう」と言った。「会いたかった」どころじゃない! 「一緒に暮らそう」だなんて突然すぎる! マユさんは驚いて聞き返したが、彼が話してくれたのは、「一緒に暮らしたいと思うほど、俺がどれだけキミを愛しているのか」ということではなく、家までの分かりやすい行き方だった。「あのときはとにかく嬉しくて」というマユさんは、次の日には荷物をまとめて彼の家に向かった。

「私が『着いたよ』とメールしたら、彼からすぐ『30分後には俺も家に行く』と返事が。ドキドキしながら待っていたら彼が来て、私の顔を見て最初に言ったのが、『時間がなくてすぐに出ないといけないから、ズボンだけ脱いで』でした……」

 言われるとおりにズボンだけ脱いだマユさん。すぐにBにパンツを脱がされ挿入されたそう。会話なし、イチャイチャなし、胸を揉まれることもなし、優しさもなし! 自分の目的だけを短時間で済ませ、「やっぱり一緒に暮らすのムリだから、自分の家に帰って」と言ってBは出かけていった……。

 ちょいちょいちょい! それっていくらなんでもヒドすぎないか! バカにしすぎてないか! 最低すぎるだろBの野郎! と思ってマユさんを見ると、彼女は怒るどころか目をキラキラ輝かせて、「思ったほど痛くなかったの」と処女喪失の感想を嬉しそうに話した。その後のマユさん、言われたとおり自分の家に帰り、Bに呼ばれるたびに彼の家に行きズボンだけを脱いでいるそうだ。あいかわらず会話なし、イチャイチャなし、胸を揉まれることもなし、優しさもなし……。そんなマユさんの最近の悩みは、「彼が顔に出したがるんですよね」らしい。

 さすがに彼女までの体験はなくても、アイドルに近づきたいがためにマネージャーと関係を持つ日本人女性は少なくない。で、肝心のアイドルには近づくことができたのか? 今度はそっちの成功談をぜひ聞いてみたい。

このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

messy

記事提供

韓美姫(カン・ミキ)/韓国生活も5年を超え、さすがにサムギョプサルには飽きたけど、こってり甘いソースを絡めたチキン『タッカンジョン』は週1→2とペースがあがってるこの頃。最近のビッグニュースは、アパートの下にチキン屋開店!
URL:messy

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

  • イク手前⁇(1)
    この前エッチしていたら、今までにない感覚におそわれました。 今までもとっても気持ち良くて涙が出ることもあったし身体がおかしくなりそうにもなっていたのですが、この前は、鼻水出るほど涙が勝手に溢れてきてとまらなくて、頭もぼーっとして、本当に変!と思いました。 気持ち良いけどやめてほしい!みたいな、、。これってイク前に感じるものなのでしょうか?人によって違うとは思いますが同じように感じた方いませんか?
  • イベント告知(3)
    シルクのみたいに敷居が高くないといいな ブラブラしてたら 有馬さんがいたみたいな そんなイベント希望します

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る