月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.05.22.
オリジナル動画発売情報【5/24、5/26発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

5/24 水曜日
・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

5/26 水曜日
・浅井陽登のお宅訪問
 ……浅井陽登君が女優さんの自宅を訪問!!女の子の私生活&陽登君の趣味をご覧いただけます。

また、GIRL'S CHアンケート&”ヒミツのガールズトーク”は23日の更新をもちまして一旦お休みになります。
楽しみにされていた方には申し訳ありません。再開は未定です。
 
2017.04.28.
【ゴールデンウィーク営業日のお知らせ】
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧頂き、誠に有難うございます。
ゴールデンウィーク期間中の弊社営業日につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

◆カスタマーサポートの営業について
------------------------------------------------------------


  4月29日 (土)休業
  4月30日 (日)休業
  5月1日 (月)10:00~19:00
  5月2日 (火)10:00~19:00
  5月3日 (水)休業
  5月4日 (木)休業
  5月5日 (金)休業
  5月6日 (土)休業
  5月7日 (日)休業

------------------------------------------------------------

※土・日・祝日が休業日となります。
ホームページでは24時間ご注文、メールでのお問い合わせをお受け致しております。
休業期間中に頂きましたお問い合わせにつきましては、営業開始後、順次ご対応させていただきます。

GIRL'S CH カスタマーサポート info@girls-ch.com
2017.04.24.
フロンティアワークス作品販売終了のお知らせ
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊サイトで販売しているフロンティアワークス作品の販売を、
4月30日をもって終了いたします。

対象商品は、下記シリーズの作品です。
・「Velvet voice」シリーズ
・「××されたいっ(ハート)」シリーズ

ご視聴期間が残っているお客様は、マイページよりご視聴いただけます。


なお、弊サイトでの販売終了後は、下記サイトよりご購入くださいませ。

Velvet Voice公式サイトはこちら


よろしくお願いいたします。

新着レビュー

【東京ティンティン+】混浴温泉で一夜の恋に落ちる② 快楽に激しく絶頂する
【東京ティンティン+】混浴温泉で一夜の恋に落ちる② 快楽に激しく絶頂する
★★★★☆
投稿者:あい
2017/05/22

女の人の顔があまりよくない。
貞松大輔さんとドキドキなハメ撮りの最後は…① イチャイチャ愛撫
貞松大輔さんとドキドキなハメ撮りの最後は…① イチャイチャ愛撫
★★★★★
投稿者:匿名
2017/05/22

まなちゃんと貞松さんコンビやばい!!←
諦めない男 ~受付嬢編~
諦めない男 ~受付嬢編~
★★★★☆
投稿者:はるか
2017/05/21

< 購入者のレビューです >
絡みはこのシリーズの中でダントツいい 北野くん本当に演技上手になったなーと思うし 女優さんも可愛くて綺麗ですごくいい でも顔射必要?(笑)
禁じられたPassion ~許されない恋に溺れた私~ 完全版
禁じられたPassion ~許されない恋に溺れた私~ 完全版
★★★☆☆
投稿者:匿名
2017/05/21

有馬さんの方が好きなんだけど、この動画は麻生くんのエッチの方が好き。 ネタバレになるから詳しく書けないけど、麻生くんのエッチはお互い気持ちよくなりたい感がすごく出てる! でもなごみ、振られたからってそんなにすぐ他の男の告白受けるの? AVならではの気持ちの切り替えの早さ、ある意味羨ましい。
黒田悠斗さんとの関係は秘密だけど二人きりの今は② 職場でエッチ
黒田悠斗さんとの関係は秘密だけど二人きりの今は② 職場でエッチ
★★★★★
投稿者:匿名
2017/05/21

女の子がかわいい☆ 椅子のギコギコも生々しくて良い(笑)! こんな風に激しく突かれてみたい~。

【まんこカスタマイズAtoZ】

04. デンジャラス・ビューティ♡まんこに毒を仕込む女たちの事情

「社会の窓」って言い方は、女のチャックに使えるのかな?――お手入れしたらしたで“ビッチ”扱いされ、お手入れしないならしないで“だらしない女”扱いされる不思議なパーツ、まんこ。人類がまんこに加えてきた、美白・脱毛・装飾などなどの“まんこカスタマイズ”の歴史をふりかえる連載、今回は「まんこに毒を仕込む女たち」のお話です。(連載・全10回予定)

中世フランスの媚薬は、○○の毒でできていた!?

SMのSのほう、「サディズム」の語源となったことで知られる、元祖ドSの人・サド伯爵。

彼は18世紀フランスに実在した貴族ですが、一度バスチーユの牢獄に入れられています(1)。容疑はいろいろありましたが、中でもちょっと見過ごせないのがこちらです。

「プレイ後に相手の女性が亡くなった」

いったい何をしたんだサド伯爵、っていう感じですが、原因は当時の未熟な医学にありました。スペインバエという虫の持つ毒に、熱感・血流増加作用があったことから、「この虫の毒を使えばまんこが熱く感じやすくなる!!」と、中世フランスで媚薬として大人気だったのです(2)。

スペインバエの毒は「パスティーユ・ドゥ・リシュリュー」なんていう、オシャレな洋菓子みたいな名前で呼ばれていました。この「パスティーユ・ドゥ(以下略)」を、サド伯爵が相手の女性に使わせた結果、致死量を超えてしまい死亡事故に至った……というわけです。

そうです、“死亡事故”です。裁判の結果、「サド伯爵には女性を殺すつもりはなかった」という判決が下されました。よって、数百年前にフランスで起こったこの件は、死亡事故だということにされているわけですが……どうでしょうね。

サド伯爵が貴族であったのに対し、相手の女性が社会的に弱い立場の娼婦であったことを考えると、私はこれが公平な裁判だったのかどうかも疑ってしまいます。「そもそも金にモノを言わせて他人に変なもん飲まてせる時点でアウトじゃね」、と。

こういうことが起こっていたのは、フランスだけではありません。

昔の日本にも、やむをえない事情でまんこに毒を仕込まなければならない人々がいました。


遊女たちが女性器に毒を仕込んでいた理由とは

中世フランスの娼婦たちは、性感増進のためにスペインバエの毒を使わされていました。では日本の遊女たちがどうしていたかというと、ホオズキの毒を使っていたんです。それも、中絶のために。

その方法というのがまた、思わず股間を押さえたくなってしまうようなものでした。

“ほうずきの根を紐でくくって五本ばかり、お秘所に刺しこみ、子の出る道を開きます”
――竹内智恵子「鬼追い: 続昭和遊女考」未來社 p.140より

お秘所というのが、つまりは、まんこのことですね。ってなんか冷静っぽく書いてみましたけど、私はいま、めっちゃ内股になってます。

今すぐタイムマシンに乗って遊郭に避妊リングやコンドームを広めに行きたい気持ちですが、別にタイムマシンに乗らなくても現代でも安全な避妊・中絶にアクセスできない女性というのはたくさんいるわけなので、なんかもう、なんていうかもう、もっとちゃんとまんこを語り合おうよ! 大事なことだもん!! っていう気持ちです(引き続き内股になりながら)。

未発達な医療と社会的不平等から、まんこに毒を仕込まざるをえなかった女性たち。現代人である私たちの手には、スペインバエの毒のかわりに温感ローションがありますし、ホオズキの毒のかわりに避妊や中絶の方法がありますね。

ですが、現代でも、まんこに毒を仕込んだ女性の例はあるんです。

最後に、2013年のブラジルで起こった出来事をご紹介しましょう。


「まんこの匂いがいつもと違う」病院に行ってみたら……!?

2013年1月、ブラジルの病院でこんな出来事が起こりました。「妻の性器の匂いがおかしいんです」と、ある男性がパートナーの女性を連れて受診したところ、女性器の中から毒が見つかったのです!(3)

「女性器に毒を仕込んでから、舐めて欲しいと頼んだ。夫を殺すつもりだった」

そうして殺害計画を明らかにした彼女自身も、もし受診が遅れていたら、膣から毒を吸収して自分まで死んでしまうところだったそうです。

模倣を防ぐため、毒の種類は明らかにされていません。ただ、その毒の分量は、彼女自身とその夫との両方が死に至るのに充分な量だったといいます。

彼女が夫の殺害を決意した理由は、「離婚を切り出したのにそうさせてもらえなかったから」でした。ということはつまり、相手の男性のことを「離婚はしてくれないけどクンニはしてくれそうな男」だととらえていたわけですね。

フランス、日本、そしてブラジル。それぞれの事情でまんこに毒を仕込んできた女性たちの歴史を前に、私は、考え込んでしまうのです。彼女たちはそれぞれ、まんこに毒を仕込んだのか、それとも、仕込まされたんだろうか……と。そして、医療が発達した現代において、なぜ彼女はまんこに毒を仕込まなければならなかったのか、と。

(1)Iwan Bloch, “Marquis de Sade: His Life and Works”, The Minerva Group, Inc, p.162-167
(2) Ronald Hayman, “Marquis de Sade: The Genius of Passion”, Tauris Parke Paperbacks, p.64
(3)Huffington Post UKInternational Business Timesほか


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

messy

記事提供

■牧村朝子/ 1987年生まれ。タレント、文筆家。2013年にフランス人女性と同性婚、現在フランス在住。セクシャリティをテーマに、各種メディアで執筆・出演を行う。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに”レズビアンって何?”って言われること」。
URL:messy

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

ページTOPに戻る