金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

2. 「セックスしない女に価値はない」という男の本音を、セックス好き女子が考察してみた

−−かわいすぎるトップAV女優・紗倉まなが、その熱しやすく冷めやすい「金属系女子」ならではの感性で、「愛について」考察していきます!

 先週ちょっと話題になった、NAVERまとめの『女には絶対に言えない男の本音』。【男が付き合うのはセックスのため】と断言し、分析・検証している文章です。とりあえず私も一読してみました。それでも一読だけでは足りないくらい内容が濃かったので、その後……二読、三読ほどするという……(その度に、女性が読んだら何かしらのショックを受けるような辛辣な言葉の羅列&内容に私もタジタジ)。

 仮説からの結論という書き方がまるでレポートを読んでいる気分でして、この作者さん(otokonohonneさん)は理系なのかなあとか考えてしまった箇所もあったのですが(違いますかね?)、巧みな言葉でどんどん洗脳されているようなこの感覚。NAVERまとめ、恐るべし……。

 読んでみての感想はといいますと、これはなんていうんでしょう。

 まず『世の男性の本音』としての振り切り方がすごい。振り子の玉も飛んで行っちゃったんじゃないかと思う位の衝撃力と言いますか……。

 『男が女と付き合う基準はセックスでしかない』とも捉えられる(というかそう言い切っちゃってますけどね)そんな極論に、私はただでさえ薄い眉をしかめ。さらには、『お互いの思いやりの心なんて皆無』と断言されたかのような内容に、人間が喜怒哀楽の感情をもって生まれた意味は一体何なのだろうと考えてみたりしました(なんだか切ない……)。

 もちろん、生き物として、男性が女性にSEXを求めることはもう当然のことですよね。むしろ性欲の無い男性は『オス』としての魅力は乏しいと、評価されてしまうんじゃないでしょうか……。

 ただそれでも一概に、『全ての男性が、セックスのためだけに女性と触れ合っている』とは言い切れないんじゃないかと。そんな自論もここで提示したくなったりして、読んでいて物凄く悶々としてしまったわけであります。このもどかしさ……女性のみなさまは感じましたよね。

 というわけで、今回はこのテーマについて、どんどん掘り下げていきますよ!


処女膜のありなし議論

 消沈した気持ちで(絶望に満ちた目で)記事をスクロールさせている中、ジョン・カビラのように『むむむ!』と唸る一文を発見。それは……

『顔もスタイルも同じスペックをもつ二人の女性がいたとして、一人が処女、一人が非処女なら、大半の男性は処女を選びます』

 だなんていう、ドッペルゲンガー比較説。作者さんはこの自論を華麗に繰り広げていましたが、なんてずるい表現。もう、身をくねくねとよじらせずにはいられません(いもむし紗倉の出現)。

 だって、これは世の女性に『顔もスタイルも全く同じスペックの男性がいたとして、一人の年収が300万、もう一人の年収が301万だったら……あなたはどちらの男性を選びますか?』と聞いているようなもの。

 そんなことを聞かれたら、『いやいや、年収だけしか違いがないのだったら、一万だけでも多い男性のほうがいいでしょ』という女性が大半であろうことは(女性でなくてもそう思うでしょうし)きっと想像できる範疇なのではないかしらと……。一万という金額の差が、処女・非処女の差と同じ感覚なのかと喝も入りそうですが(ごめんなさい)、本当にそれくらいの微々たる差の話なんじゃないのかなあと思ったんです。

 それに『非処女は中古だ』という一言も、なんだなんだ、非常に煮え切らないじゃないですか! なんで女子だけがそんなブックオフ扱いなんぞや、とひとりで叫びたくなりますよね。まさにむむむな論議。そりゃぁ処女膜があるに越したことはないかもしれませんけど……(小声)。


すべての男性は恋愛に興味がないの?

 次に、NAVERまとめの文中にありました「男性は本能的に愛や恋に興味がない」とう言葉をちょっとだけ取り上げてみてもいいでしょうか? この文の中に潜む不思議な何か、皆様お気づきですか?

 「本能的に」っていう言葉、自分でも無意識の内に使ってしまいますが、一体自分たちはどこまでを本能的だと把握しているんだ? という、そもそも論について指摘したかったのです。

 もしこれが、「だいたいの人がこう思っているんだから、きっとこれが人間の本能なんだろうな」だなんて解釈して書いているのであれば、それはなんともナンセンスなお話ではないですか。つまり、誰がどこからどこまでを“本能”と定義しているんだろうなあと、私はふと考えてしまったわけです。

 さらに言えば、文中の『自分だけの性処理相手の彼女なのにヤれないとなると、もう付き合う価値がない』という一文にも、疑問を感じれずにはいられなかったりして(念のために言いますが、この記事をディスろうだなんてことは考えておりません)。

 それなら、セックスもしないのに一緒に仲良く暮らしたり付き合ったりしているセックスレスの夫婦や恋人は何なの……? と、考える課題がひとつ増えてしまいますもんね。この記事の内容から言えば、セックスレスの人たちは人間じゃないのか? っていう極論にこそなってしまうわけですし(今、私はもしかしたら火星人かもしれないなと思った方は挙手の上、速やかにご退場をお願いいたします)。

 「セックスは全て」というテーマだけに基づいているこの記事は、どうしても現実世界と矛盾している部分がありますよね。もし本当にこの記事通り、『セックスこそが全て』で、付き合う基準も、女性を選ぶ基準もそれだけに一存してしまうのであれば……。『セックスレスの旦那さんや彼氏さんが、セックスをしないのに妻・彼女と何年も一緒にいる』という事実に、疑問符が飛び散る結論に至ってしまうという。

 まさにこれこそが「セックスは全てじゃない」、という人間の「本音」。いわゆる「愛情」なのではないかと。ちょっと女性に希望が見える展開に変わっていくわけです。

 これもあくまでも自論ですが、『セックスをしなくても傍に居たい』と思う点では、他の生き物と人間とではまた違うのかもしれないですね。本能というのは、人間というフィルターを通すことで少しずつ変化しているのかもしれないなあと、そんなことすら思えたりしました。光が少しずつ見えてきました……!


セックス好きな私の本音

 実は、記事を読みながら『男性ってみんなこんな薄情なのかしら……女の価値はセックスだけなのね』と、絶句して涙腺も緩みっぱなしになりかける反面、実はちょっと納得する部分もあったりしたのです(さっきまで挫けていた自分はもう過去の私)。

 これって……男性だけに限った話ではなく、女性にでもあり得そうな……?

 例えばセックスが大好きでたまらない(そう、まさに私のような)方や、もうセックスに貪欲で貪欲で、『セックスが自分の恋愛や愛情につながるひとつの条件項目なんだ!』と胸を張って高々に発言する方もいらっしゃいますし……(それもまさに私)。

 だから、一概に男性だけの価値観でもないような気がしてしまったのですよね。

 ここで言いたいのはつまり、三つ子の魂百までのごとく、『セックス好きの魂百まで』論。 男性だけに通ずる感覚ではなく、そもそも『愛の土台作りはセックスなんだ』という人たちの、普段は言えない本音を集約して叫んでいるようにも見えたといいますか、男性の本音というよりは『セックス好きな人の本音』なのではないかと。

 ご飯を食べていても『メインディッシュはこれからよへへへ』的なことを思っている私みたいな女もいますしね。記事のタイトルを『セックス好きな人たちの本音』と題して読むと、少しばかり気持ちも救われる気がしますよね。


久遠に続く男女の駆け引き

 女性は愛情に夢を見るもの。男性は愛情から夢を見るもの。夢をみる対象がちょっと違うだけで、こんなふうな論争はこれからも絶えないものなのかもしれませんね。

 それにしても、都合のいい女に成り下がりたくはないけれど、男性の夢見る欲望にも答えてあげなくては、という難しい一線に女子は悩まされ、心の駆け引きは永久に続きそうですね……むむむ。言葉が悪いですが、悩まないのはヤリチンとヤリマンだけということでしょうか。やるせないですね……(笑)。


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

■紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る