金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

3. クリぼっちorクリ充、あなたはどっち? 私の聖夜はお仕事です(涙)

−−かわいすぎるトップAV女優・紗倉まなが、その熱しやすく冷めやすい「金属系女子」ならではの感性で、「愛について」考察していきます!

 もういくつ寝ると~お正月の前にクリスマス~♪

 ついに……『年間ビッグ3イベント』にも入るあの『クリスマス』さんが、全力疾走をして私たちのところへやってきましたね……!

 カーネルさんが全身にクリスマス衣装を纏い チキンを持っているところを見ると……あの柔和で人の良さそうな顔立ちも、悪意が満ち溢れた『ダークカーネル』さんに見えてしまうのは、私だけでしょうか……?

 クリスマスの予定話が街中でも飛び交う中で、私の今年2013年のクリスマスの予定はといいますと……(誰も気にならないよ。とか言わないでくださいね)

 なんと……ふふふ。ふふふふ。

 メリ~AVマス~!

 そう、撮影でございます。まさに、じぇじぇじぇ~♪

 いやいや皆様、そんな苦笑しないでくださいね。そんな顔をされると胸が苦しくなってきてしまいます……。(あれ、目から水が出てきたぞ……これは何……?)

 月一回の撮影がまさかクリスマスにジャストタイミングで被ってくるだなんて、これはもう誰かの意図にはまってしまったようです(とはいいつつも快く了解)。スタッフさんから聞いた話ですが、クリスマスに撮影を入れると拒む女優さんは結構多いらしく……。

 まぁ確かに当然といえば当然の感覚なのかなあと、その時はふむふむと納得してしまいましたが……むむむ!? よくよく考えれば、せっかくのお仕事オファーを蹴ってしまうほどのクリスマスの威力ってすごすぎませんか!?

 聖なる夜だからでしょうか? いやいや、そこは性なる夜でいきましょうよ、女優の皆様! もうやだクリスマスなんて……。

 絶対権力クリスマス! 恐ろしマス! ですね……。

 ふとカレンダーを見ると、今年の12月24日&25日は平日ということですが。どこもかしこもカップルの甘い甘~い雰囲気が漂って、その匂いにまたむせ返ってしまうのかしら……。想像しては、今からメンタル面で負けないか非常に恐怖でございます。平日でも油断禁物ですね。心しなくては!


理想的なクリスマスとは???

 さてさて、こんな私事の余談をしてしまいましたが、そうです、今回の話題は華のクリスマス!

『誰と過ごし、そしてどんな場所に出かけ、何を見て何を食べるのか』

 せっかくの年末のロマンチックなイベントですし、楽しめるクリスマスを願ってしまいますよね。毎年毎年、前年を更新する素晴らしいクリスマスに巡り合えることを夢見て、この日を迎えるわけですが……。(今年はそんな夢は叶わずして、私のメリークリスマスは儚く散っていきましたが)

 私なりの“理想のクリスマス”も勿論あったりします。

 例えば……大好きな彼と、どこぞのイルミネーションを見て。
(それは東京ドイツ村でも、相模湖のイルミネーションでも、なんでもよかとです)

 そしてキャンドルの似合うレストランでワイングラスをぐいぐいと回し。
(どこかのドラマで見た事のある、あの大人な光景を実践してみたい)

 その後は夜景を一望できる高層ホテルに行って……。
(横浜とか東京タワーの近くとかいいですね……)

 高層ホテルの室内にはスケスケのバスルームがあったりして……
(「きゃっ、こんなHなバスルームある~」とか言って、こういうときだけ赤面になったりして……)

 そこにクリスマスっぽい入浴剤を入れて二人でゆっくりと浸かったり……。
(クリスマスの入浴剤が溶けてきて、水面にぽんと浮かび上がってきた小さいサンタクロースの人形なんかを見ながら、『うわあ! かわいいのでてきたぁ!』とか言いたい……)

  そんなふうにいちゃいちゃしながら過ごすクリスマスを夢見ていますが、細かい演出も含め、全部ただの私の願望ですね……。※それにここまで具体的に指定されると男性も気が重いですよね。

 毎年、異常な混み具合で私たちを窒息死させかける 某「夢の国」で過ごす方も多いとは思うのですが、私としては極力人ごみを避けて、こんなしっとりとした性なる、いや聖なるクリスマスを過ごしたいなと、よく思ってしまいます。皆様は今年、どんなクリスマスを予定されていますか?


クリぼっちの最大の敵

 先程、『クリスマスを誰と過ごし…』と書かせていただきましたが。ひとりでクリスマスを過ごすことを何というのか、私は今の今まで全く知りませんでした。

 そう、この【鳴り響くシングルベル!「クリぼっち」にオススメの過ごし方・4つ】という記事を読むまでは……。

 ほう。クリぼっち……ですか。(真顔)

 クリスマスを寂しく過ごすことを、今時では『寂しマス』と言うらしく、そんな言葉を誰かから初めて聞いてびっくりしたのも、記憶に新しいのですが……。

 一人ぼっちでクリスマスを過ごすことを『クリぼっち』というのですね。これは……今年の『こんな略語あり!? ベスト3!』に堂々と入るくらいの驚きです。

 クリぼっち。何度聞いてもクリぼっち。仏の顔も三クリぼっち。やはりこの言葉の響きを含め、狙っているのでしょうか? それともこれはやはり職業病なのでしょうか?

 ものすごく『クリぼっち』が卑猥な言葉に聞こえてしまって仕方ないのですが……照(赤面紗倉の登場)。

  でもこんな言葉が出来て確立しているということは! そして『クリぼっち』と、普通に会話の中で使っている人が この世にいるということは!

 これはつまり、「ひとりでクリスマスを過ごすということが正式に認められつつある」とも捉えられるのではないでしょうか……?(ポジティブすぎますかね?)

 正直、私も危うくクリぼっち未遂だったわけですし。「ラーメンをひとりで食べに行く」とか、「一人カラオケに行く」とか、そういう類と一緒の括りになりつつある……ということなんだわ、きっと。(確信)

 愛しの彼や旦那さんと過ごすのは勿論のこと、友達(※セフレというジャンルの友達も含む!)と過ごすのもあり、家族と過ごすのもあり、わんちゃんや猫ちゃんと戯れながら過ごすのもあり、そしてそして……ひとりで過ごすのもあり! いいじゃない、 THE・クリぼっち!

 そうそう、この記事を見てて「確かに!」と激しく同意する箇所があったのですが、やはり快適なクリぼっちを過ごす上で、「SNS」というのは最大の敵ですよね。楽しそうなクリスマスの様子を生中継する『クリ充』の皆さまの投稿には、情緒不安定に陥る病的な作用がありますしね……。さっきまで満喫していたクリぼっちのひと時を吹き飛ばしてしまうほどの勢いがある、「惚気のつぶやきオンパレード by Facabook」。これを見てしまったが最後、やっぱり寂しく感じずにはいられなくなってしまうような気がします。

 真のクリぼっちとは 何にも縛られずに自由であるべきだ! と、恵比寿の中心で叫んでみる紗倉でした。


やっすいクリプレを贈る男はカスなの!?

 クリスマスと言えば 、女性なら誰しもが胸を膨らませる『クリスマスプレゼント』。クリスマスの中では大事な一項目ですよね。

 皆様がどんなプレゼントをfor youしたり、そしてその後はどのような過程をもって お互いの身体を弄りあうまでに至るのか……そんなことがとても気になる お・と・し・ご・ろ。お年頃…。(礼)であったりします。

  さらにもっと気になるのは、クリスマスプレゼントにかける値段の相場なのですよね。

 私が以前過ごしたクリスマスの思い出として、当時の彼氏と二人で、静岡まで温泉旅行に行き一泊してきたことがあるのですが……。その時はお互いに、2万円程度のアクセサリーを渡し……旅費も含め大体4~5万くらいかかったなあと。

 それでもかなり素敵なクリスマスを送れたような覚えが(うろ覚えですが)あるので、結構この値段&コースでも贅沢なほうなのかな? だなんて、ひとり思っていた矢先。

 ちょっとびっくりするような記事が目に飛び込んできました。それがこちら……【女性のクリスマス贈り物への意識がひどい! 3万6千円以下のプレゼントの男はカス】

 ん? え……? カス? ……3万6千円以下で……カスですか?(お目目ぱちくり)

 思わず男性陣から「ちょまちょまちょまー!」と待ったがかかりそうなこのタイトル。※私の周りではやっている言葉なのですが、『ちょっと待っての略語=ちょま!』

 なんという衝撃、なんという強気な意見なんでしょうか。クリスマスに女帝へと化した女性たちは、ふははと笑っているわけですね。ははー、恐れ入ります!

 そのうえ、この回答をした女性たちから男性にあげるプレゼントの予算は「大体2万2千円」って……。女性は3万6千円以上の品物を男性から貰えることを期待するというのに、男性に対しては2万2千円程度のプレゼントを選ぶ結果になっているだなんて……。男性も「がびーん」という言葉しか出てこないですよね。なんという不憫さ……。

 そもそも、「彼氏がクリスマスプレゼントに高いものをくれるのは当たり前でしょ?」的な感覚を持っている女性が普通なのでしょうか? うーん、自然な流れになってきているのですかね。。。

 実際3万6千円以上のプレゼントをもらったことのない私にとっては、この値段以上の品物を求めてしまうのは、なんだか中々共感できない金銭感覚でもあります。確かにちょっとしたブランド物を購入するだけで、いとも簡単にこの金額を越してしまいそうですが……。(私は全然ブランドものに関しての欲がないものでして、底が無い値段の品物の数々を目の当たりにすると……やはり未だに驚きを隠せずにいます)

 でもやっぱり、一年の最後のイベントということもありますしね。普段は買いたくても買えないものだからこそ期待してしまうのが、女性の本心なのかもしれないですよね。

 もうひとつ思ったこと。クリスマスってきっと、大半の方が「プレゼントを渡すだけのイベント」として終わらせているわけではないような気がするんですよね。※ここが男性を少しだけ不憫に感じてしまった点でもあるのです。

 もしどこにも出掛けずに、本当にクリスマスプレゼントだけを手渡して過ごすクリスマスならば、「まあ少し羽振り良く、今年は比較的値段の良い物を……♪」というのはわかるのですが。。。3万6千円以上のプレゼントを期待する女性たちにとっては、どこかに二人で出掛けて、少しクリスマスっぽいレストランに連れて行ってもらって、食事をしてから……、という定番コースを踏んでからの「プレゼント渡し」なわけでしょう? そう考えると、男性の出費はかなり嵩んでしまって、やはりちょっと可哀想な気がしてしまったのですよね。プレゼント単体としての値段だけが全てではないんじゃないかなあと。

 お互いが楽しく気持ちのいいクリスマスを過ごすにあたって、やっぱりプレゼントの値段に関しては、少しばかりの妥協といいますか……許してあげるべき箇所かもしれませんね。値段にはならない「思い出」というプレゼントも、心には一生分の値打ちとして刻みこまれるわけでしょうし……。

 え、美化しすぎですか?(涙目)

 こればかりは、『固形物』としての思い出を優先するか、『形ではない』思い出を優先するか、人によって様々なのかもしれないですね……。私はいつかアメ車が欲しいな……(醜い願望)

 と、悶々としていたら、3万6千円以上のプレゼントを絶対的に求める女性たちを一喝するかのような、かなり対照的な記事も発見。それが【カップルの痛いクリスマスプレゼント事情が明らかに 「男性の1割が恋人に何もあげない」など】

 おお、なるほど。こういう「プレゼントをあげない」という極論のケースもあるわけですね。これはこれである意味で、潔くて良いのかもしれませんが……お互いがプレゼントを渡さないと決めているカップルさんなら納得できるものの、やはり何も贈り物がないクリスマスと言うのも、少しばかり寂しく感じていしまいます。

 うーん、でも何というのでしょう。男性って不器用さんが多いのでしょうか?

 ただ、この記事の文中にもあった『クリスマスイブまで買い物を先延ばしにする』という点については非常に同感してしまう自分がいたりして。

 ここからは私のパターンですが、12月に入りクリスマスの時期を少しずつ実感して、『今年はどんな風に過ごそうかな♪』とか、『今年はどんな贈り物をしようかな♪』と考え始めるものの……。一年の締めくくりでもあるこの時期はやっぱりお仕事も忙しいですし、もう毎日がバタバタのクタクタで、帰宅したら泥の様に寝る日々……。

 そうして過ごしていくうちに早くも12月中旬に差し掛かり、既にクリスマスプレゼントの存在を忘れてしまってる! 恋人とクリスマスデートの約束を交わした時に改めて思い出す「贈り物」。

 そして『あっ。。。やばい、買ってないしどうしよう……』と慌てて買いにお店に走るんですよね……。

 どうしても、先延ばし先延ばしにしてしまいがちといいますか、予めお互いが欲しいものを認識しあっている時と違って、何をあげたらいいのか全くわからない時はついつい後回しにしてしまいがちかもしれないです。

 そう考えてみると、男性にプレゼントを買いに行かせる動機を作るためには、やっぱり欲しいものを事前に自分から、彼にアプローチするのが最善なのかもしれないですね。

 本音としては、何が入っているのかわからない、綺麗にラッピングされた包みを目の前に、『何がでるかな♪ 何がでるかな~~♪』とか歌いながら、プレゼントの包み紙を開いていくのって、すごく夢があって素敵なんですけど……(恍惚の表情)。どうしても芽生えてしまう『欲しいものを感づいて買ってきてほしいなあ♪』という期待をぐっと堪えてみると、こういう不器用な男性も少しずつ頑張ってくれるようになるんじゃないでしょうか……。

……あぁもう、なんだかこんなことを話している内に、どれも羨ましくなってきちゃいました(笑)。プレゼントを贈り合う関係の相手がいるだけ、いいじゃないですかっ! こういう話をすると、自分もクリスマス気分に染まってなんだか楽しくなってきちゃうものですね。(せめて気持ちだけでも満喫したい。。。)

 一年のイベントの中でも「ロマンチック担当」のクリスマスさんだからこそ、夢広がり胸膨らみ……それが良くも悪くも反映されてしまいますが。皆様にとって、有意義で素敵なクリスマスになりますことを、心から願っております☆

 私も撮影、頑張るぞー!
 えい、えい、おー!
 メリ~AVマス~~~~! ho~!!


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

■紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

  • サイトへのご意見・ご要望2(121)
    忘れた頃に出てくる、レビューを掲示板に書き込みする人。 掲示板の意味がわからない人が意外と多いことに驚きます。 レビューボタンが黄色であんなに大きいのに不思議ですね。 サイトのレイアウトの問題なのでしょうか? 「掲示板に書く」ボタンのそばに「レビューの書き込みは下部へ」とか注釈がいるかもしれませんね。
  • 最低(0)
    全然気持ちよさそうじゃないし、カメラワーク悪すぎ。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る