金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

6. 性癖が合う人は本能で嗅ぎ取れる? 紗倉まな的「性欲分析」!

 皆様こんにちは。寒さもだんだんと緩和されてきて、下のお口がムズムズする暖かい季節が近づいて参りましたね。どこからか性(春)の匂いが漂ってきているのを「紗倉エロセンサー」が鋭敏に感知しては、きゅいんきゅいん♪ と発動しております。

 ぬぬぬ~~きゅいんきゅいん♪ エロセンサー感知~~!

 あぁ、性春の到来に物凄くムラムラしてきました……。春の気配を股間で感じ取れる日が来るなんて、まさか夢にも思っていませんでした。(絶望)

 そんな、毎日が発情期、紗倉まなです。

(※早速下品な話を冒頭に持ってきてしまいごめんなさい)

 今回はですね、そんな性欲が溜まりに溜まった私にもってこいの話題を見つけてしまいました。それがこちら「男性が思う、性欲の強い女性の特徴」という雑談ネタでございます。

 ……はい、大好物です、こういう話題。(照)

 「性欲が強い」という言葉。自分の胸と下のお口に手を当ててよく考えてみても、これ以上に自分に相応しい言葉はないと思ってしまうほど性に貪欲な私なのですが(白目)、皆様はご自身を性欲が強いなあと思った瞬間はありますか?

 これに関連して、よく「女性の性欲は30歳を超えるとピークに達する」という、「年齢と共に性欲も強くなる説」を聞いたりもしますが……。

 私としては、「性欲の強さ」とは元来持っている自分の「個性」のひとつであって、年齢とはあまり関係がないのではないかなあ……と感じてしまうことがあります。(とは言ってもまだまだひよっ子なので断言はできませんが……周りの方々を見ているとそんな風に思ったりします)

 人によって違う性欲の強さを、血液型で性格を分別するように(血液型別取扱書みたいなのも一時期流行りましたよね)人の特徴から判別することが出来たらなんだかとても面白いなあ……というわけで、ついついこの話題に乗っかってしまいました。

 今回は「性欲の強さとは何ぞや!?」というテーマでいろいろと語っていきたいと思います!


そもそも「性欲が強い」って何だ?

 先ほどのリンク先を辿っていると、多分思いつくままにぽんぽんと打ち込んだんだろうなあと受け取れる「性欲の強い女性の特徴」が、雑に並べられていて「いろんな視点があるんだなあ」と目で追っては面白くて笑ってしまいました。確かに、かつて出会ってきた女性のイメージによって、人それぞれの「性欲の強い女の特徴基準」も変わりますよね。

 でもですよ。それにしてもですよ。ツッコミどころ満載なんです。

 ここで挙げられている性欲の強い女性の特徴は、「鼻の穴が大きい」とか「毛が濃い」だったりして、思わず「え、これ私じゃん!? ちょっと、初っ端から当たってるんじゃないの!?」と興奮して立ち上がってしまったのですが、よくよく考えたら、男性でも「鼻がデカイ男はチンコもデカイ」なんて迷信ですよね。後半では「兄がいる」とか家族構成まで出てきちゃってるんですけど……ううっ……それはただの偏見だよ、お兄たん!(涙)

 なんて言うんでしょうか、「◯◯な女の子=性欲が強いんだ!」と結び付けてしまう男性の短絡的な部分が(おっと失礼)何だかとても可愛らしいなあと同時に思えました。(笑)

 当り前ですが、よく言う「ビッチな女の子」という特徴とはまた違う角度からの指摘なんですね。そこが意外でした。「意外と清純な子が……」という言葉も多かったですし。確かにオマタが緩いからって、性欲が強いとは限りませんよね! ふむふむ。自らの性欲に従ってたくさんセックスしているコもいれば、なんとなく流されて……とか、お誘いが絶えなくて……とか、性欲がさほど強いわけではないのに経験回数・経験人数だけむやみに増えていくパターンもあります。

 では実際、自他共に認める「性欲の強い女性」って?(悩)

 例えば……

・身体がとても疲れていたり、眠いと感じている時であっても、「あぁHしたいなり~」と思ってしまう。(これは私)
・Hで何度絶頂しても、まだまだ相手にラウンド数を求めてしまう。(あ、これも私)

 こういった体調・疲労感・睡眠欲に左右されることもなく、ただ「Hがしたい!」という欲に無意識のうちに強く執着していたり(この気持ちって一体どこから溢れてくるのでしょうかね……)、体力的にもタフな求め方をしていたりと(もはやアスリート級)、「私って性欲が強いなあ」とふと思ってしまいます。人間の三大欲求の中で「性欲」を1番に考えている私。客観視すると、他の人と比べても「性に貪欲=性欲が強いほう」なのかな。皆様はどんな時に自分の性欲の強さを感じますか?

 一般基準が設けられていないものですし、性に依存しているかどうかって、誰かと論議を交わさない限り把握するまでとても難しいですよね。そう考えると、一言で「性欲が強い」と言っても上限がない感じがしてしまうといいますか、「私なんてまだまだなんじゃないか?」とも思ってしまいます。うむむ……やはり性って深い!


性欲を三つに分けてみた

 男性にとって「性欲が強い女性」の基準がどこにあるのかはわかりませんが、私は「性欲が強い人」って三種類に分けられるような気がするんです。

 何をもっての三種類かといいますと……。

 「Hがしたい!」という最終的なゴールは同じなのですが、その「前置き」だったり、Hをする中で「相手に求めていること」で「どういう種類の性欲の強さ」なのか大分違ってくるのではないかなと思うんです。

1.「たくさんHがしたい」という単純な欲望が募った上での性欲。(まさに書いて字の如くの性欲ですよね)
2.「自分の性癖を明確に理解しており、それを満たされたときの快感を知っているからこそ、より貪欲に求める」というタイプの性欲(=挿入すればいいというわけではない)。
3.「その両方を兼ね揃えた性欲」(これぞ真の無敵艦隊)

 私もかなり性欲が強いのかな、と思う時が多々あるのですが(というか毎日思うのですが)2つ目で述べた、「自分の性癖を明確に理解しているため、求めるものが多くなってしまう」と感じる瞬間が多いので、ここに挙げてしまいました。

 どういうことかと言いますと……これは完璧に私の話になってしまうので申し訳ないのですが、例えば首を絞められたりだとか、頬を叩かれるというような乱雑に扱われる(H中の)行為にとてつもない興奮を覚えてしまうという、ちょっと異常な性癖が私の中にありまして。(アブノーマルな分野に入ってしまいそうですが、とてもとても好きです(喝))

 そしてその性癖を満たす行為を経て、ようやく性欲の高揚も落ち着くということが多くてですね……。男性のように射精するわけではないし、「イク」のとも違うのですが、ちょっと暴力的な行為を伴うセックスをすることで、満足する――挿入していなくても、です。まさに「性癖が満たされれば下のお口も落ち着く」という感じ。

 今まではただ単純に「ムラムラするからHしたいな~」だなんて、いわゆる「性欲処理」的な要素が強かったのですが、いつからかそういう「とりあえず首絞めてくれ~頼む~~」という性欲に変わってしまったわけです。

 ……気持ち悪いですか?(編註:神無月がモノマネする井上陽水風に、だそうです)

 H(=挿入)をする行為ももちろん気持ち良くて最高なのですが(最高とか言っちゃったよ……)、自分の性癖をを見つけてしまうと、ただHをするだけでは満たされなくなってしまうんですよね。

 そういう意味では、「男性が思う性欲が強い女性の特徴」に挙げられていた「メンヘラ」という要素も、私のような性癖を満たされることで満足する女性に当てはまる気がして何となく共感できます。(精神の脆さからくる性癖って、時に異常な性欲に繋がることもありますもんね)

 一概に「性欲が強い」と言っても、こうやっていろいろな求め方があって奥深いなあと、よく思ってしまう私なわけです。

 これと言って明確に判断できる外見的な「性欲が強い人の特徴」というのは私にはわからないので残念なのですが(マニュアル化されて本が出た日には、即購入して新宿の街に繰り出します)。ただ思うのが、「なんかこの人と私、同じ性の匂いを感じるな……」と察することはある!! ということ。本能で同じような性癖を持っていると嗅ぎ付けてしまっているようでとても面白く感じます。何なんでしょうね、理屈や外見では判断できない、 あのフェロモン的な要素って、拭いたくても拭いきれないものなのでしょうか……。「それぞれの種類の性欲」に通ずる人にしかわからない、「性欲の強い人」の特徴というものはあるのかもしれないですね。

 話は変わりますが、何だかこんなことを話しているとつくづく思ってしまうこと、それは……

 本当に良いですよね、Hが好きな人って。(爆)

 「毎日ズコンバコンされていないとダメなのさ~」だなんて言ったらドン引きされるのは目に見えてわかっているのですが、心の中ではそんなことを思って毎日過ごしている紗倉(20)なのであります。

 Hが好きな人のエネルギーに影響されて、身体も心も感化されて元気になるような、そんな気がしませんか? 本当になんて清々しいんでしょう。

 例えHが延長戦に入って睡眠時間に影響したとしても、もう私にとってはこれ以上ない極楽な時間であります。あ~南無~~~~。

 もう、Hがあれば何でもできる! Hは 正義の源! はぁ、誰か私に春を、性春を下さい~~Hしたい~~!!!!(涙)


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

■紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る