月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.02.23.
PCサイトからのお問い合わせ不具合に関しまして
いつもGIRL'S CHをご利用いただきありがとうございます。

現在、PCサイトからお問い合わせのメッセージをいただいても
カスタマーサポートに届かないという不具合がでております。

不具合が詳細に判明していない状態でございますが、
お問い合わせの受付完了メールが届いていないお問い合わせはカスタマーサポートに届いていない可能性が高いです。

つきまして、大変恐縮でございますが復旧までinfo@girls-ch.comに直接お問い合わせをいただきたく存じます。
また、回答メールが届いていないお問い合わせに関しましてもinfo@girls-ch.com宛てに再度お問い合わせをお願い申し上げます。

お客様にはご迷惑とご不便をお掛けしてますがよろしくお願いします。
2017.02.16.
2月21日21時~「ハニカミ実況Z」ニコ生放送のお知らせ
イケメンボイスでもおなじみのはかせさん
&GIRL'S CHスタッフ田口でお送りする、
ニコ生放送「ハニカミ実況Z(セット)」配信のお知らせです。

ハニカミ実況Z(ゼット) 第9回
2017/2/21(火) 20:57開場 21:00~22:00放送

【URL】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290693160

※ご視聴はパソコンからのみとなります。

今後は、毎月第三火曜日の定期放送となる予定です。
次回は3月21日(火)21時~放送です。

ぜひ、ご視聴ください!
2017.02.10.
大雪の影響による配送遅延ついて
弊社商品を配達している佐川急便よりお荷物の遅延の連絡が入っております。

本日(10日)から週末にかけて、西日本を中心に大雪の予報が出ており、
天候不良により高速道路や幹線道路においては交通混雑が予測されます。
この影響により、全国区において配達遅延が発生する可能性がございます。

大雪の状況により、今後も引き続き影響が出る恐れがありますので、継続情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

15. 「束縛心を緩和したい」紗倉まなのソクバッキー傾向と対策

 messyさんで連載を始めさせていただいてから一年以上経つのですが、紗倉のコラムを読んでくださっている方はお察しの通り、わたくしかなりのソクバッキー(※異常なまでの束縛女)でございます。今までリアルな場で「束縛が激しい」と告白するたびに、男女問わず八割ぐらいの方から「うわっ。面倒くさそうだなこいつ」と冷たい眼差しを送られてきたので、さりげな~く、さりげな~くコラムに本音を投下していました。しかし、近頃は「プロフィールの一項目に含めてもいいんじゃないかな」と考え直すほどに、声を大にして「わたしはソクバッキー!」と主張しております(白目)。

 とはいえわたしも今年で22歳。いつまでも同じようなことで悩んでは、束縛し続けるのもいかがなものかなと感じ……。もう少し心のキャパシティを大きくできるようにしたいなと、心の奥底では思っているわけです(喝)。

 そこで今回は、「どうして束縛してしまうの? ソクバッキーの心理!」というテーマで、束縛女子の心を分析してみようかなと思います。ぺこり。


(束縛心の)雪だるまつくーろー♪

 ソクバッキー女子がついやってしまう行動が、こちらのサイトに載っていまして、わたしも深くうなずきながら読んでしまいました。例えば、悲劇の始まりである「彼の携帯電話チェック」、彼がゲンナリしていても繰り返す「女性関連の質問(元カノ話も含む)」、無意味な比較だと分かっていても抱いてしまう「女性芸能人に対する嫉妬」などなど。

 全く束縛心を抱かない方にはドン引きされてしまうような項目ばかりかもしれませんが、“日本ソクバッキー協会”代表を自称する紗倉にとっては、「わかる~!(机バンバン)」とすべてに共感できるのです。一方で「全然わかんない」という人もいますよね。価値観はみんな違うとはいえ、 “彼に対する執着心”というのはどうしてここまで違うのでしょうか。

 ソクバッキーの束縛心というのは、雪だるま式にどんどんと膨らんでしまうんですよね。

 彼氏がAVを見て、自分以外の女性に性的興奮を抱いているのを知ってしまった時や、すれ違った女性に「綺麗だな~」と見惚れているのを見てしまった時に、「仕方ないわね」なんて言葉で片付けられないほどの嫌悪感に全身包まれてしまうんです(ソクバッキー女子の鋭い眼差し、キラリと光る)。

 そして嫌悪感とともに「気になる」という気持ちが襲ってくるんです。こうなったらもう止まらないのが束縛女子!「トイレに行く」ぐらいの気軽な感覚で彼の携帯を手に取ったり、無意識のうちに彼に質問攻めをしてしまっていたり……「気になる」ということがどんどん習慣化し、見事「束縛女」が誕生するのです(パチパチ……涙)。

 良く言えば「彼のことが好きすぎて、何でも気になってしまうんだよね」と捉えられるし、悪く言えば「自分の安心を得たいがために、彼に大変窮屈な思いをさせているんだね」とも捉えられるわけです。


束縛女子の安定剤

 「誰でも浮気の一つや二つくらいするでしょ」という意見とは対極的な、「浮気なんてとんでもない! というか、他の女性に少しでも興味を示すこと自体許しません(怒)」という思考こそが、重度のソクバッキー。ただ、この嫉妬心というのは「独占欲」からくるものだけではなくて、「私だけを女性として見てほしい」というプライドの強さが生み出すものかもしれないと思うことが多々あります。

 だからこそ、彼氏に「綺麗だね」「可愛いね」と「女性として認めているんだ」ということが納得できるような言葉をかけてもらえた時には、ピリピリした束縛心も緩和されて安心できたりするんです(……あれ? 単純すぎるかしら? 白目)。

 Facebookのタグ付けや、Twitterでの交流、LINEやカカオトークなどの連絡手段も、束縛心を煽る不安要素の一つになっている気がします。見たくなくても入ってきてしまう情報もあるし、ネットで調べれば彼の過去の一端を覗き見ることもできる時代……(南無)。「SNSの進化がここまでくると発狂し始めるソクバッキーが増えるんじゃないか!?」なんて懸念していたわたしこそが、誰よりも嫉妬心をこじらせてしまったようにも思えます(白目)。

 まずはスマホへの依存を断ち切って、気に病む時間を減らすことで、少しずつ束縛心を解消できたらいいなと。2015年、紗倉の抱負でございます(キリっ)!

 ソクバッキーの皆様! 今年は昨年よりもゆる~い束縛で、好きな人との愛を育んでいってくださいねっ☆

 それでは、あでゅ~♪


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

金属系女子・紗倉まなの「愛ってなんですか?」

■紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

ページTOPに戻る