【リバ♂♀流『解体性書』】

92. バイセクシュアルですが誰ともでもヤリたくないし、3Pしたがり男にはうんざり!

前回【私が「バイセクシュアルで良かった~!」と思うこと】という記事を書かせていただいたのですが、今回は逆に「バイセクシャルでイラっとすること」をお伝えしたいと思います。


「私、抱かれちゃったらどうしよう…」自意識過剰女


同性も好きになることを周りにオープンにしている“カミングアウト型”の私は、そんなに親しい仲でなくても女性も好きなことを口にすることもあります。そんな時、たまに現れるのが「えっ! 私のことも恋愛対象として見れるんですか……?」とか「私って女としてどう???」という謎の質問をしてくる女性。

その程度ならまだしも「私女の子とはちょっと……ゴメンね」と、いきなり返してくる人も。えっ? 今ゴメンって言った? 告白もしてないしタイプでもないんだけど、ゴメン?

同性が好きだからって女性全員イケるわけじゃないですからっ!!!!!(タイプの女性から誘われたら誘惑に負けますが)


「女同士ってどうやってSEXするの?」と聞く想像力のない男


デリカシーのない男性たちがこぞって聞いてきます。自動返信なのでしょうか。「女同士ってどうやってやるの?」って「ちんこないのに気持ち良くなれるの?」という意味。挿入だけで女性がイケる確率が低いということも知らない無知をさらしている上に、オーラルや手だけで女性を気持ち良くできない、自分の下手くそさを露呈していると思わないのでしょうか。例えこれらの経験がある方だとしても、この質問を平気な顔してぶつけてくるなんて想像力が欠けています。どちらにせよ「あなたのナニはそんなに役立っているとお思いか?」と問いたくなるのです。

また、「何かすっごいオモチャとかを使ってるんじゃなかろうか?」というファンタジーを膨らませているタイプの男性にも多い定型文です。


「俺も混ざってみたい♡」3Pしたがる男


ファンタジー男の進化系『3Pしたがり男』。私が出会ったこのタイプの方々は遊び人や自称変態が多く、普段お話をするぶんにはノリが良くて面白いのですが、3Pについては結構本気モードで話してくる傾向があります。確かに、レズビアンもののアダルトビデオが好きなノンケ男性にとって『女×女×男』の3PはDREAM COME TRUEなのかもしれません。しかし、二人でもしたことのない貴方と、どうして3Pできようか……?

「俺は手を出さないから鑑賞だけさせて欲しい……♪」とおっしゃる方もいますが、どうして私の彼女もバイセクシャルという前提なのかしら。というのも、レズビアンの女性がバイの私と付き合っていたら、そこに男性が介入することはありえないのです。

以上が私の感じる3大ストレスです。「女性も好きになる」というだけで誰でも良いと誤解され好きでもない女性にフラれたり、何度もデリカシーのない質問をされたり、誰とでも3Pするビッチだと思われたり……。どれも、ぜひやめていただきたい言動ですね。バイセクシュアルの全員が同じストレスを抱えているわけではないと思いますが、これらのことで私のように嫌悪感を抱く人もいることをご認識ください♡


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

messy

記事提供

■谷川明日香/ 芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。
URL:messy

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

  • 貞松さん(1)
    最近UPされる貞松さんの出演動画を見ていると「さだちゃん」の愛称が似合わなくなってきたような。 貫禄がついてきて「さださん」ですね。 私は今よりも以前の作品のルックスのほうがタイプです。
  • サイトへのご意見・ご要望2(124)
    >匿名様 >書く所があるから書きたい事を書いている 掲示板の括りが広いから、ここに書いてもいいんじゃないのー?と思ってるのかもしれませんね。 掲示板もレビュー欄も行くのに大した手間は違わないのに。 個人の問題なので、スタッフさんもユーザーに委ねるしか対策がなさそうですね。 こういうこと言うと 掲示板に書くのがどうして悪いの?何書いてもいいんじゃないの? という反論が来るかもしれませんが、レビュー欄のある意味がなくなりますよね。 私は無料動画なのであまり関係ありませんが(こういうこと書くと、また部外者は口出しするなとか書かれるんだろうなー、と思いつつ)、レビュー欄は動画を見る上で大事な判断になると思うので…。

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る