月間ユニークユーザー200万人突破!!のべ3,000万人が利用する女性の「見たい」「知りたい」に応えるアダルト動画サイト

お知らせ

2017.07.25.
オリジナル動画発売情報【7/26,28発売】
今週発売するオリジナル動画のタイトルです。

7/26 水曜日

・ポケットドラマシリーズ
 ……ショートサイズの過激なエッチを心のポケットに。TL音声ドラマ!

7/28 金曜日

・自撮りエッチ ~5人の男が欲望のおもむくままプライベート濃密SEX~
 ……一徹・有馬芳彦・北野翔太・上原千明・夏目哉大の5人がカメラを手にとり、女性と二人っきりの空間でHを自撮り。

・頼れる男
 ……女の子が困っている時、颯爽と現れて問題を解決していく頼れる男、上原千明が女の子のハートも鷲づかみ!!

・スターな男
 ……憧れているスターとの甘い一夜…。優しく・賢く・人懐っこい人気者を、夏目哉大が天真爛漫に熱演!

・デリカレ~カレシ、ハケンします~
 ……あなたにカレシ、ハケンします!男の子は、女の子に対してどうやって仲を深めて、告白して、SEXまで持ち込むのか?

今後ともGIRL'S CHを宜しくお願い致します。
2017.07.18.
【続報】大雨の影響による九州地方向け荷物の配送遅延について
九州地方の集中豪雨の影響により、弊社商品を配達している佐川急便より集荷・配達不能地域について続報が入っております。

九州地方の集中豪雨の影響により、集荷・配達不能地域が出ております。

≪九州:大雨による集荷・配達不能地域≫
【福岡県】
朝倉市(黒川、佐田、杷木赤谷、杷木古賀、杷木白木、杷木志波、杷木寒水、杷木林田、杷木星丸、杷木松末)・朝倉郡(東峰村)

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
2017.07.10.
【復旧】スマートフォンサイトの不具合について
日頃よりGIRL'S CHをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

スマートフォンサイトにおいて
・お気に入りの削除
・検索の並び変え
・カテゴリ検索

上記の不具合が発生しております。

ご不便をおかけして大変申し訳ありません。

現在復旧作業を行っておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。

※17/7/11 14:40追記
こちら復旧いたしました。
現在正常にご利用いただけます。

【男の性を探る旅】

2. 「俺がいないと嫁は死んじゃうから」既婚男子の性欲/伊原さん(仮名・42)

 男はオオカミなのか? という疑問を胸に、様々な年齢・環境の男性たちに「性について」のインタビューを試みます。第二回は会社経営者で既婚の伊原さん(42)。夫妻は子供を望んでおらず、関係も良好とのことですが……。


やはり世間は草食男が主流?

伊原祥太さん(仮名)
年齢:42歳。結婚生活11年
家族構成:妻(41歳)
自宅間取り:3LDK(マンション/賃貸)
職業:会社経営者

 ルックスは、ワイルド成分をマイナス50した大沢たかお風の伊原さん。特に目元が似ています。体型は細身。お酒をあまり飲まないということで、中年太りとは無縁です。

――男性の性欲を探るインタビュー企画なんですけど、大前提として男性の性欲っていうのが肥大化して語られ過ぎていると思うんです。

伊「そうなの? 今ってほとんど『男は性欲がなくなってる』系の論調じゃないの?」

――え、そういうふうに見えてます?

伊「うん。今の男って『セックスレス』『草食系』みたいな言われ方じゃない、世の中的には。『男性が弱くなってる』みたいな」

――それって伊原さんよりは年代的に下の世代じゃないですか? 20代~30代前半とか。

伊「まあ言われてみればそうだよね。でもじゃあ、40~50代やそれ以上の年配男性で『中年の肉食系が増えてる』なんてデータある?」

――実数として増えているかどうかは別なんですけど、『女性器最高』とか『死ぬまでセックス』とかは流行っていますよね、中年世代。ただ、それってあくまでもメディア側の話であって、現実社会で生活するうえでの実感としては「おじさんたちみんな、そんなに性欲強いかな? 嘘でしょ?」って思うんです。そこの溝をちょっと埋めたくて、いろいろな男性にお話を聞いて回っているんですが。

伊「中年になるとさ、そこそこ金があれば若い女の子にメシをおごってセックスするってのがやりやすくなるんじゃない? 要は立場的に優位に立ちやすいじゃない、同年代よりは」

――それってロリコンぽくないですか。

伊「それロリコンって言われちゃうとそうなんだろうけど、若い子が好きっていうよりも、単純に、彼らが気を使わずに接することができるのが若い女性なんだろうね」

――主導権を常に握って男性優位でいたい、という願望が、20代前後の若い女性相手なら叶う、と。

伊「若い子でも面倒くさいってなったら、最終的には風俗とかさAVとかさ、さらにもっと楽な方向に」

――そうですね。最近「エロ動画の見方」っていう特集も結構組まれてますよね。

伊「男はいつも単純に、『より楽な方向に行きたい』ってだけな気はするけどね」

――伊原さんはどうなんですか? ご結婚されていますよね。

伊「うん、11年前に結婚した。31歳の時。奥さんは1個下だから30歳だった」

――奥様はmessy読まれますかね?

伊「いや、読まないね」

――なぜそう思います?

伊「わりと雑誌や本を読んだり、ネット媒体も一通りチェックしてるような人なんだけど、messyに関する話題を俺にしてきたことがない。前に帰宅するなり『ろくでなし子って人が逮捕されたんだって』って話をしてきたんだけど、その人がmessyで連載してるっていうことは知らなかったんだよね。ってことは読んでないのかなって」

――会社経営をしてらしてお忙しいと思うんですが、奥様とそういう会話をする時間が1日の中であるんですか?

伊「ある。っていうか一方的に話してくる、帰ると」

――何時頃帰るんですか?

伊「日によって違うけど、21~22時とかが多いかな。家で飯食う時は奥さんがずーーーーっとしゃべってるよ、一方的に」

――「今日ね、今日ね」って?

伊「そう。あと『こういう記事があってね』、『ラジオ聞いてたらこういう話があったの』って、自分がその日に見聞きしたことを話してくる」

――がーーって話してくる。そんな奥様に対して伊原さんは?

伊「半分聞き流しつつ、たまに相槌を打つ。基本的には受け身です」

――奥様は11年間ずっとそんな感じなんですか?

伊「うん、大体。だんだんエスカレートして来てるけどね(笑)」

――エスカレートというと、よりお喋りになってきた?

伊「そんな気はする」

――奥様、他に話す人はいないんですか?

伊「いないかもね。仕事で週に何日か外に出てるけど、職場は年配のお爺ちゃんとかばっかりだから、まず職場では仕事以外の話をしないらしくて。周りに友達がいる感じでもないしね」

――話し足りないんですね。


俺がいないと奥さんは生きていけない

――伊原さん、奥様からはなんて呼ばれてるんですか?

伊「それは内緒」

――何でですか?

伊「……いろいろ。『しょーくん』とか……あと最近は『しょーたりん』が多いかな」

――りん!? そう呼ばれることは嫌ではない?

伊「別に」

――伊原さんが夕食を家で食べる頻度は週にどれくらいですか?

伊「家で食わないと彼女のストレスになるから、帰りが遅くてもなるべく家で食うようにしてるね、23時とかでも。そう考えると週に4日くらいは」

――夕食を一緒に食べないと彼女のストレスが溜まるんですね?

伊「そう、コミュニケーションが足りないとちょっとしたことでナーバスになって、こっちに当たってくるから。その処理に疲れるからさ、事前に対処したい」

――でも処理しようと思えるんですね。

伊「するする。だって嫌じゃん。プンプンしてる人間と生活してることほど疲れることってないから。完全に100%こっちが折れて機嫌取りに行くね」

――関係を放棄したくなることはないんですか。離婚とか……奥様のことを「もうこいつ嫌だな」ってならないんですか?

伊「嫌だなって思うことは正直に言えばある。本当に彼女がブチ切れる時は、もう一緒に居たくないって思うじゃん? でも大体、時間経てば元に戻るっていうのもわかるから、数時間か1日の辛抱だなって思う」

――お互い引きずらないんですね。伊原さんの方から彼女に対してブチ切れたり、「ふざけんなよ」ってなることはないんですか?

伊「なんでそんなことでキレるの? ってムカツキは時々あるけど、まあ付き合いも長いし彼女はそういう人間だってこっちはわかってるから、しばらく我慢しよう思える」

――では今のところ離婚なんかは全然考えてなくて、夫婦関係は円満、と言える状態なんですね。夫婦共に休日は土日ですか?

伊「うん」

――休日は一緒に過ごします?

伊「仕事で出る用事がない時はほとんど一緒にいるね」

――何するんですか?

伊「買い物とかちょっとした日帰り旅行とかが多いね。土日どっちも休みだったら絶対1日は出かける。車で日帰りで」

――そういうのを「家族サービス」と捉える男性もいますが、伊原さんにとっては苦じゃないんですか?

伊「別に苦じゃない。一緒にいること自体は苦じゃないよ、彼女が機嫌よければね。機嫌よければっていうか、悪くなければ。普通にしてくれてる分にはこっちも気を使わなくていいしさ」

――夫婦で一緒に出かける時に手を繋いだりしますか?

伊「繋ぐ時もある。ずっとってわけじゃないけど。普通っていうか平均並みじゃない?」

――普通の40代夫婦って、手繋ぐんですかね?

伊「繋ぐでしょ? ……まあ確かに14年くらい付き合ってるわりには、明らかにラブラブだねとは人からよく言われる」

――ですよね。お話を聞いてるとそういう感じはします。

伊「夫婦共通の知人も多いけど、仕事とかで妻不在の時に彼女の知り合いに会ったりすると『こないだの話、すごかったですよ』『先日も彼女、旦那の話ばっかしてましたよ』って言われる。苦笑いするしかない(笑)」

――奥様は伊原さんのことが本当に「大好き大好き!」って感じなんでしょうね。

伊「ノロケじゃなくて客観的に見てそうだと思う、みんなそう言うし。俺への依存度がすごい」

――それも嫌じゃないんですか?

伊「うーん、もう子供みたいな感じだよ。だって彼女は俺が面倒見なかったら本当に生きていけないんじゃないかって思うから。社会性がないとかそういう意味じゃなくて、それくらい彼女の気持ちのほとんどが俺に向かってる。彼女は両親とも死別してるし親戚づきあいもあまりないから、彼女が頼れる人間、一緒に生きる人間は俺しかいないから。優しくしてあげないとと思うよね。彼女はそういう生き方しかできないんだと思うし」

――そういう生き方しかできない、と。男性に依存するということですか? 男性なら誰でもいいわけじゃないんでしょうけど、もちろん。

伊「そうだね」


セックス以外のコミュニケーションの充実

――家庭での家事分担についても聞いていいですか? おそらくですけど、ほぼ奥様?

伊「そうだね。俺も言われればやるけど、そんなに多くない。ただ力仕事とか汚いことは、やる。奥さんは虫とかめっちゃ苦手だから、虫が出てきそうな何か、排水溝の掃除とかゴミ関係とか。そういうのはやらされるね」

――ゴミ捨てやるんですか?

伊「ゴミ捨てはやるね」

――ご自宅の間取りも伺っていいですか?

伊「間取りは厳密に言えば3LDKなんだけど、LDKをひとつに繋げちゃってるから、機能的には2LDKだよね。リビングと、寝る部屋と、洋服とか置いてある納戸的な部屋」

――なるほど。寝室では二人でひとつのベッドに寝ます?

伊「そうなるね」

――セックスはしますか?

伊「いや、基本しないね。っていうのは、今はもう子供を作ろうと考えていなくて。少し前までは子作りを考えて病院にも行って、医師の指導するタイミングの日に『子作りしてください』って言われて、義務として月イチでしてた」

――義務感でできます?

伊「それはヤれる」

――それだとセックスそのものを楽しむというより、前戯して挿入してすぐ射精して終わる感じですか?

伊「うん、10分も挿入してない、早く終わらせてた」

――何で10分以内?

伊「疲れるから(笑)。あんなの意識じゃん。早く終わらそうと思えば終わらせられるし。子作り目的なら射精することに意味があるから、長さとか関係ないじゃん。10分なんて疲れてとても無理。でも『この体位は着床しやすい』とかあるから、いろんな体位は試してたよ。重力のこととか考えて『これだと出てきちゃうのかな』とか。でも自然としていてできなかったしお互い40代になったことを節目に、『2人きりの生活でいいよね』となって、子作り自体はもうしないことでお互い納得した」

――子作り目的じゃなくてもセックスはすればいいんじゃないんですか?

伊「どっちも性欲があんまりないんだよね。妊娠のために直接性交渉してただけだから、こうなるとほとんどないよね。ないっていうか実質、タイミング指導でヤって以降はしてないよ」

――どれくらいですか?

伊「この1年に、1回くらいはあったかもしれない」

――どんなタイミングでしたか?

伊「医師の指導じゃなかったんだけども、タイミング的にいいんじゃないかみたいな時があったんで、『今日頑張ってみますか!』みたいな」

――そういう話をしてヤるんですか?『頑張ってみますか!』『おう!』って?

伊「うん。そんな感じになってくるよ、だんだん」

――なるほど。それ以外のスキンシップってどんな感じですか?

伊「一緒に風呂入るとか」

――え! それはあるんですね。

伊「うん。あと寝る時は一緒だよね。だからほぼほぼ一緒にいるんじゃない? リビングにいる時はソファに並んで座ってるわけだし」

――たとえば膝枕とか。

伊「それも時々はあるよ、彼女が俺の膝に頭をのせてくる」

――キスはするんですか?

伊「向こうはチュッチュチュッチュしてくる時はあるけど、自然とすることはないよ」

――結婚して数年間は、セックスの頻度ももっと多かったんですか?

伊「どうだろう。数カ月に1回とかだったかな」

――それはどういうタイミングだったんですか?

伊「それは理由はないよ。単純にムラムラした時だよね」

――伊原さんが?

伊「こっちが。向こうからはそんなにないからな」

――彼女から積極的にセックスに導かれることはない?

伊「10年間のうちに1~2回はあったかもしれない」

――奥様はあまりセックスという行為を好んではいない?

伊「そうだね、嫌がることもないけど、そんな積極的には。あんまそっちで充実感を得るってことがないんじゃないかな。別にセックスしなければ欲求不満ってわけじゃなくて、それよりも一緒にいるとか一緒に飯食うとか一緒に出かけるみたいなほうが、彼女にとっては重要なんだと思う」

――お付き合いされてる当初もそうでした?

伊「そうだね。最初から週に何回もするみたいな時期はなかったね」

――付き合い始めのラブラブな時って会う度にしたりしません?

伊「いや、ないね」

――ないんですか。

伊「3年くらい付き合って結婚したけど、付き合いはじめてからすぐに彼女がうちに転がりこんできたから、その段階からもう家族みたいな感じだった」

――何でそれをすぐに受け入れられたんですか?

伊「家来た時? あんまり俺の性格的に気にしないというか、来る者は拒まず系だから。それが気を使うような相手だったら退いちゃうけど、比較的気を使わずにいられたんで」

――その頃は伊原さん、27歳ですよね。それ以前の恋愛遍歴ってどんな感じだったんですか?

伊「同棲するほど付き合った子はいないな。1番長くて2年くらいだね。その子とは18~20歳くらいまでにがっつり付き合った子で、それ以降はまともにお付き合いしましたって子はいないかな。何回か会ってもうやめるみたいな。基本的には女性と合わないタイプで、結婚しないと思ってたしね。女性といても疲れるし気を使いすぎちゃうから楽しくないというか、義務感も生まれて。だから長続きしないし、そもそもあんまり性欲ないから」

――昔から性欲ない? 中高生の時って、射精に対する欲求が凄まじい時期が来るんじゃないんですか?

伊「あった。でも今考えれば、それも他の人に比べれば弱かったと思うよ。みんなは必死にAVかき集めたりさ、エロ本どこで手に入れるかとかそういう話ばっかりしてたけど、俺は余ったのを借りたりとかぐらいの感じだったからね。そこまで血眼にって感じじゃなかったね」

――自慰行為を1日3~4回するとかもなく?

伊「それすごいね。したくてもできなかった、そんなに。全盛期でも週2回とかだったよ、多分。調子いい時は週3~4回してた時もあったかもしれないけど。ヤルことなくて超ムラムラしてる時は(笑)」

――女性と付き合ったらヤれる、ヤリたいから付き合いたい、とかそういうのもないってことですね。

伊「そう。若い人はそういうのあるじゃん、周りはそんな奴いっぱいいたからさ。単純に会ってエッチしてっていうその繰り返しを楽しんでるような人たち。じゃその先考えてるかって言ったら考えてないからどっかで別れるみたいな。俺はあんまりそういうことに対する欲求がないから。最初からもう一緒に生活していて、自分にとってメリットがあるかとか、気を使わないとかいう人が現れない限り、付き合う感じにはならなかった」

――かといって別に、ひとりが1番いいっていうわけでも?

伊「でも基本ひとりがいい」

――では伊原さんにとっては、奥様といるこの婚姻期間は負担になってないんですか?

伊「負担でないことはない。ひとりでいたら絶対にストレスにならないわけじゃん、俺はひとりに対する耐性は結構あるから、ひとりが寂しいとかひとりがストレスっていうのは多分ならないと思うんだよね」

――でも?

伊「でも彼女といると負担以上に面白いこともあり。本当にペットとか子供みたいだから、『あ、人ってこういう反応するんだ』っていう(笑)。見てて面白い。初めて犬とか猫を飼った時も『あ、意外と面白いな』みたいな感じはあったけど、奥さんと暮らしだした時もそんな感じ」

――へえ……。

伊「なんかこう、見てて微笑ましいみたいな感じ」

――微笑ましい? 嫁が?

伊「面白いみたいな」

――他の女性だったらそうはならなかったと思いますか?

伊「他の女性とそこまで深く付き合ったことないからわからないけど、そうだね。ならなかったかもしれない。それ以上にこっちも気を使わないといけないから、そんな観察して楽しんでる余裕はなかったかもしれない」

――そうなってくると、知らない人とするとか不倫するとか性風俗を利用するっていうのは、あまり考え付かない?

伊「そんな積極的にはいかないと思うよ。時々、誘われたら行きますとかさ、あるかもしれないけどさ。今となってはリスクのほうが高いからね、もしそれがバレた時には」

――具体的にはどういったリスクですか?

伊「奥さんがどれくらいキレるかわかんない。もしかしたら本当に刺されるかもしれないっていうくらい、彼女の俺に対する思いが強いわけだから。同時に、『これだけ思ってる妻を蔑にして何なの?』と彼女は傷つくだろうし、裏切られた時の怒りは相当なモノだっていう気はする」

――怒り・絶望、からの包丁持ちだす系ですか?

伊「自傷よりは他傷にいきやすいと思う。でも自傷っぽい行動を取ろうとしたところも目の前で何回か見てるから、だんだん『なるべく怒らせるようなことはしない』ってなるよね、俺も」

――奥様の激情型のところと、気を使わない楽なところが両立してるのが意外ですよね。

伊「そうだね。それは俺じゃないと務まらないと思う。一発、彼女の逆上してるところを見せられたら普通の男は引くと思うし(笑)」

――でしょうね。



このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

ページTOPに戻る