【リバ♂♀流『解体性書』】

98. マン屁(膣ナラ)や尿意も利用できる! セックス中の「恥ずかしい失敗」対処法

セックスに集中していたのに、突然やってくるハプニングのせいで、高まっていた興奮は覚めていき、気持ち良さも半減しちゃう……なんて歯がゆい体験をしたことはありませんか? そんないつ襲ってくるかわからない“セックス中のハプニング”の対処法を、リバの目線からまとめてみました!


フェラの時に歯が当たっちゃって痛がられる

「彼のために一生懸命舐めたのに痛がられてしまう」という残念な結果は絶対に避けたいですよね。まずは、いきなり奥まで入れないことが大切です。自分の奥歯の幅と彼のサイズのバランスを考えながら、徐々に深くストロークしていきましょう。痛がられた経験がある人の中には、歯並びや口の形などが原因の場合もあります。そんな方は、奥まで含めないテクニックを使うのもオススメです。


おしっこを漏らしそうになってしまう

オーガズムを感じたことがない女性から相談されることが多いのですが、「イキそうになると、おしっこが漏れちゃうような感覚になる」とのこと。しかし、その感覚は“潮を吹く前”にも起こりやすいんです。例えそれが本当に尿意だったとしても、パートナーが興奮することもあるので、我慢せずに出してみちゃってもいいのではないでしょうか?

心配なら「イキそうになると漏らしちゃいそうで集中できない」とパートナーと相談し、タオルを敷くなどの対策をしてからエッチしてみるのもいいですね。気持ち良くなってくれるなら、相手もきっと嬉しい準備になりますよ♪


いきなり鳴ってしまう膣の音(通称・マン屁、膣ナラ)

女性の膣は、イキそうになると精液を受け入れるために膣の奥が風船のように広がります。俗に言う“バルーン現象”ですね。バルーン現象が起きている時の少し緩くなったように感じる膣は、空気が入りやすい状態になり、オナラのような恥ずかしい音が鳴ってしまうのです。これは多くの女性が経験しているのではないでしょうか?

しかし、マン屁/膣ナラを気にしてエッチを中断するのは、せっかく身体も気持ち良い状態なのに非常にもったいないです!

責め側としては、パートナーの恥ずかしがる姿とは萌えるものです。もし、どうしても恥ずかしい場合は、中断したり、無言になったりせず、存分に恥ずかしがりながら続行しましょう。「自分のペニスが小さいせいで鳴ってるのかも」とたまに勘違いする男性もいるようですが、私の場合は「こんなに感じさせられちゃったから……」と相手を立てながら責任転嫁しちゃいます。そうすることで、相手の不安も消えて自信にも繋がり、お互い良い関係性でセックスを楽しむことができるような気がします♪

二度と思い出したくないようなセックス中の恥ずかしいハプニングも、見方を変えれば興奮剤になっちゃうこともあるのです。一番ダメなのは「止めちゃうこと」と「苦手に思うこと」。誰にでも起こり得ることなので、いかにポジティブ変換して、ハプニングを利用するかがポイントです☆

というわけで、2017年も素敵なセックスライフを送りましょう♡(笑)


このコラムへのレビュー

コラムに対するご感想をぜひお寄せください。

プロフィール

messy

記事提供

■谷川明日香/ 芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。
URL:messy

オススメコラムリスト

messyコラムリスト

掲示板

  • イク手前⁇(1)
    この前エッチしていたら、今までにない感覚におそわれました。 今までもとっても気持ち良くて涙が出ることもあったし身体がおかしくなりそうにもなっていたのですが、この前は、鼻水出るほど涙が勝手に溢れてきてとまらなくて、頭もぼーっとして、本当に変!と思いました。 気持ち良いけどやめてほしい!みたいな、、。これってイク前に感じるものなのでしょうか?人によって違うとは思いますが同じように感じた方いませんか?
  • イベント告知(3)
    シルクのみたいに敷居が高くないといいな ブラブラしてたら 有馬さんがいたみたいな そんなイベント希望します

お支払い方法

クレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
その他の支払方法
ページTOPに戻る